クッキングパパ

一介のサラリーマンである荒岩一味とその家族を中心に、料理そのものよりも、作って食べることの楽しさ、素晴らしさを描いたグルメ漫画。第39回講談社漫画賞特別賞受賞。

正式名称
クッキングパパ
ふりがな
くっきんぐぱぱ
作者
ジャンル
グルメ
 
料理
レーベル
モーニング KC(講談社)
巻数
既刊164巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

金丸産業営業二課で働く荒岩一味は、会社では仕事をバリバリこなす有能なサラリーマンだが、家庭ではキャリアウーマンである妻の分まで料理に勤しむ「クッキングパパ」であった。彼が作るアイデアと愛情に満ちた料理は、家族を、さらには彼らを取り巻く人々をも幸せにしていく。そして今日もおいしさに心が満たされる料理が作られるのであった。

登場人物・キャラクター

荒岩 一味 (あらいわ かずみ)

金丸産業営業二課課長。料理に関する豊富な知識と、プロ級の腕前を持つサラリーマン。仕事で忙しい妻・虹子の代わりに家での食事の支度を担当している。180cm、80kgの堂々たる体格の持ち主で、食べることも大好きである。仕事に関しては部下に厳しい一面も見せるが、性格はいたって温厚。基本的にははにかみ屋で、仕事以外で人前に立つことはあまり好まず、当初は料理をしていることすら隠していた。 高所恐怖症で、飛行機が大の苦手。

荒岩 虹子 (あらいわ にじこ)

荒岩一味の妻。ニチフク新聞文化部副部長。極度の近眼で、度の強い眼鏡をかけている。会社ではバリバリのキャリアウーマンで、仕事もてきぱきとこなすが、料理を含めた家事全般を非常に苦手としている。子供の頃からスポーツ万能で、特にテニスは高校時代にテニス部のキャプテンを務めていたほど。 お酒が大好きでかなり強い。

荒岩 まこと (あらいわ まこと)

荒岩一味と虹子の息子。連載開始時は小学2年生だったが、成長してからは沖縄県の琉国大学に進学している。幼い時から荒岩とともに台所に立ち、料理の手伝いをしていたため、自身も料理の腕は優れている。真面目な性格で、成績は普通。小学生の頃から両思いのガールフレンドがいる。

荒岩 みゆき (あらいわ みゆき)

荒岩一味と虹子の娘。美しい雪の日に産まれたことから「みゆき」と名付けられた。ボーイッシュで元気いっぱいな女の子で、性格はややワイルド。父や兄とは違って足が速い。

吉岡 カツ代 (よしおか かつよ)

荒岩一味の実母。荒岩そっくりの外見を持つ。早くに夫を亡くし、女手一つで荒岩たちを育ててきた。30年以上、吉岡病院で賄い婦として働いてきたため、荒岩の料理に対する評価は厳しい。勤務先だった吉岡病院の院長と再婚していたが、当初はそれを隠していた。パチンコが好きで、よく孫たちに景品を取って帰ったりしている、。

根子田 味知 (ねこた みち)

荒岩一味の妹。短大卒業後に東京に移住し、コピーラーター、エッセイストを仕事としている。幼い頃に父親を亡くし、母が働きづめだったため、ほぼ荒岩によって育てられた。幼い妹においしいものを食べさせようとしたことが、荒岩の料理作りの原点となっている。カメラマンの根子田と結婚し、2児を授かる。

田中 一 (たなか はじめ)

金丸産業営業二課係長。荒岩一味の部下。遅刻、欠勤の常習者で、仕事での失敗も多く、いつも荒岩に怒鳴られているが、性格は陽気で、社内のムードメーカー的な存在。先輩である木村夢子にいろいろと世話を焼いてもらっているうちに徐々に距離が縮まっていき、アパートで起こった火事から夢子を助けたことをきっかけに結婚へといたる。

田中 夢子 (たなか ゆめこ)

