クローソー

クローソー

ファイブスター物語(漫画)の登場人物。別称、クロト。ラキシスとは親族関係にある。

登場作品
ファイブスター物語(漫画)
正式名称
クローソー
別称
クロト
関連商品
Amazon 楽天

概要

クローム・バランシェが制作した45体目のファティマで、運命の三女神の一人。星団法でファティマに義務付けられているダムゲート・コントロール(マインド・コントロール)を外されている。運命の三女神アトロポスラキシスの妹にあたる。ファティマとしての能力は史上最強。

しかしその力がアマテラスラキシスを倒すためのものであると薄々感づいていたクローソーは、モーターヘッドに乗ることを極端に恐れるようになっていた。完成するとラキシスと共にユーバー・バラダに浚われ軟禁されていたが脱走。ならず者に囲まれてしまったところを助けてくれたコーラス3世に、未来のマスターであるコーラス6世の面影を見出し、彼をマスターと呼ぶ。

コーラス3世もまたクローソーの想いを理解し、形式的に自分に嫁がせることで、コーラス王家預かりのファティマとした。ハグーダによるコーラス侵攻が始まると、コーラス3世の死を予見し怯えていたが、ラキシスの説得により、コーラス3世が開発していた専用モーターヘッドジュノーンに乗り込む。

ラルゴ・ケンタウリとの戦いで絶命したコーラス3世ジュノーンの意志を受け、一度だけその力を解放し、ラルゴを倒すが、その後自ら眠りにつき、アマテラスたちの手によってジュノーン共々封印される。名前はギリシア神話の運命の三女神モイライの一人クローソーから取られている。

ファティマとしてのパワーゲージ、クリアランスは戦闘3A・MH制御VA・演算VA・耐久3A・精神A・クリアランスFF・タイプ∞(睡眠中)。

関連人物・キャラクター

ラキシス

『ファイブスター物語』の主人公のひとり。アマテラスの妻。クローム・バランシェが制作した44体目のファティマで、運命の三女神の一人。厳密にはファティマではなく、ダブルイプシロン(YY)・ヒューマンと呼ば... 関連ページ:ラキシス

登場作品

ファイブスター物語

クラウン大銀河に存在するイースター太陽系、ノウズ太陽系、サザンド太陽系、ウエスタ太陽系という四つ恒星系と、長大な軌道を持つスタント遊星からなるジョーカー星団。そこでは主にイースターではデルタ・ベルンと... 関連ページ:ファイブスター物語

SHARE
EC
Amazon
logo