よふかしのうた

不登校の中学2年生、夜守コウが主人公。眠れない日々が続くコウは、ある夜こっそりと一人で外出し、吸血鬼の美少女である七草ナズナと出会う。コウは吸血鬼になりたいと頼むが、それには吸血鬼に恋をする必要があった。恋を知らない不眠症の少年と、自由奔放だが純情な一面を持つ吸血鬼の姿を描いたラブストーリー。小学館「週刊少年サンデー」2019年第39号より連載を開始。タイトルはヒップホップ・ユニット、Creepy Nutsの楽曲「よふかしのうた」が元になっておりコミックス第1巻発売時にコラボPVが公開された。2022年7月テレビアニメ化。

正式名称
よふかしのうた
ふりがな
よふかしのうた
作者
ジャンル
恋愛
レーベル
少年サンデーコミックス(小学館)
巻数
既刊4巻
関連商品
Amazon 楽天 小学館eコミックストア

あらすじ

中学2年生の夜守コウは、あることがきっかけで、突然何もかもが嫌になり、学校へ行くのを止めた。以来、体力を使わなくなったコウは、不眠症に悩むことになった。ある日、コウは初めて誰にも言わずに、夜一人で外に出た。人々が寝静まった中を、気分よくうろついていたコウは、頭からフードを被った黒ずくめの少女に出会う。「眠れない人間の相談に乗って、悩みを解決してやりたい」。少女はそう言って、コウを自分の部屋へと案内する。こうして雑居ビルの一室に、コウは連れてこられた。ガランとした部屋には、せんべい布団と枕が2つのみ。少女はコウを布団に寝かし、添い寝する。ちょっと変だけどいい人かもしれない、そう感じたコウは寝たふりをして、少ししたら家へ帰ろうと決めた。すると、コウが寝たと思った少女はニヤリと笑い、コウの喉元に嚙み付いて血を吸った。コウの血がめちゃくちゃおいしいことに驚く少女と、寝たふりをしていたが、びっくりしてむくりと起き上がるコウ。少女の名は七草ナズナといい、その正体は吸血鬼だった。自分も吸血鬼になるのかという、コウの質問をナズナは否定し、人間が吸血鬼になるには、恋しなければならないという。吸血鬼に惚れた人間が、その吸血鬼に血を吸われると、眷属になるというのだ。夜の世界がすっかり気に入ったコウは、ナズナに「自分を吸血鬼にしてくれ」と頼む。ナズナは眷属を作らない主義だったが、「自分に恋をさせてほしい」と食い下がるコウに、「好きになりたければ、好きにしろ」と言い放つ。「吸血鬼らしく、格別に美味いコウの血を吸わせてもらうだけだ」と。こうして、コウはナズナに恋するために、毎日夜ふかしをするようになった。

メディア化

テレビアニメ

2022年7月よりフジテレビ「ノイタミナ」枠にて放送予定

CAST 夜守コウ:佐藤元 七草ナズナ:雨宮天

主題歌 Creepy Nuts「よふかしのうた」 

関連情報

2021年11月11日 アニメ化決定に合わせテイザーPV公開

2021年11月18日 

TSUTAYAにて9巻発売記念キャンペーン

9巻購入者に描き下ろしのイラストカード配布 

登場人物・キャラクター

夜守 コウ

14歳の少年で、中学2年生。女性が苦手で、告白してきた女子をふったことを彼女の友達に責められ、何もかもが嫌になり、学校へ行くのをやめる。以来、不眠症に悩み、ある日初めて夜に外出した際、吸血鬼の少女の七草ナズナに出会う。好きになった吸血鬼に血を吸われると、吸血鬼になれると知った夜守コウは、毎夜ナズナと会い、彼女に恋をして吸血鬼になろうとがんばる。

七草 ナズナ (ななくさ なずな)

自由奔放に夜の世界を生きる吸血鬼の少女。フード付きの黒マントを羽織っているが、その下はショート丈のへそ出しトップスにショートパンツ。ビールが好きで、下ネタを得意とするが、恋バナには照れるという不思議な性格。夜守コウの血が、めちゃくちゃおいしいことに感動する。

書誌情報

よふかしのうた 既刊4巻 小学館〈少年サンデーコミックス〉 連載中

第1巻

(2019年11月18日発行、 978-4091294920)

第3巻

(2020年4月16日発行、 978-4098500642)

第4巻

(2020年8月18日発行、 978-4098501632)

第5巻

(2020年10月16日発行、 978-4098502684)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo