チフス・ド・ラ・ブルトンヌ

静粛に、天才只今勉強中!(漫画)の登場人物。別称、チフス。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
静粛に、天才只今勉強中!(漫画)
正式名称
チフス・ド・ラ・ブルトンヌ
ふりがな
ちふすどらぶるとんぬ
別称
チフス

総合スレッド

チフス・ド・ラ・ブルトンヌ(静粛に、天才只今勉強中!)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

印刷屋。アラス・アカデミーでマクシミリアン・ド・ロベスピエールとともにジョゼフ・コティの友人となる。後、フランス三部会が招集されると印刷組合の代表に選ばれる。当初はロベスピエールとともに行動していたが、対外戦争を支持したことで袂を分かつ。その後は中間派として活動した。

喧嘩っ早くて女好き。コティとは一貫して友人関係を保ち続け、テルミドールのクーデター後、逮捕状の出ていた彼の逃亡を見逃した。その後国民公会が解散すると元の印刷屋に戻り政治の世界と縁を切った。

登場人物・キャラクター

史上初のテロリスト。登場時はアラスの敏腕弁護士。アラス・アカデミーでジョゼフ・コティと友人となる。フランス三部会開催に伴い弁護士組合の代表として選出される。その後フランス革命が起こりジャコバン派の一員...
「リヨンの虐殺者」、「サンクールの風見鶏」の異名を持つ政治家。18世紀後半フランスに生まれる。修道院で少年たちに物理を教えるユニークな教師だったが、フランス革命が起こると教師を辞任し、故郷のナントで議...

登場作品

18世紀後半のフランス。修道院で物理学の教師だったジョゼフ・コティは、フランス革命に乗じて議員となりパリの政界に身を投じた。常に多数派につくことを信条とする日和見主義者のコティは、マクシミリアン・ド・...