ジェイムス・マーカー

かりん(漫画)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
かりん(漫画)
正式名称
ジェイムス・マーカー
ふりがな
じぇいむすまーかー

総合スレッド

ジェイムス・マーカー(かりん)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

真紅果林の祖父で、ヘンリー・マーカーの父。真紅家の地下室で眠りに就いていたが、命をつなぐための吸血に起きてくることはなく、干からびて死んでしまった。血の嗜好は「若さ」で、吸血した相手が「若さ」を失うことに心を痛め、吸血そのものに積極的ではなかった。もともとジゴロな性癖があり、孫の真紅煉にその血が受け継がれているのではないかと噂されている。

エルダ・マーカーの長い髪にキスをしてプロポーズし、かなりの熱愛夫婦となった。マーカー家の入り婿となり、日本名として真紅の文字をあてた。プシュケーを自由にするというエドウズ家の悲願を叶えるため、セシリア・アルマーシュに子供同士の結婚の約束を取り付けた。

実は死後の魂が真紅家内を徘徊していたため、真紅杏樹によってクマのぬいぐるみに封印されていた。杏樹はぬいぐるみから吸血鬼に関する知識を得ていたが祖父だとは気付かず、果林をブラウンリック家から奪還する際、留守番チームの文献調査でその事実が判明した。帰宅したエルダにクマのぬいぐるみが渡されたが、その場で破かれてしまい、感動の再会とはならなかった。

登場作品

椎八場市に住む女子高生の真紅果林は、吸血鬼の一族だが、なぜか血が増える増血鬼。吸血鬼の弱点は通用せず、普通に学校に通っていた。ところが、なぜかかりんが転校生の雨水健太に近づくと血が増えてしまう。その原...