ガラス城の記録

ガラス城の記録

冷凍睡眠という方法で家族を眠らせた一族がいた。そして20年後。目を覚ました一族のうちの1人が家族や社会に復讐を遂げる姿を描く。この作品は未完に終わっている。

正式名称
ガラス城の記録
作者
ジャンル
SF一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

山師の札貫一家の邸宅は「ガラス屋敷」と呼ばれていた。その屋敷の中では、主の札貫礼蔵が、冷凍睡眠を家族に強行して眠らせ、息子の札貫四郎に冷凍室の管理を任せていた。20年後、四郎は管理を交代してもらうため、冷凍睡眠中の兄、札貫一郎を目覚めさせる。だが、望まぬ冷凍睡眠で時を無為に過ごした一郎は反発し、自身の失われた時間を取り戻そうと奔走する。

そして彼の行動が、大きな争いの火種となるのであった。

登場人物・キャラクター

札貫 一郎

札貫家の長男。冷凍睡眠により年を取らずに過ごしたため、外見は24歳のままである。冷凍睡眠を押し付けた父親の札貫礼蔵を憎み、殺害。姪の札貫真理と肉体関係を持ったことで真理の父親、札貫四郎に殺されそうになるが、逆に四郎を殺害する。殺人法により死刑囚となる。

札貫 真理

札貫四郎の娘で札貫一郎の姪。一郎と肉体関係を持つ。一郎が死刑囚となった後も彼を愛し続け、彼と行動を共にしていたヒルンに刺される。

札貫 四郎

札貫家の次男で札貫真理の父親。彼は冷凍睡眠で眠っていないので42歳である。20年前、自身の父親の札貫礼蔵に冷凍室の管理を任された。兄である札貫一郎を殺そうとするが、逆に殺害される。

札貫 礼蔵

20年前、冷凍睡眠を家族に押し付けた。当時の年齢の50歳のままだが、ボケてしまい孫である札貫真理を襲おうとした。札貫一郎により殺害される。

ヒルン

海底のカプセルの中で2000年もの間眠っていた謎の女性。脳細胞が退化しており赤ん坊ほどの知識しかない。札貫一郎に執着しており、彼の周りにいる人物を殺してでも排除しようとする。特に札貫真理に対する憎しみは強烈。

その他キーワード

冷凍睡眠

1971年に冷凍睡眠による長寿法が開発された。それは「冷凍睡眠カプセル」の中に入って眠っているだけで長生きができ、貯金の利子も増えていくという長寿法だった。しかし翌年の1972年には、この長寿法は禁止... 関連ページ:冷凍睡眠

殺人法

戦争が起こらなくなった時代に、「人を殺したい」という人間の欲求不満を解消するべく制定された法律。その内容は刑務所が死刑を執行するのではなく、相手が死刑囚であれば、誰でも自由に殺していいというもの。ただし、死刑囚にも逃げる権利はあり、10年逃げ切ることができれば時効になる。

SHARE
EC
Amazon
logo