太陽の黙示録

太陽の黙示録

大震災によって日本列島が寸断されてから15年。海外に移住した者、南北に分断されたそれぞれの日本で復興を目指す者の姿が描かれる。連載開始は2002年で、2008年に第1部「群雄編」が終了。2010年に第2部「建国編」が完結した。2005年度の第51回小学館漫画賞一般向け部門、2006年度の第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞をそれぞれ受賞。

概要

2002年、日本大震災によって日本は、本州が東西に分断されてしまう。少年柳舷一郎は出会った大人、坂巻五郎と協力して避難の旅に出る。そして15年後、記憶を失い台湾で暮らしていた舷一郎は、現地で日本人と台湾人の摩擦に接する中、和解運動の中心人物となっていく。その一方、南北に分断統治されていた日本は南日本国北日本国に分かれ、両国間の渡航も制限されることになる。

記憶を取り戻していた舷一郎は、台湾で得た仲間張宗元羽田遼太郎と共に、日本へ向かい、そこで様々な勢力へ関わっていく。

登場人物・キャラクター

主人公

『太陽の黙示録』の主人公の一人。箱根の山中にいた時に日本大震災に会う。当時11歳。避難の過程で記憶を失い、台湾人の夫婦に引き取られて15年間を台湾で暮らした。台湾人「舷」として暮らしていたが断片的に記... 関連ページ:柳 舷一郎

主人公

『太陽の黙示録』の主人公の一人。東京で日本大震災に遭う。当時高校生。父と妹が行方不明となり、恋人の夏木恵理と共に九州へ渡った。恵理の兄・惇史の伝手でエドワード・ロックウェルの計画に参加し、アメリカへ国... 関連ページ:宗方 操

日本大震災の初期、京浜地域の支援として車で神戸から東京へ向かっていたが、箱根で柳舷一郎と、舷一郎が拾った犬と出会う。その後、京阪神も被災した事を知って帰郷しようとするが、舷一郎とはぐれてしまう。神戸に... 関連ページ:坂巻 五郎

台湾マフィアに属していた、巨体の男。台湾で暮らす日本人避難民を嫌っていたが、自分の組織が台湾人と日本人の対立を煽るため日本人母子の殺害事件まで起こした事を知り、反逆する。その過程で知り合った舷(柳舷一... 関連ページ:張 宗元

日本大震災当時は東京の中学生だったが、夏休みを利用して父が支社長として赴任している台湾に来ていた。社員たちを守るため父が自分もろとも勝手に帰化した事で、父との間に溝を生じている。台湾人羽遼明として刑事... 関連ページ:羽田 遼太郎

北日本国の反政府ゲリラ海峡同盟の青年。柳舷一郎に仲間を救われた事から、彼らを保護する。宗方操の暗殺をめぐって舷一郎と対立するも次第に理解を示し、最終的には海峡同盟を出て舷一郎と同行する。元は北海道の医... 関連ページ:雲井 竜児

北日本国の反政府ゲリラ海峡同盟のリーダー。日本大震災時は陸上自衛隊員であり、震災後は北日本国に所属。だが七星会の不正を知り、告発しようとするが失敗。逃亡し、孫市権作と結託して海峡同盟を組織した。海峡同... 関連ページ:公文 讃

韓国における日本人避難民キャンプを一大生産地帯に発展させた、優れた頭脳を持つ青年技術者。海外に住む500万人の日本人避難者を救いたいと訴える柳舷一郎に会い、グレイ・シティを第3の国にする案を提示する。 関連ページ:葛城 亮

日本大震災時には東京の高校生で、宗方操の恋人だった。宗方と共に福岡へ移住し、ボランティアに従事する。アメリカへ留学する宗方に同行する筈だったが、被災者の救済を諦めきれず単身北海道へ渡る。救済活動中の事... 関連ページ:夏木 恵理

日本大震災以後、サウス・エリアの復興に携わり、外国籍初の国務大臣となる。サウス・エリアの人材を育成するプランを打ち出し、夏木惇史の紹介で知り合った宗方操を重用する。宗方と共に南日本国の独立を推進するが... 関連ページ:エドワード・ロックウェル

