犬神

犬神

高校3年生の少年が、自ら「23」と名付けることになる不思議な犬と出会い、やがてその犬がこの世ならざる世界から来た「犬神」という存在だと知る。高い戦闘能力を持った犬神同士の凄惨な戦いに巻き込まれると共に、その背後にある超常的な謎に迫っていくバトルアクションSF。作者の代表作であり、無類の犬好きだという作者の、犬以外にもSFやホラーに対する愛好心が結実した作品。

概要

宮沢賢治の詩を愛する主人公、島崎史樹は秘密基地にしていた廃工場の中で、本を読んで聞かせるようにせがむ不思議な犬と出会い、心を通わせる。「23」と名付けられたその犬は、23細胞という特殊な細胞の宿主であり、この世ならざる異界から訪れた「犬神」という存在だった。23史樹を守るため、23細胞と融合したダルメシアンであるラッキーや、23と対になる犬神であるゼロ、人間に擬態する犬神エイトなどと激しい戦いを繰り広げる。

そして犬神を探し求める桐生という男や、彼に関わる人間たちによって、23細胞が引き起こす脅威の真相が次第に明かされていく。犬神の事件は日本中を巻き込んだ災厄へと進展していき、史樹と彼の幼馴染である原田美伽は、その現象の中心で、人類の運命を左右する決断を行う。

登場人物・キャラクター

主人公

宮沢賢治の詩を愛読し、詩を作ることを生き甲斐にする少年。城南高等学校普通科3年A組。ヘルマン・ヘッセの「詩人になりたい。さもなくば死にたい」を引用するのが口癖の、厭世的な少年であったが、「23」と名付... 関連ページ:島崎 史樹

主人公

島崎史樹の同級生の女子で、幼馴染のヒロイン。史樹に好意があってよく付きまとっていたが、そのため23という不思議な犬についての秘密を彼と共有する関係となる。さらに、史樹と同じく23を大切にいたわるように... 関連ページ:原田 美伽

主人公

ヒロインの一人で、グレイという犬(ハスキー犬)の飼い主。初めて会った島崎史樹と、お互いに「一緒にいて疲れない」と感じ、心を通じ合わせる。前髪を切り揃えた、黒髪のロングストレートが特徴。同性の原田美伽か... 関連ページ:菱美 由梨子

ニホンオオカミによく似た大型犬で、左耳に数字の「23」の盛り上がりがある。名前はそこから島崎史樹が付けたもの。成犬の状態以前の記憶はなく、頭の奥から聞こえた「人間を見ろ」という声に従って山奥から人里へ... 関連ページ:23

眉毛のない顔が特徴の男性。いつも羽織袴を着ており、邸内に研究施設も擁する大きな日本家屋で暮らしている。警視庁や防衛庁などの政府機関を陰から動かす実力者で、生業は不明だが、倉田製薬の経営コンサルタントを... 関連ページ:桐生

倉田製薬の社長秘書をしている男性。両目の視線が合わない斜視を持っており、普段は大きなサングラスでそれを隠している。社長の倉田とともに、桐生に命じられた「23」という数字について調査する。その過程で23... 関連ページ:伊達

N県警捜査一課の男性刑事で、エイトによるN県S村の惨殺事件を捜査するために登場。上司の長山警部を「長(ちょう)さん」と呼んで慕っていたが、エイトが逃亡する際に長山を殺されてしまう。その仇討ちを誓い、犬... 関連ページ:吉川

『犬神』のキャラクター。黒い体毛の犬神。額の体毛の下に「0」の数字に見える盛り上がりがあり、「ゼロ」と通称される。「人間を見ろ」という頭の奥からの指令を受けるが、島崎史樹と心を通わせた23とは対照的に... 関連ページ:ゼロ

『犬神』のキャラクター。23、ゼロに続いて新たな犬神で、自由自在の擬態能力を持つ。山中から現れたのち、N県S村の住人を全滅させ、その犠牲者の一人である鳥羽悠一(とばゆういち)という高校生に擬態した姿で... 関連ページ:エイト

『犬神』のキャラクター。実験によって23細胞と融合し、突然変異を起こして怪物化したダルメシアン犬。全身がチアノーゼを起こし、「死んだ細胞でできている」と倉田製薬生体研究所の職員は評していた。刺と触手を... 関連ページ:ラッキー

集団・組織

倉田製薬

『犬神』に登場する組織。社長は倉田(くらた)。倉田製薬生体研究所を擁し、桐生に命じられた「23」という数字の調査をきっかけに23細胞の研究を行う。23細胞の研究には大量の実験動物を必要としたため、闇ブローカーなどを通じて民間の飼い犬を連れ去っていたなど、非合法な行為も陰で行っている。

城南高等学校

主人公である島崎史樹が通う共学の高校。学生服はブレザー。成績が落ちた史樹を叱咤した際、気の抜けた返事をしたという理由で体罰を振るったような暴力教師も存在する。なお、生徒の生活圏は地図上の日本の長野県内にある。

その他キーワード

犬神

『犬神』に登場する用語。23細胞の宿主であり、山中から大型犬の姿で人里に現れる。犬神には「23」と「ゼロ」の他に「擬態タイプ」と呼ばれるエイトが登場。犬神とは常世国の使いであり、日本各地に散在する犬神... 関連ページ:犬神

23細胞

『犬神』に登場する用語。23個の未知の塩基配列パターンを持った細胞体で、通常の細胞では不可能な無限再生を行う。ただし動物を用いた融合実験では、97%が急激な突然変異によって炸裂死(バースト)し、1%が... 関連ページ:23細胞

書誌情報

犬神 全14巻 講談社〈アフタヌーンKC〉 完結

第1巻

(1997年1月発行、 978-4063141474)

第2巻

(1997年6月発行、 978-4063141535)

第3巻

(1997年11月発行、 978-4063141672)

第4巻

(1998年4月発行、 978-4063141788)

第5巻

(1998年9月発行、 978-4063141894)

第6巻

(1999年2月発行、 978-4063141993)

第7巻

(1999年7月発行、 978-4063142143)

第8巻

(1999年12月発行、 978-4063142266)

第9巻

(2000年4月発行、 978-4063142396)

第10巻

(2000年9月発行、 978-4063142501)

第11巻

(2001年2月発行、 978-4063142617)

第12巻

(2001年8月発行、 978-4063142716)

第13巻

(2002年5月発行、 978-4063142938)

第14巻

(2002年11月発行、 978-4063143089)

犬神 全7巻 講談社〈講談社漫画文庫〉 完結

第1巻

(2002年12月発行、 978-4063604399)

第2巻

(2002年12月発行、 978-4063604405)

第3巻

(2003年1月発行、 978-4063604412)

第4巻

(2003年1月発行、 978-4063604429)

第5巻

(2003年2月発行、 978-4063604436)

第6巻

(2003年2月発行、 978-4063604443)

第7巻

(2003年2月発行、 978-4063604450)

犬神 全6巻 講談社〈講談社漫画文庫〉 完結

第1巻

(2008年10月発行、 978-4063705966)

第2巻

(2008年10月発行、 978-4063705973)

第3巻

(2008年11月発行、 978-4063705997)

第4巻

(2008年12月発行、 978-4063706086)

第5巻

(2009年1月発行、 978-4063706130)

第6巻

(2009年2月発行、 978-4063706222)

SHARE
EC
Amazon
logo