グスタフ・ライザー

訪問者(漫画)の登場人物。オスカー・ライザーとは親族関係にある。

  • グスタフ・ライザー
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
訪問者(漫画)
正式名称
グスタフ・ライザー

総合スレッド

グスタフ・ライザー(訪問者)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

オスカー・ライザーの父親。写真家だが芸術性が高いためかあまり売れていない。放浪癖がある。趣味は料理と狩り。妻ヘレーネ・ライザーとの間に子供はできないという診断が病院から出ているにも関わらず、生まれたオスカーに対して、家庭では無視をするような態度を取っている。ヘレーネへの不信から不和が高まり、ついに別れ話の勢いでオスカーが学生時代の友人ルドルフ・ミュラーの子であると告白されたことから、反射的にヘレーネを射殺する。

大型犬のシュミットを飼っている。本作品『訪問者』の後日譚にあたる同作者萩尾望都の『トーマの心臓』にもオスカーの回想によって登場する。

登場人物・キャラクター

9歳の少年。父グスタフ・ライザーは、二人きりの時は優しいが、家庭ではオスカーを無視していたが、母ヘレーネ・ライザーには溺愛して育てられた。音楽と絵画の習い事をしており、どちらの才能も高く評価されている...

登場作品

愛する両親が不和になっていくのを感じていた9歳の少年オスカー・ライザーは、母ヘレーネ・ライザーの拳銃事故による死が、父グスタフ・ライザーによって殺害されたということに気付いていた。そんな中、グスタフと...