侍ジャイアンツ

侍ジャイアンツ

1970年代。土佐生まれの、八方破れな自称サムライの高校生番場蛮が主人公。紳士野球を変えたいと、読売ジャイアンツ監督の川上哲治が蛮を入団させる。そこで、蛮は独自の魔球を考案。血のにじむような努力と根性で体得し、他球団のライバル打者たちと対戦していく。当時の読売ジャイアンツや他球団の選手たちが、実名で登場した作品。原作者は梶原一騎。

正式名称
侍ジャイアンツ
原作
作画
ジャンル
野球
レーベル
梶原一騎原作漫画傑作選(松文館) / 講談社漫画文庫(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

昭和45年(1970)のプロ野球日本シリーズにおいて、ロッテオリオンズを破り六連覇した読売ジャイアンツ川上哲治監督だったが、ジャイアンツの紳士的な野球に不安を感じていた。そこで、二軍投手の八幡太郎平の紹介で、自称サムライの高校生番場蛮を入団させ、チームに活力を入れようとする。

その後、他球団にはウルフ・チーフ眉月光明智学といった番場蛮のライバルとなる選手が続々入団。は彼らに打ち勝つため、ハイ・ジャンプ、大回転、ハラキリシュートなどの独自の魔球をあみだしていく。そして、昭和49年(1974)の日本シリーズにおいて分身魔球を完成。

日本プロ野球史上初のジャイアンツ10連覇に貢献する。

登場人物・キャラクター

主人公

左投げ左打ち。投手。土佐嵐高校の1年生だが、途中で退学。高校野球部員だったが、甲子園出場経験はない。投げるボールは手元で伸び、金網にぶつかるとその部分が折れ曲がるほどの殺人的剛速球を投げるが、コントロ... 関連ページ:番場 蛮

眼鏡をかけた長身の男。右投げ右打ち。背番号は100。読売ジャイアンツの二軍投手。番場蛮の高校の先輩。人材で悩む、ジャイアンツの川上哲治監督に蛮を推薦した。八幡は投手としては解雇されるが、蛮の専用おもり... 関連ページ:八幡 太郎平

白髪の黒ぶち眼鏡。背番号は77で、.現役時代は16。昭和45年の日本シリーズでV6を達成した、読売ジャイアンツの監督。現役時代はジャイアンツで活躍し、赤バットを使用してヒットを量産した。打撃の神さまの... 関連ページ:川上 哲治

土佐嵐高校の3年で、番場蛮の上級生。土佐一といわれる網元の令嬢。蛮があこがれる、ミニスカートの美女。高校卒業後は、東京の大学で仏文科を専攻する。読売ジャイアンツの川上哲治監督が、蛮を読売ジャイアンツに... 関連ページ:美波 理香

スポーツカーを乗り回す、キザな野球の天才児。土佐の竜王学園高校の野球部キャプテンを務め、2年連続甲子園出場を果たしている。四国で指折りの富豪の息子。美波理香とは仲が良く、恋人とも新聞で書かれており、東... 関連ページ:眉月 光

アメリカのアパッチ・インディアンの血を引く。昭和46年に読売ジャイアンツがアメリカ・フロリダ州にキャンプ遠征した際、ロサンゼルス・ドジャースとの練習試合を行った。このとき、背番号13、セカンドの右投げ... 関連ページ:ウルフ・チーフ

巨漢の怪力男。昭和46年冬に、特訓のため飛騨に山籠もりしていた番場蛮と八幡太郎平が出会った木こり。このとき、蛮の投げたボールを打って、あまりの鋭い打撃だったためボールが真っ二つに割れていた。子供の頃か... 関連ページ:大砲 万作

いつもにこやかな表情だが、勝負球がくると眼を鋭くさせる。長身で怪力を持つ男。高校野球ではホームランキングで、ジャンボ不二と呼ばれた。昭和48年大洋ホエールズに入団。背番号55。右打ち。ある少年誌企画で... 関連ページ:不二 立彦

身長は低めだが、大きな頭と顔の半分ぐらいある眼鏡をつける。T大出身で、数理的な独得の打撃理論を持ち、春・秋大学リーグでリーディングヒッターとなった。ヒット製造機の異名を持つ。昭和48年に広島カープへ入... 関連ページ:明智 学

陽気な南国系の黒人選手。昭和48年に、ウルフ・チーフがロサンゼルス・ドジャースからの呼び戻しを受けてアメリカへ帰国。その代わりにロサンゼルス・ドジャースから阪神タイガースに入った男。走・攻・守に活躍し... 関連ページ:ポポ・エンリコ

巨漢で眼鏡をかけた白人男。大リーグでホームランキングを2回、打点王を1回とったスラッガー。大リーグでは太平洋の白鯨の異名を持つ。昭和49年にデトロイトタイガースから太平洋ライオンズに入団した。その年の... 関連ページ:F・ハワード

腰までかかるような長い髪の男。戦国時代の殺人剣法「血風流(けっぷうりゅう)」の26代目。父は奈良県で剣道場を開く。剣の天才で、全日本中学剣道大会では相手を全員10秒以内で倒し、高校大会でも優勝。宮本武... 関連ページ:太刀風 兵庫

