ケメコデラックス!

ケメコデラックス!

いわさきまさかず原作の同名漫画『ケメコデラックス!』をアニメ化。平凡に暮らしていた主人公の小林三平太の前に突然、嫁と宣言するケメコが出現したことで一気に非日常的な世界に引きずり込まれ、困惑しながらも数々の謎を知り、さらに自分の秘密をも解き明かしていくなど、様々な要素を内包する作品となっている。

正式名称
ケメコデラックス!
ふりがな
けめこでらっくす
原作者
制作
ハルフィルムメーカー
監督
水島 努
放送期間
2008年10月7日 〜 2008年12月23日
放送局
tvk
話数
12話
ジャンル
その他SF・ファンタジー
 
ギャグ・コメディ
 
ラブコメ
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

10年前に別れた「初恋の少女」を密かに想いつつ、平凡な毎日を送っていた主人公の小林三平太の前に現れた謎の女性は開口一番、「お前の嫁だ!」と高らかに宣言する。その女性の名はケメコ。実はケメコはロボットで、中から現れたのはエムエムと名乗る美少女。

何が何だかわからないうちにケメコエムエムと共同生活を送ることになった小林三平太。それは、平凡な日常が一気に非現実的な修羅場の連続になった瞬間でもあった。

登場人物・キャラクター

小林 三平太

あけぼの町で暮らし、アケボノ高校に通う16歳の高校1年生。争い事や面倒な事はできるだけ避けたいと願い、今まで可能な限り平凡に生きてきた、どこにでもいそうな少年。しかし、ある日突然、小林三平太の前にケメコ(エムエム)が来襲したことで、平凡な日常は終わりを迎えることになり、非日常的な世界で生活するハメになる。 現在、恋人はいないものの、10年前に別れた「初恋の少女」を想い続けている。 また、本人は存在自体も知らないが、小林三平太の体内には壮絶な争奪戦が発生するほどの不思議な力が眠っている。その不思議な力のせいか、小林三平太自身が危機に陥った際、絶大な力を発揮することもある。

葵ちゃん

小林ふみ子を担当する、25歳の雑誌編集者。いつも締め切りを守らないどころか、原稿を落とす寸前まで仕事をしない小林ふみ子にいつも振り回されている薄幸の女性。小林ふみ子につきっきりで見張っているせいかどうかは不明だが、美人であるにも関わらず現在は独り身、さらに彼氏募集中。

エムエム

ケメコの中に入っている正体不明の美少女で、その素性や生い立ち、本当の目的など一切が謎に包まれている。普段から宇宙服のようなボディースーツを着用し、ピンク色の髪が特徴的。性格は強気で怒りっぽく不愛想。 しかし恥ずかしがり屋の面が強い。そのため普段はケメコにこもっていることが多く、外に出てくることは少ない。しかしケメコに乗っている時は普段の強気が強調され、いつも以上に強気な性格になる。 小林三平太が思い続けている「初恋の少女」に面影が似ているらしいが本人かどうかは不明。

早川 美咲

小林三平太のクラスメイトである15歳の少女。また牧原イズミの親友でもある。大手建設会社である「早川建設」の3代目となるお嬢様で、高校1年生で既に家業を手伝っているなど才女の一面を持つ。 しかし修羅場を好み、実際に修羅場に遭遇すると激しく興奮するなど性格的には腹黒な一面もある。その性格のため、ケメコと小林三平太に牧原イズミをけしかけ、わざわざ騒動を起こして面白がることも多い。 とはいえ実際には友人との友情は大事にしており、いつまでも関係を保ちたいと心から願っている。高校1年生の割にツルペタな小学生体型なことを密かにコンプレックスに感じている。

南野 リョータ

小林三平太たちのクラスメイトである15歳の少年。白いバンダナとツンツン頭がトレードマーク。可愛い女の子が大好きという無類の女好きで、女性に関するものなら、あらゆるものを吸収しようと日々努力している。 カメラ小僧でもあり、いつもカメラ片手に美少女を追い求め、そしてシャッターチャンスを虎視眈々と狙っている。黒崎リョーコに片思い中。

