神の犬 ブランカII

遺伝子操作技術(バイオテクノロジー)によって生体改造され、戦闘訓練をうけた軍事戦闘犬ブランカには、2匹の子供がいた。タイガは軍に捕まり戦闘訓練を受け、逃げ延びたナギは人間に出会い、愛情に触れる。怒りと憎悪に満ちた黒いタイガと、ナギは引かれあって走り始めるのだった。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
神の犬 ブランカII
作者
ジャンル
SF一般
 

総合スレッド

神の犬 ブランカII(漫画)の総合スレッド
2016.07.11 19:03

新着関連スレッド

シャルーギン(神の犬 ブランカII)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:05
パトリシア(神の犬 ブランカII)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:05

新着関連スレッドもっとみる

概要

遺伝子操作技術(バイオテクノロジー)によって生体改造され、戦闘訓練をうけた軍事戦闘犬ブランカには、2匹の子供がいた。R国の軍事科学研究所は、1匹を捕まえタイガと名付ける。度重なる訓練に怒りを鎮められなくなっていくタイガ。逃げ延びたナギは人間に出会い、愛情に触れた生活を送っていたのだが、怒りと憎悪に満ちたタイガを止めようと走り始めるのだった。

登場人物・キャラクター

主人公
黒い狼。遺伝子操作技術(バイオテクノロジー)によって生体改造され、戦闘訓練をうけた軍事戦闘犬ブランカが、狼に産ませた二2匹の子どものうちの黒い狼。R国軍事科学研究所に捕えられ、モーリー・ワーレン中尉に...
主人公
遺伝子操作技術(バイオテクノロジー)によって生体改造され、戦闘訓練をうけた軍事戦闘犬ブランカが、狼に産ませた2匹の子どものうちの銀色の狼。灰色熊と戦っているところを、ワーヤキンに助けられる。ナギとは風...
狼の生態学研究の教授。「ナショナル・アニマ・グラフィック誌」にアテール(タイガ)とアルブス(ナギ)のことを記事にした。それを見たR国軍事科学研究所のモーリー・ワーレンは、ブランカの子どもだと見抜く。R...
エリック教授の助手として、狼の生態観察を手伝っていた。エリック教授の死後、ブランカの子どもを追い始める。
エリック教授の記事を見て、エリック教授の家を訪ねた。ケンタロ―とともに、ブランカの子どもたちを追う。1年前にカナダでの野生動物の調査中、ブランカに会っていた。
R国軍事科学研究所所属の中尉。特殊軍事戦闘兼訓練士として、タイガに戦闘訓練を施す。
大佐。R国独立を考え、核にも匹敵する戦闘犬開発を指示し、ブランカを生み出す。ブランカの子どもたちを執拗に狙うが、クーデーター容疑で拘束されてしまう。しかし、タイガのことを知る最後のひとりのため、一時的...
国際犬ぞりレースで3度の優勝をした鉄人マッシャ―(犬ぞり使い)。灰色熊と戦っていたナギを助ける。ナギと暮らしていたが、いずれどこかに行くだろうということはわかっていた。
オールド・クロウの狩猟案内人。1年前にブランカを追いかけたことがあるトレッカー(追跡者)。
ブランカの飼い主だったニューヨークの女の子。ブランカと精神感応力で通じ合うことが出来たため、ブランカのNDAを持つタイガ、ナギの戦う夢を幾度も見るようになる。
凶暴になったタイガに父と妻を殺される。葬儀を村の人にまかせ、タイガの後を追う。タイガの進路を計算し、コリムスクのコリマ湖畔で待ち伏せをする。