ゆるふわ農家の文字化けスキル ~異世界でカタログ通販やってます~

ゆるふわ農家の文字化けスキル ~異世界でカタログ通販やってます~

白石新の小説『ゆるふわ農家の文字化けスキル』のコミカライズ作品。異世界の危機を救うために多くの人間と共に召喚された平山達也が、所持スキルが戦闘向きでなかったためにほかのメンバーに山の中で一人置き去りにされてしまう。生き残るためにスキルを駆使していくうちに集まってくる女性との共同生活を描いたハーレムコメディ。「マンガUP!」で2019年10月から配信の作品。

正式名称
ゆるふわ農家の文字化けスキル ~異世界でカタログ通販やってます~
ふりがな
ゆるふわのうかのもじばけすきる いせかいでかたろぐつうはんやってます
原作者
白石 新
作画
ジャンル
ファンタジー
 
ハーレム
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

休日に山登りに行った平山達也は、突然足元に浮かんだ魔法陣に吸い込まれ、気づくとアイリス王国の国王の前に立っていた。国王から話を聞いた達也は自分が異世界に召喚された事情を理解し、国王にうながされるままに自分が持つスキルを確認する。達也以外にも同じように召喚された人間は多く、それぞれが戦闘に有用なスキルを持っている中、達也は「農作物栽培」「農具取扱」という戦闘に役立たなさそうなスキルと、文字化けして確認できない複数のスキルを持っていた。その後、国王の指示で召喚された全員で訓練を受けるために帝都に向かっていたが、全員から役立たずと思われた達也は、途中の大森林で寝ているあいだに置き去りにされてしまう。その後、達也は周辺を探索して朽ちかけた小屋と荒れた畑を見つけ、ここで食料が栽培できないかと考え始める。すると突然文字化けしていたスキル「種創造」が発動し、もやしの種やニンジンの種を大量に手に入れるのだった。スキル「農作物栽培」の効果により、もやしやニンジンは通常より遥かに速いスピードで成長。その野菜を食べていた達也の前に、物陰から一人の小兎人族が姿を現す。

関連作品

小説

本作『ゆるふわ農家の文字化けスキル ~異世界でカタログ通販やってます~』は、白石新の小説『ゆるふわ農家の文字化けスキル』が原作となっている。原作小説版は、白石新が「小説家になろう」に投稿していた同名小説で、SBクリエイティブから刊行された。イラストはももいろねが担当している。

登場人物・キャラクター

平山 達也 (ひらやま たつや)

異世界に召喚された男性。年齢は29歳。小兎人族からは「大きい人」と呼ばれている。多くの人間と同時に勇者として召喚されるものの、所持スキルが「農作物栽培」「農具取扱」という戦闘に役立たなさそうなものと、複数の文字化けして確認できないものだったため周囲からは役立たずと思われ、帝都への移動中に大森林で一人置き去りにされた。だが、山登りが趣味なため右も左もわからない場所での対処法を知っており、冷静に対応した。役立たずだと思われたスキルはどれもチート級の性能で、「農作物栽培」は通常より遥かに早く作物が成長し、「農具取扱」はさびたクワであっても畑を簡単に耕すことが可能なほか、農具で魔物を攻撃すれば一撃で爆発させられる。また文字化けしているスキルも、条件が整えば効果を発揮し、異世界からでもスマホでインターネット検索できるうえに、スマホの充電をつねに最大で電波状況を良好にできる「ネット検索」、必要な種を出現させる「種創造」、精力が一気に高まる「夜の帝王」、物を無制限に異次元に出し入れ可能なうえに1トンまでなら時間を停止させた状態で保管もできる「アイテムボックス」などがある。一般的にスキルレベルは5が最大といわれているが、すべてレベル10に達している。

ソーニャ

小兎人族の女王と務める女性。年齢は22歳。自由奔放な性格をしている。狩りや収集などの仕事はいっさいせずに、ふだんは自由気ままに過ごしている。配下の小兎人族から「非常に美味なニンジンの生産地を見つけ、住人とも友好関係を築ける」と聞いて、平山達也が住む小屋まで一族ごと引っ越してきた。達也が了承したため、いっしょに暮らすようになる。

豊穣 (ほうじょう)

農作物栽培の神。平山達也のスキル「異次元物流」が発動した際に達也の前に出現した。見た目は神棚と賽銭箱だが、達也とだけ意志の疎通ができる。賽銭箱に異次元の通貨を入れることで日本円に換金し、金額内ならカタログに載っている物を取り寄せてくれる。ふつうなら金貨1枚で1万円くらいの価値なのだが、豊穣の換金率は金貨1枚で1円。ボッタクリ価格だが、ほかに手段がないため達也は仕方がなく利用している。

アリサ

冒険者をしている狐族の女性。死亡した冒険者の遺品や装備品を持ち帰り、遺族に引き渡して手数料をいただく剝ぎ取り屋もしている。偶然、大森林の中で生活している平山達也と知り合い、達也が持っていたデビルボアやデスホークの皮、角、爪などを代理で冒険ギルドに売りに行く。しかし、達也が相場を知らないのをいいことに、多額の中抜きをしている。

マリア

魔界を追放されたサキュバス。サキュバス族の公爵家の出身。ほとんど裸に近い見た目で、大人の雰囲気を漂わせた妖艶な女性。追放された際に力を奪われ、空腹が限界の時に平山達也の小屋から漂うニンニクの匂いにつられて小屋を訪ねる。達也が作ったガーリックステーキを食べて魔力を回復し、さらなる回復のために達也の精気を狙う。魔力が回復したあとも小屋に居座り、そのまま達也といっしょに暮らすようになる。

集団・組織

小兎人族 (こうさぎじんぞく)

平山達也が大森林で出会ったウサギの一族。女王のソーニャは人間と同じ大きさだが、ほかの小兎人族は全員人間の手のひらサイズ。そのため「手乗りウサギ」とも呼ばれている。小さいながらも優秀な狩猟民族で、冒険者でも倒すのに苦労する魔物を大多数で連携し、あっという間に討伐するほどの戦闘能力を誇る。肉食なうえに非常に食欲旺盛で、体長以上の量の肉をペロリと平らげることから「虐殺の食いしん坊」という異名がある。ニンジンは嗜好品かつ一族の宝物。成人になると一人で旅立ってニンジンを故郷に持ち帰るという儀式があり、これをこなすことでようやく一人前と認められる。

クレジット

原作

白石 新

キャラクター原案

ももいろね

SHARE
EC
Amazon
logo