田中一の妻。旧姓は木村。元金丸産業社員。営業二課で荒岩の部下で、田中の先輩だった。当初は荒岩に想いを寄せており、荒岩が料理が得意なことを知る数少ない人物の一人だった。後輩の田中の面倒を見ているうちに意識するようになり、アパートの火事をきっかけに結婚にいたった。 その後、2児を授かっている。

広田 けいこ (ひろた けいこ)

金丸産業営業二課主任。明るくユーモアに富んだ女性。仕事もそつなくこなし、荒岩の後任として営業主任に抜擢された。その後、係長候補となるも、多忙を理由に辞退し、代わりに田中を推薦した。田中夢子の良き友人。

工藤 恵 (くどう めぐみ)

金丸産業営業二課所属。九州大学経済学部を首席で卒業した才媛で、アイドル並みのルックスを持つ。旧姓は種ヶ島。東京支社に転勤となった同僚の工藤三平と長らく遠距離恋愛を続けていたが、妊娠により結婚。双子を出産している。

東山 徹思 (ひがしやま てつし)

金丸産業常務取締役。自他共に認める「金丸産業で一番のグルメ」。荒岩の弁当と自分の弁当を取り替えるのが趣味で、当初は荒岩の弁当を作っているのは虹子だと勘違いしていた。自分で料理したことはなかったが、妻のために料理を作ったことがきっかけで、作ることにも興味を持ち、後に老人料理教室に参加したりしている。

ティート・チョッタ

イタリアのロメオ・アルフ社から日本に派遣されたイタリア人。料理に対する造詣が深く、荒岩とも非常に気が合い、荒岩家とは家族ぐるみの付き合いをしている。当初は女性社員に対する過度のスキンシップが目立っていたが、後に落ち着いてきている。

森山 みつぐ (もりやま みつぐ)

まことの小学校からの同級生で親友。たらこ唇が特徴。偏食がひどく、特に魚はまったくダメだったが、まことに影響されて克服している。釣りが趣味。現在は地元福岡の大学に通っている。

吉永 さなえ (よしなが さなえ)

まことの小学校から高校までの同級生。小学生の時、まことに助けられて以来、まことのことが好きで、手紙で告白した。一度、父親の転勤で東京に引っ越したが、後に福岡に戻ってくる。高校卒業後は、東京の東都大学へ進学。まこととは遠距離恋愛を続けることとなる。

書誌情報

クッキングパパ 164巻 講談社〈モーニング KC〉

第11巻

(1988-08-19発行、 978-4063000368)

第12巻

(1988-11-17発行、 978-4063000375)

第13巻

(1989-02-20発行、 978-4063000382)

第14巻

(1989-05-19発行、 978-4063000399)

第15巻

(1989-08-21発行、 978-4063000405)

第16巻

(1989-11-20発行、 978-4063000412)

第17巻

(1990-02-21発行、 978-4063000429)

第18巻

(1990-05-21発行、 978-4063000436)

第19巻

(1990-08-21発行、 978-4063000795)

第20巻

(1990-11-19発行、 978-4063000849)

第21巻

(1991-02-21発行、 978-4063000863)

第22巻

(1991-05-20発行、 978-4063000894)

第23巻

(1991-08-21発行、 978-4063000924)

第24巻

(1991-11-20発行、 978-4063000962)

第25巻

(1992-01-20発行、 978-4063001013)

第26巻

(1992-04-21発行、 978-4063001068)

第27巻

(1992-07-20発行、 978-4063001105)

第28巻

(1992-08-20発行、 978-4063001112)

第29巻

(1992-11-17発行、 978-4063001167)

第30巻

(1993-02-19発行、 978-4063001211)

第31巻

(1993-05-20発行、 978-4063001259)

第32巻

(1993-08-20発行、 978-4063001297)

第33巻

(1993-11-19発行、 978-4063001327)

第34巻

(1994-02-21発行、 978-4063001334)

