ハイ・ジャンプ魔球

ハイ・ジャンプ魔球

侍ジャイアンツ(漫画)で番場蛮が投げた最初の魔球。読みは「はいじゃんぷまきゅう」。

登場作品
侍ジャイアンツ(漫画)
正式名称
ハイ・ジャンプ魔球
ふりがな
はいじゃんぷまきゅう
関連商品
Amazon 楽天

概要

読売ジャイアンツ川上哲治監督に、体格が貧弱なので一流投手にはなれないと宣言されたあと、王貞治の助言もあり、独自に開発した魔球。の身長が160㎝と、投手としては低いことをヒントに、高いところから投げればと発想して生まれた。

マウンドから助走なしで150㎝飛び上がり、そのまま投球する。ジャンプ力が重要なので、八幡太郎平が乗ったバイクを飛び上がってかわすなどの特訓をする。この魔球を川上哲治監督と王が見たとき、すぐにルールブックを見て、ルール違反でないことを確認した。

登場作品

侍ジャイアンツ

昭和45年(1970)のプロ野球日本シリーズにおいて、ロッテオリオンズを破り六連覇した読売ジャイアンツの川上哲治監督だったが、ジャイアンツの紳士的な野球に不安を感じていた。そこで、二軍投手の八幡太郎平... 関連ページ:侍ジャイアンツ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo