スイッチガール!!

カリスマギャルとおやじキャラを自在に使い分ける女子高生田宮仁香。オフモード時のシュールな日常描写を織り交ぜながら、学園内外のトラブルに果敢に挑んでいく姿を描く。長編ラブコメ漫画。

正式名称
スイッチガール!!
作者
ジャンル
ラブコメ
レーベル
マーガレットコミックス(集英社)
巻数
全25巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

外ではメイクもファッションも完璧なカリスマギャル田宮仁香。しかし、一歩家に入ればジャージにメガネ姿というオヤジのような姿に変貌してしまうスイッチガールだった。オンとオフを使い分ける事で平和な日々を過ごしていた仁香だったが、ある日ビン底メガネの転校生神山新に、オフの姿を見られてしまう。絶体絶命のピンチに焦る仁香だったが、メガネの奥に隠されたイケメンの素顔に気づいてしまう。

新もまた、オンとオフの顔を使い分けるスイッチボーイだったのだ。

登場人物・キャラクター

田宮 仁香 (たみや にか)

カリスマギャルとして他校にも名の知れた女子高生。雑誌の読者モデルとしても大人気。表の顔(オンモード)と裏の顔(オフモード)を自由自在に使い分けるスイッチガール。オンの時はメイクも服装もバッチリでモテオーラ全開だが、オフの時は完全におやじ化してしまう。オフの姿を見せれるのは恋人の神山新や家族、親友のみ。 友達想いで正義感が強く、人助けばかりしている。男女からの信頼が厚い。美術と体育は大得意だが、他の主要科目は一切ダメ。塩辛やくさやを愛し、タイムサービスや詰め放題には目がない。

神山 新 (かみやま あらた)

主人公田宮仁香の恋人。高2の時仁香のクラスに転校してきた男子で、仁香と同じマンションに引っ越してきた。かなりのイケメンだが、ビン底メガネで素顔を隠し女を遠ざけている。成績優秀でクールな性格。仁香をそこら辺の軽い女と同じように見ていたが、中身を知るにつれ好きになっていく。 心が広く仁香の全てを受け入れている。仁香に負けないくらい友達を大切にする。母親が不倫して家を出たのがトラウマで、色気を出してくる女が大嫌い。仁香のおかげで母親との関係も修復し、定期的に会うようになった。

ニノ原 (にのはら)

主人公田宮仁香の親友。仁香とは幼稚園の頃からの幼馴染で、仁香の全てを知る良き理解者。落ち着いた性格で成績優秀。仁香や神山新の仲間広田正宗とは犬猿の仲だったが、徐々に惹かれあ合っていく。かなり気が強くプライドも高い。クールに見えて仁香の事になると危険な事にも手を出したりする。 仁香が秀帝学院の蓮見総一郎に目をつけられデタラメな噂を流された時は、敵に寝返った振りをして接近し、相手の弱みを見つけ出すなど一役買った。

広田 正宗 (ひろた まさむね)

主人公田宮仁香の親友。渋谷南高校の生徒。渋谷界隈ではかなり有名な不良。木崎明花に協力して仁香と神山新を別れさせようとしていたが、二人の本物の絆を見せつけられ心を改める。最後は逆に明花から2人を守った。優等生タイプのニノ原とは最初反発し合っていたが、徐々に惹かれあい今ではニノ原命。 友達想いの真っ直ぐな性格。あらゆる業界でやたらと人脈が広い。

木崎 明花 (きざき めいか)

主人公田宮仁香の親友。渋谷南高校の生徒。カップル潰しが趣味で、カリスマギャルで有名な仁香もターゲットにする。しかし、神山新に近づき誘惑するが全くなびかず、最終的に仁香のお仕置きによって二度と悪さができなくなってしまった。仁香と新に憧れ、自分も真剣に恋愛をしようと決意する。 今では仁香の親友でよく人助けに協力している。中学時代は壮絶なイジメに遭っており、高校で唯一友達と認めてくれた広田正宗とはかなり仲がいい。

