わさび

わさび

現代日本では逆に浮いてしまうような、封建的ともいえる家風を持つ帯刀一家の日常生活を描く。

概要

日本の古き伝統を守る封建的な家庭である帯刀家を舞台に、一家のこだわりすぎた日常を描く。大学教授である隆太郎の息子隆之介は平均的な家庭とは違うことを感じつつも健やかに育っていく。

登場人物・キャラクター

主人公

64歳。帯刀家の家長。大学教授で、定年後は非常勤となる。妻の絹子は恩師の孫で、彼女が3歳の頃からのつきあい。家では和服だが、大学へはスーツで通う。 関連ページ:帯刀 隆太郎

主人公

6歳。帯刀家の長男。作中で幼稚園生から小学生へと成長していく。父隆太郎の期待を裏切らないよう気をつかうことができる。父に似て勉強好き。 関連ページ:帯刀 隆之介

『わさび』の主人公隆太郎の妻。30歳。帯刀家の嫁らしく、和服でいることが多い。夫の隆太郎をよく理解しており、彼を喜ばせるためなら鶏をその手で締めることも厭わない。 関連ページ:帯刀 絹子

帯刀家の住み込みのお手伝い。短大卒で21歳。当初は帯刀家の家風に戸惑ったが、わりと早くに馴染んでしまった。休日は部屋でゴロゴロしている。わりとかわいいと自覚している。 関連ページ:小原 ふみ

帯刀隆太郎の母。ふだんは別居しているが、喜ばれないタイミングで来訪する事が多い。嫁の絹子が秋ナスを食すのを確認することを怠らない。 関連ページ:帯刀 八重

帯刀隆太郎の6歳年上の幼なじみで、帯刀家に遊びにくることがある。 関連ページ:村田 源治

帯刀隆之介の小学校のクラスメイト。眼鏡をしたそばかすだらけの女の子で、隆之介にとって眉間のイボが気にかかる存在。2年生の夏に仙台へ引っ越していった。 関連ページ:かまさき ゆみこ

隆之介が3年生のときのクラスメイト。クラス委員の隆之介をボーイフレンドにしようと、交換日記や誕生日会への招待で接近を図っていた。しかし、ほどなく距離を置き始めた。理由は不明。 関連ページ:中山平 ユカ

集団・組織

帯刀家

『わさび』の主要人物が暮らす、日本の古き良き伝統を重んじる家庭。帯刀夫妻とその息子に住み込みの手伝いがいる。テレビやエアコンがない。ただ、家風は常識からズレていることもある。一族は男女とも顔がよく似て... 関連ページ:帯刀家

SHARE
EC
Amazon
logo