アレット文明

ブレーメン5(漫画)に登場する、銀河系の巨大文明。読みは「あれっとぶんめい」。

  • アレット文明
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ブレーメン5(漫画)
正式名称
アレット文明
ふりがな
あれっとぶんめい

総合スレッド

アレット文明(ブレーメン5)の総合スレッド
2016.07.27 13:23

概要

アレット星系には、さまざまな星のさまざまな知的生命体2256種によって、銀河複合連盟と呼ばれる複合文明社会が築かれている。アレット星系の文明は、生命体の持つ力をもっとも重要だと考えており、銀河系全体をひとつの生命として機能させている神のような存在・ゴーデルが、絶対的な力を持っている。

未知の知的生命体を文明圏に案内するため、1光年ごとに18の恒星を置き、そこに通信機能を備えた巨大なピラミッド状の建造物を残していた。また、太陽規模の主系列星が、一辺3光年の正六角形を同一平面上に成すよう恒星の位置を替え、安定軌道を持たせるといったとてつもない科学力を有しており、辺境にある地球は文明的に遅れている場所だと認知されている。

登場作品

2155年。地球人類は、謎の集団パニック現象によって滅亡の危機に陥ってしまった。頭脳都市ゼラスで造られた実験体の少女ユズは、実験体を助けているキメラの少年タウロや、半人半獣の少年ヒュウと出会い、集団パ...