アバンチュリエ 新訳アルセーヌ・ルパン

アバンチュリエ 新訳アルセーヌ・ルパン

20世紀初頭のパリを舞台に、怪盗ルパンと警察・探偵との知恵比べを描いたサスペンスアクション。

正式名称
アバンチュリエ 新訳アルセーヌ・ルパン
作者
ジャンル
サスペンス一般
レーベル
イブニングKC(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

義賊アルセーヌ・ルパンをパリ警視庁のジュスタン・ガニマール主任警部や名探偵ハーロック・ショームズが追う。原作は、モーリス・ルブランの「アルーセーヌ・ルパン」シリーズ。作画、森田崇。

登場人物・キャラクター

アルセーヌ・ルパン

変装技術を身につけていて幾つもの顔を使い分けることができる。金持ちや貴族などの富裕層から盗みを行う義賊である。陽性の劇場型犯罪を好む傾向にある一方自制が及ばずやり過ぎてしまうこと、また虚栄心を隠せない「心の闇」を持つ。

ジュスタン・ガニマール

パリ警視庁のベテラン主任警部である。アルセーヌ・ルパンの計画を見抜く捜査能力を持つ。ルパンを逮捕するため世界中どこまでも追いかけるが真面目過ぎる性格が災いしてアルセーヌ・ルパンを取り逃がしてしまうことになる。

ハーロック・ショームズ

モデルはシャーロック・ホームズ。アルセーヌ・ルパンより年長。秀でた推理力と知性の持ち主でアルセーヌ・ルパンを追い詰めていく。

ビクトワール

アルセーヌ・ルパンの従者であり、彼のことを「坊ちゃん」と呼ぶ美しい女性。年齢は不詳だが、ルパンの母のことを「アンリエットお嬢様」と呼ぶことから、ルパンの母の付き人に類する仕事をしていたと推測され、ルパンよりもかなり年上と思われる。

SHARE
EC
Amazon
logo