スターシアの娘

新宇宙戦艦ヤマト(漫画)の登場人物。読みは「すたーしあのむすめ」。古代進とは親族関係にある。

  • スターシアの娘
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
新宇宙戦艦ヤマト(漫画)
正式名称
スターシアの娘
ふりがな
すたーしあのむすめ

総合スレッド

スターシアの娘(新宇宙戦艦ヤマト)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

イスカンダルのスターシアと初代・古代進の兄、守との間の娘であり、古代進とは直系の親戚になる。超光速船スターシアシップに乗り、大マゼランより移動性ブラックホールを追い抜いて地球圏へ飛来する。地球はもとより太陽系内外の全ての居住圏の全人類に「志ある人は新たなる新ヤマトへ集え」と呼びかける。

新宇宙戦艦ヤマトに乗艦してからは、下部第三艦橋を担当する。

登場人物・キャラクター

かつて宇宙戦艦ヤマトの戦闘班長だった古代進の32代目の子孫。ヤマト乗組員の子孫達は先祖の名前をそのままストレートに受け継いで現在に至っている。大マゼラン雲と太陽系を往復する宇宙船団所属の護衛艦雪風の副...

関連キーワード

『新宇宙戦艦ヤマト』に登場する宇宙船。作中では、大ヤマト(グレートヤマト)、宇宙大戦艦ヤマトとも呼ばれる。北極点の氷の空洞の中の大海、大氷底海で1000年の間に改良進化を遂げていた。過去のヤマトよりも...

登場作品

西暦3199年。かつて地球を救った宇宙戦艦ヤマトの活躍もすでに伝説となり、人々の記憶から忘れ去られていた。地球人類は、その生活圏を全銀河へと拡大しようとしていたが、未知の敵が放った移動性ブラックホール...