城ケ崎 麗香 (じょうがさき れいか)

主人公田宮仁香の同志。中学までは常に学校1の美女で人気者だったが、高校で仁香にその座を奪われてしまう。仁香に対してライバル心むき出し、あらゆる手を使って陥れようとしてくる。しかし、仁香が人気者なのは外見の問題ではなく、優しく友達想いの性格のためと気づいており、実はかなり尊敬している。 仁香とは憎まれ口を叩き合いながらも、お互い深い絆で結ばれている。美人でお金持ちのお嬢さまだが、手下たちを引き連れる姿はガキ大将そのもの。新しく赴任してきた美術教師染谷慶次に恋をしてからは、急激にしおらしくなっていく。

染谷 慶次 (そめや けいじ)

美術教師。父親が有名な画家で、学校との強いコネを利用して厳しい校則を設けたり、規則撤廃のための厳しい交換条件を仁香たちに突き付けてくる。実は昔、恋愛禁止という校則を撤廃するため学園の先頭にたって働きかけていたが、最後になって仲間や実の恋人から裏切られてしまった辛い過去を持つ。 昔の自分に似た真っ直ぐで正義感の強い仁香を見て苛立ち、何かとちょっかいを出しては神山新との関係を壊そうとしていた。最後には仁香に影響され、自分の間違いを認めた。すぐに生徒から人気の教師となり、新と女子のファンを二分するまでになる。

田宮 千鶴 (たみや ちづる)

主人公田宮仁香の実母。娘の仁香やリカにかなりの影響力があり、二人のオン・オフの切り替え様は千鶴ゆずり。元祖スイッチガールであるが、長年オフのまま生きてきたため、オンモードでも切り替えられるのは顔のみ、しかも20秒だけである。娘2人とタイムセールやバイキングに行っては逞しい戦いぶりを見せる。 娘の恋人神山新がお気に入りで、よく家に誘う。リカと二人で仁香の後を付けることが多々ある。

田宮 リカ (たみや りか)

主人公田宮仁香の実姉。仁香より2歳年上の女子大生。仁香や母親と同じく完璧なスイッチガール。オフモード時、仁香と髪型やだらしない服装までそっくりなので、区別をつけにくい。母親と妹3人で、タイムセールやバイキングで大騒ぎする。

田宮 賢治 (たみや けんじ)

主人公田宮仁香の実父。妻や2人の娘と違い、穏やかな性格。家族の女たちが激安や食べ放題といった事に戦闘モードになっているのを、幸せな気分で眺めている家族想いの父親。家庭では完全に存在感が薄い。

樹本 (きもと)

主人公田宮仁香の友人。仁香のクラスメイトで、メガネで出っ歯が特徴の秀才キャラ。あだ名は「キモ」。神山新が転校してきた事でクラスでの成績が1番から2番へと降格し、何よりメガネキャラがかぶっていた事で対抗心を燃やす。文化祭の劇では、「メガネ王子」という新の代役に抜擢されてしまい、途中まで舞い上がるも当日プレッシャーからトイレに逃げこんでしまう。 そこに現れた新に謝られ、代わりに劇に出てもらえる事になった。その紳ぶりやメガネの奥の素顔にトキメキ、新の大ファンになる。いつも新の後を付け回し弁当の差し入れまでしている。意外にも新や仁香たちからは仲間とみなされ、行動を共にしている。

蓮見 総一郎 (はすみ そういちろう)

主人公田宮仁香を陥れようとする人物。エリート校秀帝学院を裏で取り仕切っている会長。普段はか弱い生徒のふりで普通の生徒に紛れ込み、監視の目を光らせている。巨大webサイト「行きたい高校ランキング」で、偏差値が格下の集英高校にトップの座を奪われてしまい、集英の顔である仁香を陥れるため画策する。 最後は仁香に徹底的にお仕置きされ、秀帝も普通の高校へと変わっていく。

ホテルアイダ管理人 (ほてるあいだかんりにん)

