エイト

犬神(漫画)の登場人物。23とはライバル関係。

  • エイト
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
犬神(漫画)
正式名称
エイト

総合スレッド

エイト(犬神)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

『犬神』のキャラクター。23ゼロに続いて新たな犬神で、自由自在の擬態能力を持つ。山中から現れたのち、N県S村の住人を全滅させ、その犠牲者の一人である鳥羽悠一(とばゆういち)という高校生に擬態した姿で陸上自衛隊に保護された。人間に対するとてつもない殺意を持っており、全身から刺や触手、ムカデに似た体節を伸ばして人間を惨殺していく。

正体は大型犬の姿をしているが、人間や植物に擬態した状態でも十分な戦闘能力を発揮できる。名前はDNAの形状が「∞」の字の形をしていることから防衛庁が便宜的に名付けたもの。

登場人物・キャラクター

23
ニホンオオカミによく似た大型犬で、左耳に数字の「23」の盛り上がりがある。名前はそこから島崎史樹が付けたもの。成犬の状態以前の記憶はなく、頭の奥から聞こえた「人間を見ろ」という声に従って山奥から人里へ...

関連キーワード

『犬神』に登場する用語。23細胞の宿主であり、山中から大型犬の姿で人里に現れる。犬神には「23」と「ゼロ」の他に「擬態タイプ」と呼ばれるエイトが登場。犬神とは常世国の使いであり、日本各地に散在する犬神...

登場作品

宮沢賢治の詩を愛する主人公、島崎史樹は秘密基地にしていた廃工場の中で、本を読んで聞かせるようにせがむ不思議な犬と出会い、心を通わせる。「23」と名付けられたその犬は、23細胞という特殊な細胞の宿主であ...