アクセル・ワールド

人間が生活の大部分を仮想ネットワーク内で行えるようになった21世紀半ばの社会で、極秘裏に広まる対戦ゲーム「ブレイン・バースト」をめぐって少年少女がゲームの内外を行き来しながら様々な戦いを体験していく。川原礫による同名のライトノベルを原作としており、同原作者の代表作『ソードアート・オンライン』とは一部共通する世界設定を持つが、同一世界かどうかは不詳となっている。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
アクセル・ワールド
漫画
原作
キャラクターデザイン
ジャンル
SF一般

総合スレッド

アクセル・ワールド(漫画)の総合スレッド
2017.01.05 16:28

新着関連スレッド

心意システム(アクセル・ワールド)の総合スレッド
マンガペディア公式 2017.01.05 16:28
親子(アクセル・ワールド)の総合スレッド
マンガペディア公式 2017.01.05 16:28

新着関連スレッドもっとみる

概要

いじめの対象になっていた中学生・有田春雪は、謎めいた生徒会副会長・黒雪姫から思考が千倍に加速される対戦ゲーム「ブレイン・バースト」の世界に誘われる。デュエルアバター・「シルバークロウ」となった春雪は黒雪姫の指導を受けながらバーストリンカーとしての実力をつけ、幼なじみの黛拓武倉嶋千百合も仲間に加えながら、様々な戦いをくぐり抜けて絆を深めていく。

登場人物・キャラクター

主人公
梅郷中学校に通う男子中学生。背が低く太り気味で、クラスメイトの荒谷達からいじめを受けていた。現実から逃避するかのように校内のネットワークでゲームに没頭するうち、黒雪姫からブレイン・バーストに誘われる。...
梅郷中学校の生徒会副会長を務める女子中学生で、有田春雪の一学年上。春雪の素質を見出し、ブレイン・バーストに誘った。校内では「黒雪姫」という通称で呼ばれており、本名は隠している(旧友のフーコからは「サッ...
梅郷中学校に通う女子中学生で、有田春雪の幼なじみ。同じく春雪の幼なじみである黛拓武とは恋人としてつき合っているが、三人での友情を保ちたいという気持ちが強く、拓武が別の中学に進学したこともあり、普段は春...
有田春雪、倉嶋千百合とは幼なじみの、男子中学生。幼い頃からの英才教育で学業、スポーツとも優秀であり、春雪と千百合が通う梅郷中学校とは別の中学に通っているが、千百合とは恋人として交際していた。しかし、千...
有田春雪(シルバー・クロウ)のハトコを名乗って有田家に現れた、小学5年生の少女。正体はブレイン・バーストで純色の六王の一角を占める「赤の王」であり、レギオン・「プロミネンス」のマスター。春雪に近づいた...
梅郷中学校に通う男子中学生で、有田春雪のクラスメイト。春雪に対するいじめの中心人物であり、巧妙に証拠を残さない形で暴行や恐喝を続けていたが、黒雪姫の入れ知恵を受けた春雪の挑発に逆上し、暴力沙汰が発覚し...
ブレイン・バースト内で低レベルのバーストリンカーを守る「用心棒」と噂される、謎の人物。レベルアップの手順を間違えて危機的状態に陥った有田春雪(シルバー・クロウ)の依頼を受け、対面した。正体は、春雪より...
元々はブレイン・バースト内の、残忍さで知られたバーストリンカーだったが、多くの者から恨みを買い、討伐を受けて倒された。しかしその時装備していた鎧が、討伐に加わった者の一人へ強制的に所有権を移動。以後、...
有田春雪たちが進級すると同時に入学した、新一年生の男子生徒。春雪と黛拓武にバーストリンカーの可能性を疑われ、調査されるが、巧妙な罠を仕掛けて逆に春雪や倉嶋千百合の弱みを握る。ブレイン・バースト内では「...
かつて黒雪姫と共にネガ・ネビュラスで活動していたバーストリンカー。デュアルアバターは車椅子に座った少女のような姿の「スカイ・レイカー」。ブレイン・バーストを離れた現実世界でも黒雪姫と仲が良かったが、現...
『アクセル・ワールド』の時代の21年前(2026年)にバーチャルリアリティの実験機でゲーム世界に入ったところ、ブレイン・バーストの世界に出てしまう。そこで出会ったシルバー・クロウ(有田春雪)と対戦して...

集団・組織

黒雪姫(ブラック・ロータス)がマスターを務める、ブレイン・バースト内の軍団。かつてはブレイン・バースト内の一大勢力だったが、ブラック・ロータスの失踪などにより事実上消滅していた。だが黒雪姫が有田春雪(...

場所

有田春雪や黒雪姫たちが通う、私立中学校。所在地は東京都杉並区。学内にローカルネットを設けており、校内の生徒たちは常時接続が義務となっている。生徒用にバーチャルリアリティ空間が開放されており、それぞれが...

その他キーワード

7年前、一部の少年少女に配布されたアプリケーションソフト、およびソフトによるゲーム世界。一般には流通しておらず、存在さえ公にはされていない。リンクした者は現実世界を模した広大なバーチャル空間の中で、固...
ブレイン・バーストに参加したバーストリンカーが得る、ゲーム世界での身体。プログラムによってバーストリンカーの深層心理から欲望・恐怖・強迫観念が汲み取られ、基本となる姿や能力が形成される。
ネットワークと脳細胞とを、量子レベルでの無線通信によって接続する端末。人間の五感すべてをサポートしており、バーチャルリアリティなどの技術を誰でも容易に活用できる時代をもたらした。2030年代の第一世代...
アプリケーションソフト・ブレイン・バーストに参加している者の総称。ゲーム内でデュアルアバターによる戦闘を行いポイントを上下させるが、ポイントが0になると永久に参加資格を失い、さらにブレイン・バーストに...
ブレイン・バーストのゲーム世界内で、互いにデュアルアバターとして交流するバーストリンカーが、現実世界での名前や住所などの個人情報を知られてしまうこと。敵対する個人や軍団に弱みを握られることにもなりかね...
複数のデュエルアバターで形成される集団。それぞれが自分たちの占領するエリアを持ち、その維持や拡大、そして利益の確保を目的としている。特に純色の六王がマスターを務める軍団は「六大(または七大)レギオン」...
ブレイン・バーストにおける、バーストリンカーの間で生まれた俗語。ブレイン・バーストに誘った者と誘われた者の関係であり、一例としては、主人公の有田春雪は黒雪姫の「子」であり、黒雪姫が春雪の「親」というこ...
ブレイン・バーストでも一部の者しか知らないとされている、デュエルアバターの能力強化技術。バーストリンカーがイメージによってアバターの操作を補助する機能をもとに、意志を研ぎ澄ませてゲームシステムを超えた...
ブレイン・バースト中で、圧倒的な能力を持った数名のバーストリンカーの総称。かつては7人が数えられ「純色の七王」と呼ばれていた。それぞれが巨大な軍団を従え、2年前には上限であるレベル10寸前に達していた...