ドミトリーともきんす

ドミトリーともきんす

学生寮ドミトリーとも きんすを舞台に、そこに暮らす「科学する人たち」と一組の母娘の交流を描いた作品。1話ごとに、その話に登場した人物の著作が紹介される。

正式名称
ドミトリーともきんす
作者
ジャンル
学習一般
レーベル
中央公論新社
巻数
全1巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

読書好きな主人公とも子とその娘きん子は、科学書の並ぶ「科学の本棚」を前にして、もし自分たちが学生寮を営んでいて、そこに「科学する人たち」が住んでいたら、と空想を始める。空想に登場する学生寮ドミトリーともきんすには、日本の優秀な科学者、朝永振一郎牧野富太郎中谷宇吉郎湯川秀樹たち、4人の学生が住んでいて、それぞれ科学の勉強をしているのだった。

登場人物・キャラクター

とも子

読書好きな女性。娘のきん子と、学生寮ドミトリーともきんすを運営する空想を始める。ドミトリーともきんすでは寮母として働いており、4人の学生たちの世話をしている。各話の最後で、その話に登場した科学者の著作を本棚から取り出して紹介する。

きん子

とも子の娘。まだ幼いが、空想の中に登場するドミトリーともきんすでは、食事や飲み物を運ぶなどといった、母親の手伝いをしており、そこに住む学生たちからもかわいがられている。

朝永 振一郎

物理学を研究している学生で、ドミトリーともきんすの二階に住んでいる。鏡の中に見えるものなど、身の回りに起こる不思議なことに興味を持っているが、実は物理学は嫌い。泣き虫で、些細な失敗から泣き出してしまうこともある。実在の物理学者朝永振一郎がモデル。

牧野 富太郎

植物学を研究している、いつも袴姿の学生。ドミトリーともきんすの二階に住んでいる。植物図鑑を作ることを計画しており、植物の形態について詳しい。普段は学校には通わずに、虫眼鏡と絵筆を使って野山で見つけた草木や花を観察し、写生している。実在の植物学者牧野富太郎がモデル。

中谷 宇吉郎

物理学を研究している、ベレー帽をかぶった学生。ドミトリーともきんすの二階に住んでいる。主に雪や氷について研究しており、他の学生が帰省した春休みにも一人で寮に残り、顕微鏡を使って雪の観察をしている。科学者だがお伽話が好きで、「雪は天からの手紙」と話すロマンチスト。実在の物理学者中谷宇吉郎がモデル。

湯川 秀樹

物理学を研究している、詰襟学生服を着た眼鏡の学生。言葉には関西訛りがある。ドミトリーともきんすの二階に住み、数学や空間についての勉強に励んでいる。勉強は大好きだが、作文や絵を描くことは苦手。実在の物理学者湯川秀樹がモデル。

ジョージ・ガモフ

アメリカ人物理学者。友人の湯川秀樹に招かれてドミトリーともきんすを訪れ、そこに住む学生たちと知り合う。ファンであるとも子にせがまれて、著作「トムキンスの冒険」にサインをする。絵を描くことも得意。実在の物理学者ジョージ・ガモフがモデル。

場所

ドミトリーともきんす

とも子ときん子の空想上に登場する二階建ての学生寮で、二階には4人の学生が住んでいる。冬には一階を埋めてしまうような大雪が地域に建てられている。名前の由来はジョージ・ガモフの著作に登場する人物「トムキン... 関連ページ:ドミトリーともきんす

書誌情報

ドミトリーともきんす 全1巻 中央公論新社〈〉 完結

第1巻

(2014年9月発行、 978-4120046575)

SHARE
EC
Amazon
logo