ウボォーギン

HUNTER×HUNTER(漫画)の登場人物。別称、ウボォー。

  • ウボォーギン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
HUNTER×HUNTER(漫画)
正式名称
ウボォーギン
別称
ウボォー

総合スレッド

ウボォーギン(HUNTER×HUNTER)の総合スレッド
2016.04.05 09:49

概要

盗賊団、幻影旅団の団員ナンバー11。流星街の出身で強化系能力者。戦闘狂であり、強い相手と戦うことを好む。強靭な肉体を持ち大胆不敵な性格をしている。ノブナガ=ハザマとは旅団結成前からの深い付き合いで、旅団結成後も度々コンビを組まされることが多い。能力は、小細工なしにただオーラを拳に乗せて放つ「超破壊拳(ビッグバンインパクト)」。

小型ミサイルほどの威力を持つ。

関連キーワード

クロロ=ルシルフルを頭に置き、凄腕の実力者達が集まっている盗賊集団。ほとんどの団員が流星街出身。幻影旅団に近しい者は彼らのことを「クモ」と呼ぶ。その理由は、団員が体のどこかに蜘蛛の刺青をいれているから...

登場作品

世界観主人公の少年・ゴン=フリークスが、生まれてから一度も姿を見たことがない父親・ジン=フリークスと会うために、父と同じくプロのハンターとなり、様々な困難に立ち向かいながら仲間とともに父との再会に近づ...