オンノジ

オンノジ

人間を含め、生き物が全ていなくなってしまった都市で、少女ミヤコとフラミンゴのオンノジ(元は中学2年の少年)が、苦労しながらもそれなりに面白く生きる姿を描いた、ギャグだが妙に切ない4コマ漫画。『おかえりなさいサナギさん』1巻に、この作品の特別編4ページ分が収録されている。第18回(2014年)手塚治虫文化賞短編賞を受賞(『鬱ごはん』『バーナード嬢曰く。』を含む3作品セットでの受賞)。

正式名称
オンノジ
作者
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
レーベル
ヤングチャンピオンコミックス(秋田書店)
巻数
全1巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

ある日少女ミヤコは、自分が人間のみならず生き物が全くいなくなってしまった都市に、一人取り残されたことに気付く。何故か電気などは供給され続けているので、店から食料を持ちだしてそれなりに暮らしていた。何らかの存在の気配を感じていたミヤコだったが、ある日近くの海に行ったとき、しゃべるフラミンゴに出会う。彼は元中学2年の少年だったが、気が付くとフラミンゴになっていた。

ミヤコは彼をオンノジと名づけ、無人街でおかしくも切ない、二人だけの生活を始めるのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

小学校高学年くらいの少女。気が付くと、人間のみならず生き物が全くいない世界にいた。前髪を髪留めで上げて、おでこを出している。無人街をさまよい、様々な奇妙なモノを見る。さびしさを紛らわすためにいろいろな... 関連ページ:ミヤコ

主人公

元は中学2年の少年だったが、ある日気が付くとフラミンゴになって、生き物のいなくなった街で生きていた。海でミヤコと出会い、以後、オンノジと呼ばれることになる。元人間であったため、言葉を喋ることができ、指... 関連ページ:オンノジ

場所

無人街

ある日突然、ミヤコとオンノジを除いて、人間のみならず生き物全てがいなくなってしまった街(世界)。しかし、なぜか電気や水道などの一部のインフラは生きている。それ以外にも郵便ポストがやせ細ったり、鉄道線路... 関連ページ:無人街

その他キーワード

台風が去った次の日、ミヤコとオンノジが暮らす家の庭に落ちていた、ダチョウの卵くらいの大きさ。特に模様などはない。因縁を感じたミヤコはこれを温め、やがて二人で温め合うことになる。その正体は、作品の結末で判明する。

ロケット

オンノジが、地球の外にいる存在に自分たちの生存を伝えるために、製作してメッセージを入れて撃ち上げる小型ロケット。「羽毛(フェザー)○号」という名称が付けられ、作品中では20号まで打ち上げられる。

書誌情報

オンノジ 全1巻 秋田書店〈ヤングチャンピオンコミックス〉 完結

第1巻

(2013年5月発行、 978-4253142946)

SHARE
EC
Amazon
logo