スマッシュ!メグ

スマッシュ!メグ

弁護士の父、高校テニス界No.1の二人の姉を持つ朝比奈恵ことメグが、テニスの名門高千穂学園女子テニス部に入部、転校生との出会いを通して全国制覇を目指す。

正式名称
スマッシュ!メグ
ふりがな
すまっしゅ めぐ
作者
ジャンル
テニス
レーベル
秋田文庫(秋田書店)
巻数
全3巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

朝比奈恵ことメグは、テニスの名門一家に育つ。二人の姉が強すぎるため、学校では朝比奈三姉妹のみそっかすと呼ばれていた。そんな彼女であったが、アメリカ帰りの謎の転校生、穂村忍に、天性のセンスを見出され、指導を受けるようになる。数々の特訓を経て試合に臨むうち、めきめきと頭角を現し、ライバルらに勝ち、高校テニスの全国制覇を現実のものにしていく。

登場人物・キャラクター

朝比奈 恵 (あさひな めぐみ)

有名弁護士で、かつて男子テニス界シングルスで名をはせた父、高校テニスNo.1の二人の姉を家族に持つ。朝比奈三姉妹の末っ子。名門、高千穂学園女子テニス部に入部するが、センスはあるものの、技術が低く、常にみそっかす扱いされている。アメリカ帰りの転校生、穂村忍に天性の才能を見出され、忍の指導によりめきめき上達。 ライバルに打ち勝ち、全国制覇を目指す。

穂村 忍 (ほむら しのぶ)

アメリカ帰りの転校生。幼いころ、伊豆の山林で両親が事故死。その後、アメリカに渡り、プロテニスの訓練を受けていたことがある。高千穂学園女子テニス部を訪れた際、メグと蓮子の練習を見学。メグの咄嗟のプレーに天性の才能を見出し、指導をかって出る。両親の遺産はメグの父が管理しているため、帰国後に落ち着き先が決まるまでの間、朝比奈家に住んでいた。

朝比奈 蓮子 (あさひな れんこ)

朝比奈三姉妹の次姉で高千穂学園女子テニス部の部長。「インターハイの女王」の異名を保つ。強くなってほしいという思いから、妹のメグに辛くあたる。ハイスピードサーブが得意。メグに対する忍の指導を信用していなかったが、メグの上達ぶりを目の当たりにし、忍に一目置くようになる。

朝比奈 蘭子 (あさひな らんこ)

朝比奈三姉妹の長姉。大学チャンピオン。全日本チャンピオンになったとき、朝比奈家の敷地に夜間照明付きのテニスコートが作られた。

緒方 一乗 (おがた いちじょう)

高千穂学園男子テニス部のキャプテン。高校シングルスチャンピオン。白鳥麻由子のいとこ。日米親善のため、アメリカンテニスクラブ・ジュニアクラスのコーチのバイトをしており、テニス部を退部しようとしていたメグに国内と世界のレベルの差を教え、踏みとどまらせた。 関東選手権大会では男子個人で優勝、世界チャンピオンを目指すためにアメリカへ渡る。

白鳥 麻由子 (しらとり まゆこ)

大和高校テニス部部員。中学生のときに女子チャンピオンとなり、今は1年生ながら大学生並みの実力を持つ。穂村忍の入部テストを見学し、実力を確信。忍を指名して、ダブルスの試合を申し込んできた。緒方一乗のいとこで、幼いころから一乗をジョーと呼んでいる。片思い中で、ジョーの渡米についていく。

滝沢 理絵 (たきざわ りえ)

開明高校テニス部部員。忍に因縁をつけ、スマッシュボールのスピードを競う賭けを持ちかける。見た目は不良だが、テニスの腕は確か。忍がダブルスのパートナーに指名したメグの特訓に付き合い、テニスを真面目にやってみようと決意。のちにメグの親友になる。 実家が中華料理店で8人兄弟姉妹の末っ子。

牧村 鈴江 (まきむら すずえ)