元読売ジャイアンツ投手で前人未到の400勝投手。実在の金田正一がモデル。番場蛮が自分に似た性格なので、常に気になっていた。時々、読売ジャイアンツの川上哲治監督も、蛮と金田を比較することがある。このはす... 関連ページ:金田 正一

読売ジャイアンツの四番バッターでサード。実在の長嶋茂雄がモデル。番場蛮が読売ジャイアンツの二軍で練習試合をしたときは、審判と捕手を兼任したことがある。四児と愛妻を持つ35歳(昭和46年当時)。時々、蛮... 関連ページ:長嶋 茂雄

☆読売ジャイアンツの三番バッターでファースト。実在の王貞治がモデル。ジャイアンツの川上哲治監督に、体格が小さいので一流投手にはなれないと言われプロ野球を辞めるつもりだった番場蛮に、かつての自分の経験を... 関連ページ:王 貞治

番場蛮の妹。蛮が東京に行ったので、母と二人暮らし。兄想いのしっかり者の少女。兄を野球に専念させるため、家の心配はしないようにと海女の仕事をしている。蛮からの送金は、1円も使わず貯めている。魔球が打たれ... 関連ページ:番場 マキ

集団・組織

読売ジャイアンツ

『侍ジャイアンツ』で番場蛮が所属するプロ野球球団。昭和45年の日本シリーズでは、ロッテオリオンズを敗って六連覇する。この時期の読売ジャイアンツの打線は、一番柴田勲(センター)、二番高田繁(レフト)、三... 関連ページ:読売ジャイアンツ

その他キーワード

ハイ・ジャンプ魔球

『侍ジャイアンツ』で番場蛮が投げた最初の魔球。読売ジャイアンツの川上哲治監督に、体格が貧弱なので一流投手にはなれないと宣言されたあと、王貞治の助言もあり、独自に開発した魔球。蛮の身長が160㎝と、投手... 関連ページ:ハイ・ジャンプ魔球

大回転魔球

『侍ジャイアンツ』で番場蛮が投げた2つ目の魔球。ハイ・ジャンプ魔球が敗れた後に生み出された。海の渦に飲まれながら、体を休息に回転させる特訓をした。この魔球は、マウンド上で足を上げて投球フォームになった... 関連ページ:大回転魔球

ハイ・ジャンプ大回転魔球

『侍ジャイアンツ』で番場蛮が投げた魔球。大回転魔球が、中日ドラゴンズの大砲万作の回転打法によってジャストミートされた。代わりに投げたハイ・ジャンプ魔球も、同じ打法でホームランされる。窮地に苦しむ蛮は、... 関連ページ:ハイ・ジャンプ大回転魔球

ハラキリシュート

『侍ジャイアンツ』で番場蛮が投げた魔球。読売ジャイアンツと南海ホークスの日本シリーズで、蛮が足の爪を割る負傷をする。痛みに足をかばいながら投げたボールが、ナチュラル・シュートだった。しかも、かなり鋭角... 関連ページ:ハラキリシュート

分身魔球

『侍ジャイアンツ』で番場蛮が投げた最後の魔球。昭和49年のセ・リーグペナントレースの天王山は、読売ジャイアンツと中日ドラゴンズの三連戦。このとき、蛮が使ったのがこの魔球。これまでの魔球と異なって、比較... 関連ページ:分身魔球

ロデオ空中打法

『侍ジャイアンツ』で番場蛮の投げたハイ・ジャンプ魔球を、ウルフ・チーフが打つために使った打法。ハイ・ジャンプ魔球を投げる時、蛮は150㎝ほどマウンド上でジャンプする。そのとき、いっしょにバッターボック... 関連ページ:ロデオ空中打法

背面打法

『侍ジャイアンツ』で番場蛮が投げたハイ・ジャンプ魔球を、大砲万作が打つために使った打法。蛮に背を向けてバットを構える。ハイ・ジャンプ魔球を見ずに、ボールを待てば必ずストライクゾーンを通るのだから、それ... 関連ページ:背面打法

回転打法

『侍ジャイアンツ』で番場蛮が投げた大回転魔球を打つために、大砲万作が使った打法。大回転魔球の回転にあわせ、同時に体を回転させる打法で、ジャストミートするがファールになった。 関連ページ:回転打法

二段打法

『侍ジャイアンツ』で番場蛮が投げるハラキリシュートを打つために、衣笠祥雄が使った打法。広島カープの後輩、明智学のアドバイスによる。ハラキリシュートを、一度バットのグリップ近くで打って真上に軽く浮かせ、... 関連ページ:二段打法

アニメ

侍ジャイアンツ

時は昭和45年。ペナントレースでも連覇を重ねる読売ジャイアンツだが、川上哲治監督はおとなしくまとまっているジャイアンツには豪快な侍のような選手が必要と考えていた。二軍選手・八幡の後輩で、「クジラみたい... 関連ページ:侍ジャイアンツ

SHARE
EC
Amazon
logo