主人公田宮仁香がよく遭遇する謎のオカマ。仁香と神山新が訪れたラブホテルの管理人で、新を気に入り部屋を隠しカメラで盗撮しようとしていた。その後も、仁香や新が出向く旅館やバイト先、あらゆる場所に神出鬼没で登場する。

佐々木 刈真 (ささき かるま)

主人公田宮仁香の友人。広田正宗とは中学からの付き合い。現在は超エリート校秀帝学院に通いっている。秀帝の裏ボスである蓮見総一郎の言いなりになり、ライバル校の顔である仁香を陥れようとしていた。しかし良心が痛み、途中で仁香たちに協力するようになる。

亜弥 (あや)

主人公田宮仁香の同志。仁香同様、オンとオフを自在に操るスイッチガール。亜弥の場合、オフの時は腐女子の「ヲタガール」に変貌する。髪型や服装は仁香のオフモード時と瓜二つ。仁香とは同じゲームを買っている時に出会い、オフ姿があまりに似ていた事から意気投合した。普段から同人誌を描いたりコミケを訪れたりしており、仁香や神山新をこれらのヲタ活動に度々引きずり込んでいる。 彼氏にはオフの姿は内緒にしている。

犬飼 隼 (いぬかい はやと)

主人公田宮仁香に近づく謎の転校生。集英高校の姉妹校から交換留学としてやってきた。神山新と同じく綺麗な顔をビン底メガネで隠している。実は志望大の推薦枠が定員オーバーになり、姉妹校である集英の推薦枠に空きを作るため、ニノ原やキモ、ボスザルといった成績優秀者を襲い受験不可能にしようとしている。 新もターゲットとなり無実の罪で停学処分にまでされてしまうが、仁香のお仕置きによって全校生徒に悪事をばらされた。

真木村禅

主人公田宮仁香を誘拐した人物。仁香に恨みを持つ秀帝学院の生徒に依頼され、仁香や親友のニノ原を拉致する。普段から売春の斡旋業しており、女性を麻薬づけにしては薬のお金欲しさに売春をさせている。仁香にも同様の手を使おうとしていたが、神山新、広田正宗に監禁場所を襲撃され、最後はかけつけた警察に逮捕されてしまう。

集団・組織

集英高校 (しゅうえいこうこう)

主人公田宮仁香が通う高校。カリスマギャル仁香が通う高校として首都圏では有名。日本トップレベルのエリート高秀帝学院を差し置いき、巨大webサイトで「行きたい高校ランキング」1位に輝いたこともある。

書誌情報

スイッチガール!! 全25巻 集英社〈マーガレットコミックス〉 完結

第1巻

(2007年1月発行、 978-4088461328)

第2巻

(2007年5月発行、 978-4088461717)

第3巻

(2007年9月発行、 978-4088462103)

第4巻

(2007年12月発行、 978-4088462431)

第5巻

(2008年4月発行、 978-4088462868)

第6巻

(2008年8月発行、 978-4088463230)

第7巻

(2008年11月発行、 978-4088463544)

第8巻

(2009年2月発行、 978-4088463841)

第9巻

(2009年6月発行、 978-4088464183)

第10巻

(2009年10月発行、 978-4088464558)

第11巻

(2010年2月発行、 978-4088464947)

第12巻

(2010年5月発行、 978-4088465258)

第13巻

(2010年9月発行、 978-4088465654)

第14巻

(2010年12月発行、 978-4088466040)

第15巻

(2011年3月発行、 978-4088466293)

第16巻

(2011年4月20日発行、 978-4088466392)

第17巻

(2011年9月発行、 978-4088466972)

第18巻

(2012年1月発行、 978-4088467351)

第19巻

(2012年5月発行、 978-4088467740)

第20巻

(2012年10月発行、 978-4088468402)

第21巻

(2013年1月発行、 978-4088468761)

第22巻

(2013年5月発行、 978-4088450414)

第23巻

(2013年9月発行、 978-4088450940)

第24巻

(2014年1月発行、 978-4088451565)

第25巻

(2014年2月発行、 978-4088451664)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo