ドン・ファン・デ・アウストリア

ドン・ファン・デ・アウストリア

サラディナーサ(漫画)の登場人物。別称、ドン・ファン。

登場作品
サラディナーサ(漫画)
正式名称
ドン・ファン・デ・アウストリア
ふりがな
どんふぁんであうすとりあ
別称
ドン・ファン
関連商品
Amazon 楽天

概要

フェリペ2世の父、カルロス1世の庶子で、フェリペ2世の異母弟。フェリペ2世同様、実在の人物だが、作中の人物像には多分にフィクションが盛り込まれている。作中のドン・ファン・デ・アウストリアは、絵に描いたような貴公子で人望厚く、物腰は上品で穏やか、それでいて剣も巧みな人物。

そんな彼は、若き日に見かけたマリア・ルイーサ・アンナ・シャルロッテに淡い初恋をしており、母の面影を色濃く残すサラディナーサ・デ・フロンテーラ(当時10歳)に出会ったとき、即座に求婚した。レオン・エウゼビオ・デ・フロンテーラは、仇敵の弟で、自分と同じ歳の男の求婚に驚くが、彼が本気だと悟り、婚約を承認。

その後、2人の男は終生の親友となる。結局、サーラとの婚約は果たされなかったが、彼は自分のすべてを注いで彼女に尽くした。また、彼自身は兄フェリペ2世に高い忠誠心を抱いていたが、刺客を送られたため、死を装ってネーデルランド(オランダ)に亡命。レーヴェ・フォン・ブロンベルグという偽名で反乱軍に加担する。

登場作品

サラディナーサ

時は16世紀、後に大航海時代と呼ばれる時代、太陽の沈まない国と称され、大いに栄えたスペイン王国。その繁栄は、フロンテーラ一族と呼ばれる屈強な傭兵艦隊によって支えられていた。一族の当主であるレオン・エウ... 関連ページ:サラディナーサ

SHARE
EC
Amazon
logo