夏木恵理の兄で、日本大震災当時は総理の政務担当秘書官だった。妹が宗方と同行した当初は反対していたが、福岡で会った二人を見て、その成長を認める。特に宗方の才覚を高く評価し、エドワード・ロックウェルに紹介... 関連ページ:夏木 惇史

北日本国を支配する七星会の会長にして、表向きは北日本国衆議院議長。日本大震災前は柳拓磨の派閥で力をつけ金庫番として資金集めに腕を振るったが、金権政治への執着や強引さから拓磨には危険視されていた。自衛隊... 関連ページ:董藤 卓也

陸上自衛隊員であり、日本大震災後は北日本国に所属する。自衛隊が南北に分裂したこと、北日本国では事実上、中国の軍となっていることに悩み、現状打破のため董藤卓也に賛同する。だが日本人同士が殺しあう内戦をも... 関連ページ:勝呂 奉一

北日本国の投資企業「孫市ホールディングス」のCEO(最高経営責任者)を務める、青年実業家。北日本国の財界を牛耳る一方、七星会への対抗組織として海峡同盟を密かに組織した。七星会に対抗するため、一時的に柳... 関連ページ:孫市 権作

董藤卓也政権の崩壊後、新たに北日本国の復興委員長に就任した青年。七星会残党勢力を一掃し北日本国の民主化を進めるが、最終目的は中国への属国化にある。かつて孫市権作の父と兄に恩を受けており、その遺族である... 関連ページ:周 真瑜

集団・組織

七星会

『太陽の黙示録』に登場する組織。会長の董藤卓也以下、北日本国の政治家、官僚、財界人、自衛隊幹部で構成され、中国共産党、中国軍幹部の後ろ盾を持つ。日本大震災後の北日本を実質的に統治するグループだったが、... 関連ページ:七星会

海峡同盟

『太陽の黙示録』に登場する組織。北日本国でゲリラ的に活動する武装組織。かつて紀伊半島だった島々を拠点としていた。表向きは元自衛官の公文讃がリーダーだが、実は孫市権作が黒幕であり、「孫市ホールディングス... 関連ページ:海峡同盟

イベント・出来事

日本大震災

『太陽の黙示録』で起きた出来事。2002年8月10日に京浜地域と東海地方で大地震が起こり、連動して富士山から伊豆諸島にかけての火山が噴火。さらに5日後、東南海地震・南海大地震が同時発生し、富山湾から大... 関連ページ:日本大震災

場所

南日本国

日本大震災によって分断された、本州西部と九州北部、四国を含む土地。「サウスエリア」と呼ばれる。震災後はアメリカによる復興保護下にあったが、日米のどちらでもない新しい国家が目標とされ、さらに宗方操を中心... 関連ページ:南日本国

北日本国

日本大震災によって分断された北海道、東北、北関東、中部地方を含む土地。「ノースエリア」と呼ばれる。震災時に政府が避難した札幌が首都となる。柳拓磨の要請で中国がいち早く援助に入るも、そのため事実上中国に... 関連ページ:北日本国

再生特区日本

日本大震災によって壊滅した、東京都などの首都圏跡地。富士山噴火の降灰被害でライフラインが崩壊し、作物が育たず、南日本国、北日本国の協議で不可蝕領域とされている。柳舷一郎が葛城亮の案を受け、ここを海外の... 関連ページ:再生特区日本

その他キーワード

M資源

『太陽の黙示録』に登場する、地下資源。かつての琵琶湖西岸周辺の地下に埋没していた膨大なメタンハイドレードであり、次世代エネルギー資源としてアメリカがその存在を秘匿していた。しかし宗方操が留学中にその存... 関連ページ:M資源

アニメ

太陽の黙示録

日本大震災により主人公柳舷一郎が逃れた台湾では、祖国に帰れない日本人と、それに対する台湾人との摩擦が頂点に達しようとしていた。主人公の柳舷一郎は持ち前の正義感により、日本人難民と台湾人との間に飛び込ん... 関連ページ:太陽の黙示録

SHARE
EC
Amazon
logo