アンリ・ド・トゥールーズロートレック

さよならソルシエ(漫画)の登場人物。テオドルス・ファン・ゴッホとはライバル関係。

  • アンリ・ド・トゥールーズロートレック
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
さよならソルシエ(漫画)
正式名称
アンリ・ド・トゥールーズロートレック

総合スレッド

アンリ・ド・トゥールーズロートレック(さよならソルシエ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

同名の実在人物(画家)をモデルとしている。物語内ではコルモン画塾に属する22歳の若手画家として登場。ムーラン・ド・ラ・ギャラットの娼婦を描くなど、既存画壇にはない作風の持ち主。日の目を見ない芸術家が集うモンマルトルの酒場で、テオドルス・ファン・ゴッホと知り合う。最初はテオドルス・ファン・ゴッホを誤解して敵視していたが、彼が実は保守的な画壇に批判的な人物であると知り、認めるようになる。

テオドルス・ファン・ゴッホが主催した、若き才能を集めた展覧会アンデパンダン展にも参加する。

登場人物・キャラクター

画廊グーピル商会のモンマルトル通り19番街にある支店の支店長。パリ一の画商として知られている。画家フィンセント・ファン・ゴッホの実弟であり、天才的な画才を持つ兄を有名にするべく画策する。天才的な頭脳と...

関連キーワード

『さよならソルシエ』に登場するイベント。権威主義なパリ芸術アカデミーの審査に通らず、日の目を見ることのなかった無名の若手芸術家たちの作品を集めた展覧会。当初はリュー・ド・リヴォリ交差点にあるギャラリー...

登場作品

19世紀末パリ、天才との呼び声が高い画商テオドルス・ファン・ゴッホが画壇を席巻していた。彼は既存の権威にとらわれた保守的な画壇に反発し、人々のありのままの日常を描いた若手作家の作品を世に出すことを目指...