カルビにしてね!

焼肉屋の一人息子と、その隣の寿司屋の一人娘の、親に禁じられた現代版ロミオ&ジュリエット風のラブ・コメディ。「ヤングマガジン」に1994年から1995年にかけて連載された作品。

正式名称
カルビにしてね!
作者
ジャンル
ラブコメ
レーベル
ヤングマガジンコミックス(講談社)
巻数
全4巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

小原鉄は焼肉屋の一人息子。隣に住む幼なじみの三島絵里に惚れているのだが、幼い頃に絵里に言われた「くさくてヘン」の一言が忘れられず、家と体に染みつく焼肉の臭いを消すことに心血を注いでいる。一方、絵里の実家は寿司屋で、焼肉の臭いが寿司ネタにつくと焼肉屋に怒鳴り込むのが日課で、両家は犬猿の仲。果たして鉄と絵里は結ばれるのか?

登場人物・キャラクター

主人公

16歳の男子高校生。大衆焼肉屋「焼肉もんじ」の一人息子。家が焼肉屋のため、仲のいい男子からは「エバラ」と呼ばれることもある。母が作ってくれる弁当は、オバラ家特製弁当としてクラスで争奪あみだくじで抽選さ... 関連ページ:小原 鉄

三島 絵里

小原鉄の幼なじみで、小原家の隣にある寿司屋の一人娘。鉄と同じ高校へ通い、テニス部のエースで人気者。明るく元気な性格で、鉄の気持ちにはまったく気づいていない。母を亡くし、父、祖父との3人で暮らしている。

小原 紋治

小原鉄の父で、大衆焼肉屋「焼肉もんじ」の店主。長い髪を後ろで1~2本でしばっている。焼肉に情熱をかけるオヤジ。ギックリ腰を患ったときは、背中にまな板をロープでくくり付けて仕事に励んでいた。鉄を「カルビの申し子」として焼肉店の跡取りにしたいと考えている。

三島 トラ男

三島絵里の父親で、寿司屋「三島」の親方。妻のゆりを亡くし、大親方の父、見習いのヤスオの3人で店を切り盛りしている。小原紋治とは幼なじみだが、焼肉の煙のせいで寿司ネタに臭いがつくと、毎晩隣家の焼肉屋に怒鳴り込みに行くのが日課となっている。日頃から小原鉄には絵里に手を出さないようにと警告している。

豊松

近所に住む和菓子屋の青年。小原鉄からは、幼い頃から兄貴分として慕われている。以前は実家の和菓子屋「藤花屋」を継ぐことに抵抗があったが、いまは一流の和菓子職人を目指している。

久野

三島絵里が所属するテニス部の3年生の男子。長身でテニス部のエースのさわやか青年。絵里をめぐる小原鉄の恋のライバルとなる。鉄はそのさわやかアピールに嫌味を込めてひそかに「シトラスグリーン」と呼んでいる。

寺尾 えり

小原鉄と同じ高校に通う女の子で、「寺尾精肉店」の一人娘。鉄の下駄箱にラブレターを入れて校舎の屋上へ呼び出し、告白した。その後も積極的にアプローチしてくる。顔は大仏に似ている。顔がそっくりで娘を溺愛する父がいる。

書誌情報

カルビにしてね! 全4巻 〈ヤングマガジンコミックス〉 完結

第1巻

(1994年10月発行、 978-4063234916)

第2巻

(1995年1月発行、 978-4063235135)

第3巻

(1995年2月発行、 978-4063235302)

第4巻

(1995年6月発行、 978-4063235401)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo