ドカベン

ドカベン

野球のエースと言えばピッチャーだが、キャッチャーの山田太郎を主人公とする。甲子園大会優勝を目指す、山田太郎が所属する明訓高校野球部と数々の個性豊かなライバルたちとの試合を、スリリングかつエキサイティングに描く青春物語。

概要

明訓高校に入学した山田太郎は、野球部の仲間と切磋琢磨し、数々のライバル達を破って甲子園大会出場を勝ち取る。そして、全国のライバル達との激戦を繰り広げ、ついに甲子園大会で優勝。山田太郎明訓高校野球部の活躍は続き、甲子園大会には春・夏4回連続出場し、3度の優勝を成し遂げる。

登場人物・キャラクター

主人公

神奈川県・明訓高校野球部の明訓五人衆の1人。キャッチャー。右投・左打。高校3年生の春の甲子園大会までに明訓高校を4度甲子園大会出場に導き、3度の優勝を果たした立役者。並はずれた打撃力の持ち主で甲子園大... 関連ページ:山田 太郎

神奈川県・明訓高校野球部の明訓五人衆の1人。ポジションはサードであるが、ピッチャーや他の守備につくこともある。右投・右打。いつも学生帽をかぶり葉っぱをくわえている。驚異的な身体能力の持ち主であり、豪快... 関連ページ:岩鬼 正美

神奈川県・明訓高校野球部の明訓五人衆の1人。セカンド。右投・右打。主に二番を打つ。小柄な体格で鼻が大きく、とぼけた風貌をしている。ピアノの腕は天才レベル。世界一の指揮者アルベルト・ギュンターに認められ... 関連ページ:殿馬 一人

神奈川県・明訓高校野球部の明訓五人衆の1人。アンダースローのピッチャー。右投・右打。中学時代は小林真司の控え投手だった。山田太郎こそ生涯の捕手と惚れ込み明訓高校へ進学。多彩な変化球を操る投球術に優れた... 関連ページ:里中 智

神奈川県・明訓高校野球部員。右投・右打。山田太郎入部時の主将で、2年先輩。四番打者。強肩強打の捕手として県外にも名の知れた存在だったが、山田太郎が入部したことでファーストのポジションに回った。ドラフト... 関連ページ:土井垣 将

神奈川県・明訓高校野球部の明訓五人衆の1人。ポジションはレフト、或いは捕手。右投・右打。明訓高校には1年生の秋に転校してきた。岩鬼正美、山田太郎に続く長打力の持ち主で主に5番を打った。本来は土門剛介の... 関連ページ:微笑 三太郎

山岡 鉄司

神奈川県・明訓高校野球部員。ポジションはセンター、或いはライト。左投・左打。山田太郎の1年先輩。2年生の時には主将をつとめた。高校卒業後は東海大へ進学。守備力は超一流であるが、伝説になるトンネルをしたことがある。顔はパンダに似ている。

北 満男

ライト。右投・右打。神奈川県・明訓高校野球部員。山田太郎の1年先輩。高校卒業後は東京大学へ進学した文武両道に優れた存在。近眼で眼鏡をかけた秀才然とした風貌。レギュラーとは思えない小柄な体格ながら、坂田三吉から決勝タイムリーを打つなど、随所で活躍した。病気の妹のために頑張っている。

渚 圭一

神奈川県・明訓高校野球部員。ポジションは投手、或いはセンター。右投・右打。山田太郎の1年後輩。中学時代はアンダースローだったが、土井垣将の指示で不本意ながらもオーバースローに投法を変更した。

山田太郎の9歳下の妹。幼い頃に両親を亡くしたが、そのバス事故の際、山田太郎に抱かれていたことで命をとりとめた。明訓高校のマスコット的な存在であり、岩鬼正美のことを「ハッパ」と呼んで親しんでいる。山田太... 関連ページ:山田 サチ子

山田のじっちゃん

山田太郎の祖父。腕のいい畳職人で、昔気質である。両親を失った山田太郎と山田サチ子の面倒をみている。

夏川 夏子

岩鬼正美がベタ惚れする、中学時代からのガールフレンド。気が多く他の男に心を動かしたこともある。太めでお世辞にも美人といえぬ容貌だが、岩鬼正美にとっては絶世の美女である。山田サチ子とともに明訓高校を応援する。

