カジムヌガタイ-風が語る沖縄戦-

カジムヌガタイ-風が語る沖縄戦-

太平洋戦争の戦中、戦後の沖縄を舞台に描かれるヒューマンドラマ。

正式名称
カジムヌガタイ-風が語る沖縄戦-
作者
ジャンル
ヒューマンドラマ、人間ドラマ
関連商品
Amazon 楽天

概要

太平洋戦争の戦中、戦後の沖縄を舞台に、アメリカ軍と日本軍に悩まされる地元住民の苦悩が描かれたヒューマンドラマ。全6話構成で、登場人物は繋がっておらず、各話が独立している。

登場人物・キャラクター

秋月

日本軍の少尉。部隊が自分を残して玉砕したことに絶望し、自殺をしようとしていた。区長に救われたことで、沖縄で静かに暮らすが、強姦を働くアメリカ軍兵士を倒すために立ち上がり、人々を指揮する。

友子

アメリカ軍の空爆が始まると、母親と妹、弟を連れて防空壕に逃れる。しかし、少し目を離したうちに、日本軍により母を殺され、妹と弟は防空壕を追い出されてしまう。

我喜屋 宗一

日本軍の元二等兵。中国人の処刑を命令されたが、正気を失い、全うできなかった。その後は日本軍を離れ、一言も喋らずに馬鹿のフリをしていた。

国仲 源太

漁師である国仲源次の息子。当初は日本軍の勝利を信じていたが、自分が釣った魚を日本軍兵士に奪われそうになった際に、一抹の不安を抱くことになる。

左門 勝男

沖縄本島南部の日本軍中隊長。階級は中尉。援軍を呼ぶために本部まで赴くが、すでにもぬけの殻になっていた。その後、追いはぎをしていた日本軍兵士を発見して、日本の勝利はないと確信する。

通事 史郎

駐在所に勤務する巡査。空手の名人。強制的に人々を疎開させようとする日本軍の轟大介と激突する。

区長

秋月の自殺を間一髪で食い止め、アメリカ軍に送り届けた。沖縄の人々の中心人物として、アメリカ軍兵士による事件が起こった時も、率先して抗議に向かった。

アユ

アメリカ軍兵士による強姦事件に遭遇するが、なんとか逃げ延びる。しかし、これにより母親が殺害され、アメリカ軍兵士への逆襲の引き金となる。

曽根 甲造

友子の母親を殺し、友子の妹、弟を防空壕から追い出した張本人。終戦後も生き延び、アメリカ軍の基地に運び込まれていた。そこで友子に出会い、命を狙われることになる。

我喜屋さん

我喜屋宗一の祖母。日本軍を離れた孫を匿っていた。アメリカ軍による空爆が始まると、我喜屋 宗一の指示に従い事なきを得た。その際、孫がわざと馬鹿のフリをしていると知る。

国仲 源次

国仲 源太の父親。漁師。アメリカ軍の空爆があった際、漁を3日休んだことを日本軍に咎められる。この時は同じ漁師仲間に救われ、事なきを得る。

轟 大介

内地から沖縄に赴任してきた教師。しかし、裏の顔は日本軍の特務機関員であった。住民を強制的に疎開させようとしたが、通事史郎に阻まれる。

前盛

通事史郎らが暮らす集落の村議。轟大介が疎開を強行しようとした時は、いの一番に反対したが、殴られて一蹴されてしまう。

場所

沖縄

太平洋戦争時、地上戦が行われ、アメリカ軍と日本軍により多くの地元住民が亡くなっている。戦後はアメリカ軍の指揮下に置かれるが、後に日本に返還されている。

SHARE
EC
Amazon
logo