牧原 イズミ

小林三平太の幼馴染で同級生の16歳。性格は素直で明るく前向き。運動神経抜群のスポーツ少女で、抜群のプロポーションとFカップの巨乳の持ち主である健康的な美少女。毎朝10キロを走るなど常日頃から運動を欠かさないが帰宅部であるため、数々の運動部から狙われている。 小林三平太に密かに想いを寄せているものの、かいがいしく世話を焼くため、周囲からは小林三平太を尻に敷いていると見られている。 突如現れて嫁宣言したケメコにライバル心を抱いており時折、小林三平太を巡って壮絶な争奪戦を展開することもある。♯武藤敬司の大ファンであるらしい。

黒崎 リョーコ

今まで登校していなかったために「伝説のクラスメイト」と呼ばれていたが、ある日突然、小林三平太とケメコの前に現れ、小林三平太たちのクラスメイトとなった謎の美少女。「正宗」と呼ばれる愛刀を常に帯刀する剣術家で、ケメコと互角に渡り合えるほどの実力を持つ。 その正体は、連合公安局88課に所属し、小林三平太などを監視する捜査官である。コードネームは「ブラックガール」。 性格は粗暴で乱暴、さらに小林三平太をパシリに使うなど高飛車な面が特徴的。しかし実際には人情家であり、情が移った相手を助けてしまうことも多い。十文字と呼んでいる黒猫を付き従えている。

ケメコ

ある日突然、小林三平太の前に現れ、「嫁になる!」と宣言した人型ロボット。手足が短く細く2等身という非常にコミカルな外見をしているが口調は強気で、小林三平太に結婚を迫って来る。 中に乗っているのはエムエムで、口の部分が開閉して乗り込む。そのコミカルな外見とは裏腹に強大な戦闘力を持っており、素手での格闘戦はもちろん、様々な武器を自在に扱う器用さも持ち合わせている。 その本当の目的は、小林三平太の体内に眠る不思議な力を奪うために出現する謎の組織から小林三平太を守るためだが、なぜ守る必要があるのかは不明。普段はアケボノ高校の教育実習生として様々な役職をこなしつつ小林三平太を見守っている。

小林 ふみ子

小林三平太の母親で職業は漫画家。高校生の息子がいるとは思えないほどの美貌とプロポーションの持ち主で、性格はノリが良くて明るく、また大雑把でおおらか、そしてマイペース。その性格に加えて遅筆なので、いつも締め切りを遅らせるハメになり、担当編集者である葵ちゃんを振り回している。 しかし息子である小林三平太の事は常に気にかけているなど、母親らしい一面も見せる。 突然現れたケメコに関しては、有能なアシスタントとして働いてくれることもあり、好意的な目で見守っている。

小林 タマ子

小林三平太の妹で12歳の少女。小林家の家事全般を1人でこなすなど、責任感と使命感に燃えるしっかり者。基本的に礼儀正しい性格ながら、母親である小林ふみ子の性格も受け継いでおり、かなりノリがよくテンションも高い。 ケメコが家事を手伝ってくれるようになってからはケメコを「お姉さま」と呼んで慕うようになり、またケメコの影響を受けたせいか、テンションも今まで以上に高くなっている。

クレジット

原作

いわさきまさかず

監督

シリーズ構成

総作画監督

杉本功

音楽

高木隆次

アニメーション制作

ハルフィルムメーカー

原作

ケメコデラックス!

男子高校生の小林三平太の部屋にある日、宇宙船が墜落、そこから現れたロボットのケメコは、彼の妻になることを一方的に宣言。その日以来、地元の大企業をはじめとする複数の勢力が、彼の感情が高ぶった時にのみ発現... 関連ページ:ケメコデラックス!

関連外部リンク

SHARE
EC
Amazon
logo