雲竜 大五郎

神奈川県・東海高校野球部部員。身長2メートルの巨漢。ポジションはライト、投手。右投・左右両打。右肩を痛めた際に左手1本での打法を会得した。少年相撲の頃から山田太郎とライバルだった。

神奈川県・白新高校野球部員。投手。右投・右打。つばの割れた帽子がトレードマーク。神奈川県大会で明訓高校と数々の名勝負をくりひろげた名投手である。1年時から4番を打つなど打者としても優れていたが、左目が... 関連ページ:不知火 守

小林 真司

神奈川県・東郷学園高校野球部・投手。右投・左右両打。中学時代の試合の際に山田太郎のスパイクで失明寸前の怪我を負った。中学卒業後はアメリカへ野球留学していた。里中智は中学時代の同級生。殿馬一人とはハイジャックされた飛行機に乗り合わせている。岩鬼正美に初めて敗北を教えた相手でもある。

神奈川県・横浜学院高校野球部・投手。右投・右打。山田太郎より一つ上の学年である。交通事故にあい再起不能とまで言われたが、2年の秋より選手として復帰。重く早い超剛球を投げるが、横浜学院高校野球部にはこの... 関連ページ:土門 剛介

緒方 勉

福島県・いわき東高校野球部・投手。右投・右打。並外れたフォークボールを得意とし、県大会で完全試合を達成した。山田太郎が1年生の時の夏の甲子園大会決勝戦で対戦した。この時は8回まで得点を許さなかったが、岩鬼正美に逆転打となる本塁打を喫し敗退した。

足利 速太

福島県・いわき東高校センター。右投・左右両打。驚異的な俊足の持ち主で、盗塁によって平凡な安打を三塁打にしてしまう選手。山田太郎が1年生の時の夏の甲子園大会決勝戦で対戦した。

谷津 吾朗

神奈川県・横浜学院高校野球部・捕手。右投・左打。一旦野球部を離れるも、プロレスラー顔負けの筋力と体力から、土門剛介に請われてバッテリーを組む。当初は剛速球を体で受けとめるだけで捕球ができず、ランナーには走られ放題だったが、徐々に野球の実力を上げ、ついには捕球できるまでに成長した。

高知県・土佐丸高校野球部・投手。左投・左打。犬飼三兄弟の長男。実家が土佐闘犬のブリーダーをしており、戦う気迫を闘犬から学んでいる。山田太郎が1年生の夏の甲子園大会準決勝で対戦した。学年は山田太郎よりも... 関連ページ:犬飼 小次郎

犬飼 武蔵

高知県・土佐丸高校野球部員。守備はその時々で変わる。右投・右打。犬飼三兄弟の次男。兄弟の中では一番の激情型。怪力の持ち主で、外野からの送球で里中智の頭にボールをぶち当てたこともある。

犬神 了

高知県・土佐丸高校野球部・投手。左投・左打。小柄で右目に眼帯を着け、不気味に笑う。勝つために手段を選ばない危険なプレイが多い。

大阪府・通天閣高校野球部・投手。左投・左打。1年生ながらエースで四番。山田太郎とは同じ学年。長身から投げおろす角度のある速球が武器。1年生の夏、甲子園大会一回戦で明訓高校と対戦した。思い切ったアッパー... 関連ページ:坂田 三吉

国定 忠治

群馬県・赤城山高校野球部・投手。右投・左右両打。投打に優れ速球を得意とする。四番を打つ強打のスイッチヒッターである。学年は山田太郎の1学年上。秋の関東大会で明訓高校と対決した際は、山田の打席の時のみ両手投げの木下次郎を登板させ幻惑して討ち取ろうとした。

神奈川県・吉良高校の不良生徒。後に野球部員。ポジションは投手兼ファースト。里中智が投げた石が当たったことから因縁をつけたが、山田太郎が、一切反撃しなかったことに感服し、野球を始める。とてつもない幸運の... 関連ページ:南海 権佐

