ハリ・ハラ

ハリ・ハラ

孔子暗黒伝(漫画)の主人公。

登場作品
孔子暗黒伝(漫画)
正式名称
ハリ・ハラ
関連商品
Amazon 楽天

概要

アスラが一体となった存在で、身体の右半分がアスラの黒い肌、左半分がの白い肌にはっきりと分かれている。インドのヒンズー教の考え方において、創造と維持の神ヴィシュヌ(ハリ)と破壊神シヴァ(ハラ)が融合した状態を指す名前。そこに万物の根源たるブラフマーを加えると三神一体(トリムルティ)となる。

天竺近郊の村人たちからは「精霊」を意味する「ピー」あるいは「祖霊」を意味する「ニア・ター」とも呼ばれる。

登場作品

孔子暗黒伝

紀元前1世紀ごろの、中国春秋戦国時代。孔子が発見した赤という名の子供と、インドで奴隷階級に生まれたアスラが数奇な運命に導かれて出会い、ハリ・ハラとして一体となりインドから日本まで旅を続け、自分自身の出... 関連ページ:孔子暗黒伝

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
アスラ
孔子
顔回
老たん
陽虎
ゴータマ・シッダールタ
ラウアとヨック
オモイカネ
その他キーワード
開明獣
前作
暗黒神話
logo