インハンド

インハンド

右腕が義手の天才寄生虫学者・紐倉哲とその相棒・高家春馬が医療にまつわる難事件を解決していくさまを描いたミステリー作品。

正式名称
インハンド
作者
ジャンル
推理・ミステリー
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

ペルセポネの痘(第1話〜第5話)

本業は寄生虫学者ながら、細菌やウィルスに関わる事件を解決してきた紐倉哲と、その助手・高家春馬。ある日、二人のもとに内閣情報調査室の官僚・牧野巴から緊急の依頼が舞い込んでくる。それは、地球上から根絶したはずの伝染病・天然痘に感染したらしきが患者が、東京都内に多発したというものであった。感染経路を探る紐倉たちは、これがアウトブレイクではなく、バイオテロである証拠をつかむのであった。

キマイラの血(第6話〜第12話)

大学の陸上部の選手が練習中に死亡する事件が発生した。その原因はドーピングだと判明したため、選手が通っていた深谷スポーツクリニックに家宅捜索が入る。深谷の顧客の中にはマラソンの金メダリスト野桐俊のコーチがいたため、野桐にもドーピング疑惑が出てしまう。紐倉と高家は牧野の依頼を受け、野桐を調査することになる。

登場人物・キャラクター

紐倉 哲 (ひもくら てつ)

寄生虫学者。右腕は精巧な義手となっている。専門は寄生虫だが、バイオセキュリティ関連の依頼ばかり来ることに辟易している。医療関係、特に細菌やウィルスについて精通している。その反面、一般的な知識が抜け落ちているところもある。性格は極めて偏屈で自己中心的。

高家 春馬 (たかいえ はるま)

紐倉哲の助手。かつては医者だった。紐倉の傍若無人な態度にあきれつつも、彼をサポートしている。

牧野 巴 (まきの ともえ)

内閣情報調査室健康危機管理部門に所属する女性。紐倉哲をアドバイザーとして信頼しており、なにかと調査を依頼している。

雪村 潤月 (ゆきむら うづき)

紐倉哲の研究所で住み込みのコックとして働く少女。父親とはうまくいっていない様子。

永井 清知 (ながい きよかず)

日本山林総合研究所主任研究員。シカによる森林被害を案じて「オルフウイルスを用いたシカ不妊ワクチン」の論文を発表した。しかし、二階練介にオルフウイルスを奪われて悪用されたうえ、自身もウイルスに感染させられてしまう。

二階 練介 (にかい れんすけ)

関東医科大学感染症内科臨床助教。永井清知からオルフウイルスを盗み出し、バイオテロを引き起こした。

野桐 俊 (のぎり しゅん)

オリンピックの男子マラソン金メダリスト。父子家庭で育った苦労人で、国民栄誉賞候補となっている。

関連

インハンド プロローグ

厚労省・患者安全委員会の阿里玲と天才科学者・紐倉哲が、日本で発生した奇病「シャーガス病」にまつわる事件に挑むさまを描いた医療ミステリー作品。『インハンド』シリーズ第一作。旧タイトルは『ネメシスの杖』。 関連ページ:インハンド プロローグ

インハンド 紐倉博士とまじめな右腕 (いんはんど ひもくらはかせとまじめなみぎうで)

天才科学者・紐倉哲が、助手の高家春馬とともに、医療にまつわる難事件に挑むさまを描いた医療ミステリー作品。『インハンド』シリーズ第二作。 関連ページ:インハンド 紐倉博士とまじめな右腕

SHARE
EC
Amazon
logo