栃木県・江川学院野球部・投手。左投・左打。2年生の春の甲子園大会でノーヒット・ノーランを達成した程の投手だが、明訓高校と対戦した際には山田太郎に対し五打席連続で敬遠して勝負を避けた。実はこの時、肩を故... 関連ページ:中 二三夫

影丸 隼人

千葉県・クリーン・ハイスクール野球部・投手。右投・右打。中学時代の山田太郎や岩鬼正美とは柔道でのライバルだった。高校入学後、打倒山田太郎への思いから野球に転向する。柔道の背負い投げの要領で投げる「背負い投げ投法」を得意とする。影丸隼人の姉と岩鬼正美の兄が結婚しており、ふたりは縁戚に当たる。

ピッチャー。右投・右打。山梨県・甲府学院高校野球部。定時制中学時代は柔道選手であり、山田太郎と対戦して勝利したこともある。甲府学院高校入学後野球に転向。ダンベルで異常に鍛えた腕力で繰り出す「砲丸投法」... 関連ページ:賀間 剛介

群馬県・赤城山高校野球部・遊撃手兼投手。左右両投・右打。中学時代は山田太郎と同じ柔道部で主将を務めた。その時のあだ名は「わびすけ」。左右どちらの腕からも投げる直前までわからないフォームで投球することが... 関連ページ:木下 次郎

ハリー・フォアマン

千葉県・クリーン・ハイスクール野球部員。アフリカ系アメリカ人の留学生。ポジションはライト、或いはファースト。左投・左打。長打力では山田太郎に勝るとも劣らぬ怪力打者。

岩手県・弁慶高校野球部員。ポジションはライト。左投・左打。山田太郎が在籍中の明訓高校に公式戦で唯一勝利した弁慶高校の主砲。山伏としての神通力を有し、岩鬼正美の母親の病気と中二美夫の肩を治してみせた。普... 関連ページ:武蔵坊 数馬

義経 光

ピッチャー。岩手県・弁慶高校野球部エース。山田太郎が2年生の夏・甲子園大会2回戦で明訓高校と弁慶高校は激突。義経光は見事な速球で山田太郎以外の打者を抑えた。武蔵坊数馬の超人的なプレイにより、弁慶高校は明訓高校に勝利。この試合は、山田太郎在籍中の明訓高校が公式戦で負けた、ただ一度の試合となった。

徳川 家康

山田太郎の入学時の明訓高校野球部監督。夏・春の連続優勝をとげた後、監督を辞任。打倒明訓高校をかかげ、全国の高校を渡り歩く。そのためか「高校野球界の水戸黄門」と呼ばれる。クリーン・ハイスクール、信濃川高校、東郷学園と渡り歩いた。

集団・組織

明訓高校

『ドカベン』に登場する高校。神奈川県の野球強豪校。明訓五人衆と呼ばれる、山田太郎、岩鬼正美、殿馬一人、里中智、土井垣将を始めとする多彩な選手の活躍で甲子園大会連続出場を果たし、春夏連覇を達成した。

アニメ

ドカベン

中学校までは柔道部に所属していた山田太郎は、明訓高校への進学を機に野球部へと転身を決意する。チームメイトの練習や試合を通じて強打のキャッチャーとして成長し、甲子園球場で行われる全国大会での優勝を目指す... 関連ページ:ドカベン

書誌情報

ドカベン 全21巻 秋田書店〈〉 完結

第1巻

(1989年5月発行、 978-4253102346)

第2巻

(1989年5月1日発行、 978-4253102353)

第3巻

(1989年7月1日発行、 978-4253102360)

第4巻

(1989年11月発行、 978-4253102377)

第5巻

(1990年3月発行、 978-4253102384)

第6巻

(1990年5月発行、 978-4253102391)

第7巻

(1990年5月1日発行、 978-4253102407)

第8巻

(1990年7月発行、 978-4253102414)

第9巻

(1990年8月発行、 978-4253102421)

第10巻

(1990年9月発行、 978-4253102438)

第11巻

(1990年10月発行、 978-4253102445)

第12巻

(1990年11月発行、 978-4253102452)

第13巻

(1990年12月発行、 978-4253102469)

第14巻

(1991年1月発行、 978-4253102476)