第35巻

(1994-05-20発行、 978-4063001365)

第36巻

(1994-08-19発行、 978-4063001396)

第37巻

(1994-11-18発行、 978-4063001419)

第38巻

(1995-01-20発行、 978-4063001426)

第39巻

(1995-03-20発行、 978-4063001457)

第40巻

(1995-05-22発行、 978-4063001471)

第41巻

(1995-07-19発行、 978-4063001495)

第42巻

(1995-10-20発行、 978-4063001525)

第43巻

(1996-01-20発行、 978-4063001563)

第44巻

(1996-04-20発行、 978-4063001600)

第45巻

(1996-07-19発行、 978-4063001655)

第46巻

(1996-10-21発行、 978-4063001747)

第47巻

(1997-01-21発行、 978-4063001792)

第48巻

(1997-04-21発行、 978-4063001846)

第49巻

(1997-07-19発行、 978-4063001891)

第50巻

(1997-10-21発行、 978-4063001938)

第51巻

(1998-01-21発行、 978-4063001969)

第52巻

(1998-04-21発行、 978-4063001976)

第53巻

(1998-07-21発行、 978-4063002010)

第54巻

(1998-10-20発行、 978-4063002058)

第55巻

(1999-01-20発行、 978-4063002072)

第56巻

(1999-04-19発行、 978-4063002102)

第57巻

(1999-07-19発行、 978-4063002126)

第58巻

(1999-10-20発行、 978-4063002140)

第59巻

(2000-01-19発行、 978-4063002171)

第60巻

(2000-04-19発行、 978-4063002201)

第61巻

(2000-07-18発行、 978-4063002218)

第62巻

(2000-10-20発行、 978-4063002249)

第63巻

(2001-01-20発行、 978-4063002263)

第64巻

(2001-04-20発行、 978-4063002287)

第65巻

(2001-07-19発行、 978-4063002324)

第66巻

(2001-10-20発行、 978-4063002348)

第67巻

(2002-01-21発行、 978-4063002379)

第68巻

(2002-04-20発行、 978-4063002430)

第69巻

(2002-07-19発行、 978-4063002461)

第70巻

(2002-10-21発行、 978-4063002515)

第71巻

(2003-01-21発行、 978-4063002607)

第72巻

(2003-04-19発行、 978-4063002621)

第73巻

(2003-07-18発行、 978-4063002669)

第74巻

(2003-10-22発行、 978-4063002683)

第75巻

(2004-01-22発行、 978-4063002713)

第76巻

(2004-04-22発行、 978-4063002751)

第77巻

(2004-07-22発行、 978-4063002775)

第78巻

(2004-10-21発行、 978-4063002782)

第79巻

(2005-01-20発行、 978-4063002799)

第80巻

(2005-04-21発行、 978-4063002812)

第81巻

(2005-07-21発行、 978-4063002829)

第82巻

(2005-09-18発行、 978-4063002836)

第83巻

(2005-11-20発行、 978-4063002843)

第84巻

(2006-01-21発行、 978-4063002850)

第85巻

(2006-03-21発行、 978-4063002867)

第86巻

(2006-05-23発行、 978-4063002874)

第87巻

(2006-07-21発行、 978-4063002881)

第88巻

(2006-09-22発行、 978-4063002898)

第89巻

(2006-11-22発行、 978-4063002904)

第90巻

(2007-01-23発行、 978-4063002911)

第91巻

(2007-03-23発行、 978-4063002928)

第92巻

(2007-05-23発行、 978-4063002942)

第93巻

(2007-07-23発行、 978-4063002959)

第94巻

(2007-09-20発行、 978-4063002966)

第95巻

(2007-11-22発行、 978-4063002973)

第96巻

(2008-02-22発行、 978-4063002980)

第97巻

(2008-04-23発行、 978-4063003017)

第98巻

(2008-06-23発行、 978-4063003024)

第99巻

(2008-08-22発行、 978-4063003031)

