サルぽんち

サルぽんち

現代日本のどこかの山奥で暮らすサルのモンタとケンジが、群れを飛び出して旅をする様を描いた、どこか物悲しさの漂うギャグ漫画。鈴木マサカズの初連載作品。

正式名称
サルぽんち
作者
ジャンル
動物擬人化
レーベル
ビームコミックス(アスキー、KADOKAWA)
巻数
全1巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

負けん気の強い性格のサルのモンタは、群れのボスにたびたび反抗したため、追われるようにして、親友のケンジとともに旅に出ることとなった。その道中で、猿道とは何かについて勢いよくまくし立てる、名もない大人のサルと出会う。そしてモンタたちに「オヤジ」と名付けられた彼も、旅に加わることになる。

登場人物・キャラクター

モンタ

A県の山奥で暮らす、まだ1歳にも満たないオスのサル。ボスに逆らったために、左耳をかじり取られて失った。その後もしばらくは群れにいたが、やがて群れの中での居場所を完全に失い、親友のケンジとともに旅に出る。お調子者だが、落ち込みやすい性格。

ケンジ

A県の山奥で暮らす、まだ1歳にも満たないオスのサル。モンタの親友。モンタと違って、積極的にボスに逆らうような性格ではなかったが、モンタを見捨てることができずに、ともに旅に出ることとなった。モンタに比べれば冷静で知的なタイプ。

オヤジ

とある群れに属していた、7歳になる大人のサル。妻と子供がいる。ボスザル以外のオスのサルは、本来5歳くらいになると群れを離れることもある。モンタとケンジと出会い、いい機会だと、ともに旅に出る。「猿道(さるどう)とは何か」を日々2人に説いているが、あまり内容に意味はない。体力にだけは自信を持っている。

モンタとケンジの属していた群れのボスザル。大柄なためケンカが強い。群れのルールに逆らう者に対しては容赦しないが、ただの乱暴者というわけではない。温泉に浸かっている時には、モンタたちに一緒に入ることを許... 関連ページ:ボス

長老

モンタとケンジの属していた群れの先代のボスザル。現在のボスが群れに加わった時に、ボス争いの闘いに敗れてその座を奪われた。たびたび説教じみた文句を口にしていたが、その内容は意味不明なものがほとんど。群れの中でも特に敬われているわけではない。

書誌情報

サルぽんち 全1巻 〈ビームコミックス〉 完結

第1巻

(2005年11月25日発行、 978-4757724495)

SHARE
EC
Amazon
logo