第15巻

(1991年2月発行、 978-4253102483)

第16巻

(1991年3月発行、 978-4253102490)

第17巻

(1991年4月発行、 978-4253102506)

第18巻

(1991年5月発行、 978-4253102513)

第19巻

(1991年5月1日発行、 978-4253102520)

第20巻

(1991年7月発行、 978-4253102537)

第21巻

(1991年8月発行、 978-4253102544)

ドカベン 全31巻 秋田書店〈秋田文庫〉 完結

第1巻

(1994年8月発行、 978-4253170413)

第2巻

(1994年8月発行、 978-4253170420)

第3巻

(1994年8月発行、 978-4253170437)

第4巻

(1994年8月発行、 978-4253170444)

第5巻

(1994年8月発行、 978-4253170451)

第6巻

(1994年8月発行、 978-4253170468)

第7巻

(1994年11月発行、 978-4253170475)

第8巻

(1994年11月発行、 978-4253170482)

第9巻

(1994年11月発行、 978-4253170499)

第10巻

(1995年2月発行、 978-4253170505)

第11巻

(1995年2月発行、 978-4253170512)

第12巻

(1995年2月発行、 978-4253170529)

第13巻

(1995年4月発行、 978-4253170536)

第14巻

(1995年4月発行、 978-4253170543)

第15巻

(1995年4月発行、 978-4253170550)

第16巻

(1995年6月発行、 978-4253170567)

第17巻

(1995年6月発行、 978-4253170574)

第18巻

(1995年6月発行、 978-4253170581)

第19巻

(1995年8月発行、 978-4253170598)

第20巻

(1995年8月発行、 978-4253170604)

第21巻

(1995年10月発行、 978-4253170611)

第22巻

(1995年10月発行、 978-4253170628)

第23巻

(1995年12月発行、 978-4253170635)

第24巻

(1995年12月発行、 978-4253170642)

第25巻

(1996年2月発行、 978-4253170659)

第26巻

(1996年2月発行、 978-4253170666)

第27巻

(1996年4月発行、 978-4253170673)

第28巻

(1996年4月発行、 978-4253170680)

第29巻

(1996年6月発行、 978-4253170697)

第30巻

(1996年6月発行、 978-4253170703)

第31巻

(1996年8月発行、 978-4253170710)

ドカベン :総集編 全7巻 〈少年チャンピオンコミックス エクストラ〉 完結

第1巻 岩鬼正美特集

(1997年3月発行、 978-4253132305)

第2巻 殿馬一人特集

(1997年6月発行、 978-4253132312)

第3巻 里中智特集

(1997年10月発行、 978-4253132329)

第4巻 山田太郎特集 pt.1

(1997年12月発行、 978-4253132336)

第5巻 山田太郎特集 pt.2

(1998年2月発行、 978-4253132343)

第6巻 ライバル特集

(1998年4月発行、 978-4253132350)

第7巻 明訓ナイン特集

(1998年6月発行、 978-4253132367)

ドカベン :名勝負物語「明訓vs白新」高1夏 全1巻 秋田書店〈秋田ハンディコミックス〉 完結

第1巻

(2001年8月発行、 978-4253188166)

ドカベン :名勝負物語 : 「明訓vs白新」高1秋 全2巻 〈秋田トップコミックス〉 完結

第1巻

(2004年8月発行、 978-4253188326)

第2巻

(2004年9月発行、 978-4253188333)

ドカベンベストセレクション :山田太郎高校1年夏の甲子園大会 全2巻 〈少年チャンピオンコミックス エクストラ〉 完結

第1巻 山田太郎高校1年夏の甲子園大会

(2007年9月発行、 978-4253132671)

第2巻

(2007年9月発行、 978-4253132688)

ドカベン :プロ野球編 全52巻 〈少年チャンピオンコミックス〉 完結

第1巻

(1995年7月発行、 978-4253055550)

第2巻

(1995年9月発行、 978-4253055567)

第3巻

(1995年12月発行、 978-4253055574)

第4巻

(1996年2月発行、 978-4253055581)

第5巻

(1996年4月発行、 978-4253055598)

第6巻

(1996年6月発行、 978-4253055604)