第100巻

(2008-11-27発行、 978-4063003048)

第101巻

(2008-12-22発行、 978-4063003055)

第102巻

(2009-01-23発行、 978-4063003062)

第103巻

(2009-03-23発行、 978-4063003079)

第104巻

(2009-05-22発行、 978-4063003093)

第105巻

(2009-07-23発行、 978-4063003109)

第106巻

(2009-09-23発行、 978-4063003116)

第107巻

(2009-11-20発行、 978-4063003130)

第108巻

(2010-01-22発行、 978-4063003147)

第109巻

(2010-03-23発行、 978-4063003154)

第110巻

(2010-05-21発行、 978-4063003161)

第111巻

(2010-08-23発行、 978-4063003178)

第112巻

(2010-11-22発行、 978-4063003192)

第113巻

(2011-02-23発行、 978-4063003215)

第114巻

(2011-05-23発行、 978-4063003222)

第115巻

(2011-07-22発行、 978-4063003239)

第116巻

(2011-09-23発行、 978-4063003253)

第117巻

(2011-12-22発行、 978-4063003260)

第118巻

(2012-03-23発行、 978-4063003284)

第119巻

(2012-06-22発行、 978-4063003291)

第120巻

(2012-08-23発行、 978-4063003314)

第121巻

(2012-11-22発行、 978-4063003321)

第122巻

(2013-01-23発行、 978-4063003338)

第123巻

(2013-03-22発行、 978-4063003345)

第124巻

(2013-06-21発行、 978-4063003352)

第125巻

(2013-10-23発行、 978-4063003376)

第126巻

(2014-01-23発行、 978-4063003383)

第127巻

(2014-03-20発行、 978-4063003390)

第128巻

(2014-06-23発行、 978-4063003406)

第129巻

(2014-09-22発行、 978-4063003413)

第130巻

(2014-11-21発行、 978-4063003420)

第131巻

(2015-02-23発行、 978-4063003437)

第132巻

(2015-06-17発行、 978-4063003444)

第133巻

(2015-08-21発行、 978-4063003451)

第134巻

(2015-11-20発行、 978-4063003468)

第135巻

(2016-02-23発行、 978-4063003475)

第136巻

(2016-04-22発行、 978-4063003482)

第137巻

(2016-06-17発行、 978-4063003499)

第138巻

(2016-09-23発行、 978-4063003505)

第139巻

(2016-11-22発行、 978-4063003512)

第140巻

(2017-03-23発行、 978-4063003529)

第141巻

(2017-05-23発行、 978-4063003536)

第142巻

(2017-08-23発行、 978-4065102008)

第143巻

(2017-11-22発行、 978-4065102572)

第144巻

(2018-01-23発行、 978-4065106631)

第145巻

(2018-03-23発行、 978-4065109298)

第146巻

(2018-05-23発行、 978-4065113738)

第147巻

(2018-09-21発行、 978-4065128435)

第148巻

(2018-12-21発行、 978-4065139844)

第149巻

(2019-03-22発行、 978-4065149478)

第150巻

(2019-07-23発行、 978-4065165096)

第151巻

(2019-10-23発行、 978-4065176153)

第152巻

(2020-01-23発行、 978-4065181591)

第153巻

(2020-04-23発行、 978-4065191026)

第154巻

(2020-07-20発行、 978-4065202319)

第155巻

(2020-10-23発行、 978-4065208229)

第156巻

(2021-01-22発行、 978-4065219355)

第157巻

(2021-04-23発行、 978-4065230039)

第158巻

(2021-07-20発行、 978-4065239179)

第159巻

(2021-10-21発行、 978-4065256930)

第160巻

(2022-01-21発行、 978-4065266137)

第161巻

(2022-04-21発行、 978-4065275832)

第162巻

(2022-07-22発行、 978-4065285619)

第163巻

(2022-10-21発行、 978-4065295205)

第164巻

(2023-01-23発行、 978-4065304730)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo