ナポレオン・ポナパルト

静粛に、天才只今勉強中!(漫画)の登場人物。別称、ナポレオン。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
静粛に、天才只今勉強中!(漫画)
正式名称
ナポレオン・ポナパルト
ふりがな
なぽれおんぽなぱると
別称
ナポレオン

総合スレッド

ナポレオン・ポナパルト(静粛に、天才只今勉強中!)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

登場当初はフランス陸軍少尉。コルシカ島生まれの貧しい軍人だった彼は資産家の未亡人へのプロポーズを繰り返していた。その後将軍となったナポレオン・ボナパルトはヴァンデミエールの政変で頭角を現し、ポール・バラス主催の夜会でジョゼフィーヌに一目ぼれし結婚した。

その後ナポレオンはイタリア遠征軍最高司令官として勝利。名声を得てエジプト遠征に向かうものの、終始ジョゼフィーヌの浮気に悩まされ続けた。エジプトより帰国したナポレオンはブリュメールのクーデターを成功させ第一執政に就任。この時、警察長官の地位にあったジョゼフ・コティの能力を認め留任させた。

その後コティを元老議員に任命することで警察権力から引き離そうとするが、すぐに彼の情報力が必要となり復帰させることとなる。その後コティの甘言にのり皇帝に即位。以降、コティをうとみつつも解任できず用い続けた。実在したフランス皇帝ナポレオン・ボナパルトをモデルとする。

登場人物・キャラクター

ボアルネ子爵夫人。後にフランス皇后。登場当初はボアルネ子爵と離婚したばかりで、すでに2児の母親であった。浪費家でパーティーを何よりも好む男好きな婦人。フランス革命後は夫や友人の助命嘆願の罪でカルム牢獄...
「リヨンの虐殺者」、「サンクールの風見鶏」の異名を持つ政治家。18世紀後半フランスに生まれる。修道院で少年たちに物理を教えるユニークな教師だったが、フランス革命が起こると教師を辞任し、故郷のナントで議...

登場作品

18世紀後半のフランス。修道院で物理学の教師だったジョゼフ・コティは、フランス革命に乗じて議員となりパリの政界に身を投じた。常に多数派につくことを信条とする日和見主義者のコティは、マクシミリアン・ド・...