第7巻

(1996年8月発行、 978-4253055611)

第8巻

(1996年10月発行、 978-4253055628)

第9巻

(1996年12月発行、 978-4253055635)

第10巻

(1997年2月発行、 978-4253055642)

第11巻

(1997年3月発行、 978-4253055659)

第12巻

(1997年6月発行、 978-4253055666)

第13巻

(1997年8月発行、 978-4253055673)

第14巻

(1997年10月発行、 978-4253055680)

第15巻

(1997年12月発行、 978-4253055697)

第16巻

(1998年2月発行、 978-4253055703)

第17巻

(1998年4月発行、 978-4253055710)

第18巻

(1998年6月発行、 978-4253055727)

第19巻

(1998年8月発行、 978-4253055734)

第20巻

(1998年10月発行、 978-4253055741)

第21巻

(1998年12月発行、 978-4253055758)

第22巻

(1999年2月発行、 978-4253055765)

第23巻

(1999年5月発行、 978-4253055772)

第24巻

(1999年7月発行、 978-4253055789)

第25巻

(1999年9月発行、 978-4253055796)

第26巻

(1999年11月発行、 978-4253055802)

第27巻

(2000年1月発行、 978-4253055819)

第28巻

(2000年3月発行、 978-4253055826)

第29巻

(2000年5月発行、 978-4253055833)

第30巻

(2000年7月発行、 978-4253055840)

第31巻

(2000年9月発行、 978-4253055857)

第32巻

(2000年11月発行、 978-4253055864)

第33巻

(2001年1月発行、 978-4253055871)

第34巻

(2001年3月発行、 978-4253055888)

第35巻

(2001年5月発行、 978-4253055895)

第36巻

(2001年7月発行、 978-4253055901)

第37巻

(2001年9月発行、 978-4253055918)

第38巻

(2001年11月発行、 978-4253055925)

第39巻

(2001年12月1日発行、 978-4253055932)

第40巻

(2002年3月発行、 978-4253055949)

第41巻

(2002年5月発行、 978-4253055956)

第42巻

(2002年7月発行、 978-4253055963)

第43巻

(2002年9月発行、 978-4253055970)

第44巻

(2002年11月発行、 978-4253055987)

第45巻

(2003年1月発行、 978-4253055994)

第46巻

(2003年3月発行、 978-4253056007)

第47巻

(2003年5月発行、 978-4253204538)

第48巻

(2003年8月発行、 978-4253204545)

第49巻

(2003年11月発行、 978-4253204552)

第50巻

(2004年1月発行、 978-4253204569)

第51巻

(2004年3月発行、 978-4253204576)

第52巻

(2004年4月発行、 978-4253204583)

ドカベン :プロ野球編 全26巻 秋田書店〈秋田文庫〉 完結

第1巻

(2002年6月発行、 978-4253177917)

第2巻

(2002年8月発行、 978-4253177924)

第3巻

(2002年10月発行、 978-4253177931)

第4巻

(2002年12月発行、 978-4253177948)

第5巻

(2003年2月発行、 978-4253177955)

第6巻

(2003年4月発行、 978-4253177962)

第7巻

(2003年6月発行、 978-4253177979)

第8巻

(2003年8月発行、 978-4253177986)

第9巻

(2003年10月発行、 978-4253177993)

第10巻

(2003年12月発行、 978-4253178006)

第11巻

(2004年2月発行、 978-4253178013)

第12巻

(2004年4月発行、 978-4253178020)

第13巻

(2004年6月発行、 978-4253178037)

第14巻

(2004年8月発行、 978-4253178044)

第15巻

(2004年11月発行、 978-4253178051)

第16巻

(2005年2月発行、 978-4253178068)

第17巻

(2005年5月発行、 978-4253178075)

第18巻

(2005年8月発行、 978-4253178082)

第19巻

(2005年11月発行、 978-4253178099)

第20巻

(2006年2月発行、 978-4253178105)

第21巻

(2006年5月発行、 978-4253178112)

第22巻

(2006年8月発行、 978-4253178129)

第23巻

(2006年11月発行、 978-4253178136)

第24巻

(2007年2月発行、 978-4253178143)