大和高校テニス部キャプテン。白鳥真由子が忍と試合したとき、ダブルスのパートナーを務めた。球筋を読む能力に優れ、表情を変えず、正確にボール運びをするのが得意。微笑んだ後に相手をつぶすところから「にっこりお鈴」の異名を持つ。麻由子と組んだダブルスの試合で、忍のブロックバスターで負傷した。 関東選手権大会の準々決勝で忍と当たり敗退。

デビット・ランサー (でびっとらんさー)

金髪ロングの長身男子で18歳。アメリカ人。セブンストーンオープンテニスに出場するため来日。繁華街でやくざに絡まれているメグを助けた。キャラハンが経営しているプロ・テニスプレーヤー養成所のトップエリートで、2000人以上の候補者の中から忍とともに、最終ノミネートに選出された。 30年に1人出るか出ないかの天才テニスプレーヤーとコンピュータがはじきだした逸材。

リチャード・J・キャラハン

アメリカでプロ・テニスプレーヤー養成所を設立。育成部の主任コーチをしている。養成所は表向きはある有名なテニス用品会社の研究機関だが、コンピュータを駆使し、練習から生活まであらゆる角度から選手の将来性を分析。数値で選手を判断し、数字が悪ければ容赦なく切り捨てる。かつて忍のコーチをしていた。 ウィンブルドンの大会で優勝経験がある。

本田 拓人 (ほんだ たくと)

高千穂学園中等部3年生。かつて一乗のテニスの練習相手だったが、渡米以降は相手がいなくなるため、女子テニス部預かりとなる。文化祭で女装させられ、以来、女装に目覚め、スコート姿で行動するようになる。理絵の身代わりとしてプレーするなど、テニスの実力もある。

朝比奈 猛 (あさひな たけし)

メグの父親で高校時代は男子シングルスチャンピオンで名をはせた。現在は弁護士で、朝比奈法律事務所所長。忍が相続した莫大な財産を管理している。

場所

高千穂学園女子テニス部 (たかちほがくえんじょしてにすぶ)

夜間照明やローン・コートを備えた施設。高千穂学園は共学だが、男子テニス部はキャプテンの緒方一乗しか部員がおらず、整地されていないコートしかない。

その他キーワード

ブロックバスター

『スマッシュ!メグ』に登場する技。プロテニスで使う「つぶし技」。動きの速いプレーヤーの足元を狙いプレー不能にするのが目的。ヒザに当てるため、足元を狙い浅い角度でホップするスピードボール。

ローリング・ディフェンス (ろーりんぐでぃふぇんす)

『スマッシュ!メグ』に登場する技。ボールに対してコートを直線移動するのではなく、軸足を固定して回転運動することで、レシーブする。忍の編み出した秘策で、メグに最初に教えた技術。本来はシングルス用で、太極拳の動きを応用したもの。

ブーメラン・ボレー (ぶーめらんぼれー)

『スマッシュ!メグ』に登場する技。響学園テニス部部員の円城寺京(えんじょうじみやこ)が編み出した技。ブーメランのように球に高速回転を加えると、球が遠心力で弧を描くようになることを利用しており、相手のラケットに当たったときには回転が殺され、自分のところに打ちやすい球となって戻ってくる仕組み。虚弱体質で体力がないプレーヤーでも長時間戦える。 力を使わずに勝てる秘策。

ウィルソンT2000

ウィルソン社のメタル・ラケット。一乗曰く「攻撃型のプレーに向いている」。忍が入部テストの際、蓮子との試合に使ったモデルで、後にメグも使用する。重くスピードのある球が打てる。

書誌情報

スマッシュ!メグ 全3巻 秋田書店〈秋田文庫〉 完結

第1巻

(2001年4月発行、 978-4253176217)

第2巻

(2001年6月発行、 978-4253176224)

第3巻

(2001年8月発行、 978-4253176231)

SHARE
EC
Amazon
logo