イエス

イエス

百億の昼と千億の夜(漫画)の登場人物。別称、ナザレのイエス。

登場作品
百億の昼と千億の夜(漫画)
正式名称
イエス
別称
ナザレのイエス
関連商品
Amazon 楽天

概要

ガリラヤに住む大工の青年だったが、大天使ミカエルから救世主になれという惑星開発委員会の命令を受け取り、人々に世界の終末と最後の審判の教えを布教した後、「神の子」としてゴルゴタの丘で磔刑にあう。その後ミカエルによって地球の管理者としての任務を与えられ、反逆者として阿修羅、シッタータオリオナエの三人を見張るよう命じられる。

粗野な性格。頭につけた茨の冠は、震動波や熱線を発する武器となる。

関連人物・キャラクター

阿修羅王

少女の姿をした鬼と呼ばれる者。荒廃が進む宇宙を見て五十六億七千万年後の弥勒による救済を疑い、梵天の治める天上界兜卒天に攻め入り、梵天配下の帝釈天との戦いを四億年続けている。自分でも把握できないほど多くの軍勢を配下に持つ。実体とは別に意識のみの分身を自在に動かす、バリヤーを張るなどの超能力を持つ。

関連キーワード

惑星開発委員会

『百億の昼と千億の夜』に登場する組織。アスタータ50に根拠地を置き、“シ”からの指令を受け、宇宙に知的生命体を生み出し、高度な文明を作るというヘリオ・セス・ベータ型の開発を施した。そして各地に関与した... 関連ページ:惑星開発委員会

登場作品

百億の昼と千億の夜

神による救済に疑問を抱き、帝釈天との戦いを続ける阿修羅王と救済を求め仏門に入ったシッタータ王子は、アトランティス崩壊の記憶を持つオリオナエと神に操られたユダに出会い、世界創世の謎に触れる。宗教と文明の... 関連ページ:百億の昼と千億の夜

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
オリオナエ
シッタータ
ユダ
梵天王
帝釈天
ポセイドン
logo