第25巻

(2007年5月発行、 978-4253178150)

第26巻

(2007年8月発行、 978-4253178167)

ドカベン :プロ野球編 全20巻 〈秋田トップコミックスワイド〉 完結

第1巻

(2011年2月発行、 978-4253245951)

第2巻

(2011年3月発行、 978-4253245968)

第3巻

(2011年4月発行、 978-4253245975)

第4巻

(2011年4月28日発行、 978-4253245982)

第5巻

(2011年6月発行、 978-4253245999)

第6巻

(2011年7月発行、 978-4253246309)

第7巻

(2011年8月発行、 978-4253246323)

第8巻

(2011年9月発行、 978-4253246330)

第9巻

(2011年10月発行、 978-4253246347)

第10巻

(2011年11月発行、 978-4253246354)

第11巻

(2011年12月発行、 978-4253246361)

第12巻

(2012年1月発行、 978-4253246378)

第13巻

(2012年2月発行、 978-4253246385)

第14巻

(2012年3月発行、 978-4253246392)

第15巻

(2012年4月発行、 978-4253246408)

第16巻

(2012年5月発行、 978-4253246422)

第17巻

(2012年6月発行、 978-4253246477)

第18巻

(2012年7月発行、 978-4253246484)

第19巻

(2012年8月発行、 978-4253246491)

第20巻

(2012年9月発行、 978-4253246507)

ドカベン :スーパースターズ編 全45巻 〈少年チャンピオンコミックス〉 完結

第1巻 スーパースターズ編

(2004年6月発行、 978-4253206518)

第2巻

(2004年8月発行、 978-4253206525)

第3巻

(2004年10月発行、 978-4253206532)

第4巻

(2004年12月発行、 978-4253206549)

第5巻

(2005年2月発行、 978-4253206556)

第6巻

(2005年4月発行、 978-4253206563)

第7巻

(2005年6月発行、 978-4253206570)

第8巻

(2005年8月発行、 978-4253206587)

第9巻

(2005年11月発行、 978-4253206594)

第10巻

(2006年1月発行、 978-4253206600)

第11巻

(2006年3月発行、 978-4253206617)

第12巻

(2006年6月発行、 978-4253206624)

第13巻

(2006年8月発行、 978-4253206631)

第14巻

(2006年10月発行、 978-4253206648)

第15巻

(2006年12月発行、 978-4253206655)

第16巻

(2007年3月発行、 978-4253206662)

第17巻

(2007年5月発行、 978-4253206679)

第18巻

(2007年7月発行、 978-4253206686)

第19巻

(2007年9月発行、 978-4253206693)

第20巻

(2007年11月発行、 978-4253206709)

第21巻

(2008年1月発行、 978-4253206716)

第22巻

(2008年3月発行、 978-4253206723)

第23巻

(2008年6月発行、 978-4253206730)

第24巻

(2008年8月発行、 978-4253206747)

第25巻

(2008年9月発行、 978-4253206754)

第26巻

(2008年11月発行、 978-4253206761)

第27巻

(2009年2月発行、 978-4253206778)

第28巻

(2009年4月発行、 978-4253206785)

第29巻

(2009年6月発行、 978-4253206792)

第30巻

(2009年8月発行、 978-4253206808)

第31巻

(2009年10月発行、 978-4253206815)

第32巻

(2010年1月発行、 978-4253206822)

第33巻

(2010年3月発行、 978-4253206839)

第34巻

(2010年5月発行、 978-4253206846)

第35巻

(2010年8月発行、 978-4253206853)

第36巻

(2010年10月発行、 978-4253206860)

第37巻

(2010年12月発行、 978-4253206877)

第38巻

(2011年3月発行、 978-4253206884)

第39巻

(2011年5月発行、 978-4253206891)

第40巻

(2011年7月発行、 978-4253206907)

第41巻

(2011年9月発行、 978-4253206914)

第42巻

(2011年11月発行、 978-4253206921)

第43巻

(2012年1月発行、 978-4253206938)

第44巻

(2012年3月発行、 978-4253206945)

第45巻

(2012年5月発行、 978-4253206952)

SHARE
EC
Amazon
logo