花のズボラ飯

花のズボラ飯

夫が単身赴任中の主婦・駒沢花(ハナコ)が、手抜きご飯(ズボラ飯)で日々を乗り切ろうとするグルメ漫画。駒沢花のみの視点で描かれる、一話完結の物語。一話ごとに必ずひとつのズボラ飯が描かれる。原作は『孤独のグルメ』の原作・原案を手がけた久住昌之。

正式名称
花のズボラ飯
原作
作画
ジャンル
美食一般
 
B級グルメ
 
ギャグ、コメディ一般
レーベル
秋田書店
関連商品
Amazon 楽天

概要

夫・ゴロさんが単身赴任となり、主婦・駒沢花(ハナコ)は日々堕落した生活を送る。家の中ではTシャツとパンツ、脱いだ洋服は床に放置、空き缶や空き箱のゴミは台所や机の上にと、ズボラな彼女のご飯はかなりの手抜き。鮭フレークとマヨネーズを混ぜたものを乗せて焼いただけのトースト、コンビニのおにぎりに梅干しとワサビを加えてお湯をかけただけの簡易お茶漬けなど、まさにズボラ飯

そんな彼女は今日も新たなズボラ飯を生み出していく。

登場人物・キャラクター

東京に住む30歳(連載開始当初)の主婦。夫であるゴロさんが単身赴任することになり、家の留守を預かっている。電車で3駅先の本屋にパート勤務しており、そこの店長の奥さんが作るおしるこに目がない。テンション... 関連ページ:駒沢 花

駒沢花の旦那で現在は長期の単身赴任中。福岡市、神戸など、各地を転々としているほか、シンガポールにも出張することがある。『花のズボラ飯』の作中では顔や姿、会話などの描写がなく、駒沢花からの視点で語られて... 関連ページ:ゴロさん

駒沢花がパート勤務している本屋で店長をしている男性。柔らかい口調が特徴的だが、話が長く、愚痴っぽくなることも多い。その点は駒沢花も苦手としている。愚痴っぽくなる際は「正直な話」を多用する。店長の奥さん... 関連ページ:店長

駒沢花の隣の家の住人。男女で登場するがどちらが「高円寺」であるかは不明。結婚する予定はないようだ。駒沢花からは度々、ヒッピーの生き残りのような人物や、ジョン&ヨーコやりたいカップルと称される。頻繁に駒... 関連ページ:高円寺

駒沢花の隣の家の住人。男女で登場するがどちらが「高円寺」であるかは不明。結婚する予定はないようだ。駒沢花からは度々、ヒッピーの生き残りのような人物や、ジョン&ヨーコやりたいカップルと称される。頻繁に駒... 関連ページ:小野

年齢は駒沢花と同じ30歳(連載開始時)。駒沢花の大学時代の親友で、当時は「ハナミズ」と呼ばれていたほど一緒にいることが多かった。現在でもその友好は続いており、たまに駒沢花の家に訪れている。職業はプロの... 関連ページ:ミズキ

駒沢花の大学時代の友人。既婚の男性。現在は幸せ太り真っ最中。なぜかガスケツと同じタイミングで答えるという癖をもっている。 関連ページ:ウッチー

駒沢花の大学時代の友人。眼鏡をかけた男性で、学生時代からという年季の入ったオーディオオタク。オーディオビジュアル(AV)関係意外に興味がなく、休日は秋葉原でAV機器をあさって時間を潰している。そのため... 関連ページ:ガスケツ

駒沢花の母親。性格は駒沢花とは違い几帳面。料理好きなので、風邪を引いた駒沢花に、ズボラな彼女の性格を熟知したうえで簡単なレシピを教えることも。しかし、それのせいで駒沢花には適当な性格の人物と思われてい... 関連ページ:お母さん

駒沢花の父親。頭髪が薄い。無口だが温厚な性格。駒沢花のことを「花助」というアダ名で呼ぶことがある。 関連ページ:お父さん

場所

主婦である駒沢花と、その夫のゴロさんが暮らす家。現在ゴロさんは単身赴任で不在。駒沢花のズボラな性格が災いして、家の中はゴミや脱いだままの洋服などで床が見えない状態となっている。また、冷蔵庫の中も食材が... 関連ページ:

本屋

『花のズボラ飯』の登場人物・駒沢花がパート勤務している場所。駒沢花の家から電車で3駅の場所に位置している。 関連ページ:本屋

パン屋

『花のズボラ飯』の登場人物・駒沢花がパート勤務する本屋への通勤経路にあるお店。笑顔が素敵な店長とバイト君が働いている。駒沢花は度々このパン屋に寄ってパンを購入している。焼きたてのパンの匂いにつられて立... 関連ページ:パン屋

その他キーワード

ズボラ飯

『花のズボラ飯』の登場人物・駒沢花が作る、手抜きでも美味しいご飯のこと。卵かけご飯や、鮭フレークとマヨネーズを混ぜて食パンに乗せ、トーストしたものなど、「料理」とは呼びにくいものから、隠し味にそばつゆ... 関連ページ:ズボラ飯

SHARE
EC
Amazon
logo