バケモノの子

母と死別した少年・九太は、ひょんなことからバケモノの住む渋天街へと迷い込む。粗暴なバケモノ・熊徹に引き取られた九太は、たびたび衝突しながらも熊徹と絆を深めていくのだった。同名のアニメ映画のコミカライズ作品。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
バケモノの子
漫画
原作
ジャンル
ファンタジー一般

総合スレッド

バケモノの子(漫画)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

新着関連スレッド

バケモノ(バケモノの子)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.01 15:33
渋天街(バケモノの子)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.01 15:33

新着関連スレッドもっとみる

概要

母を喪い、帰る場所を無くした少年・は、渋谷の街をさまよい歩くうち、バケモノの住む異世界である渋天街に迷い込んでしまう。粗暴だが気のいいバケモノ熊徹に引き取られ、九太と名付けられたが、熊徹との生活は衝突の連続。それでも二人は歩み寄り、親子のような関係を築き上げていく。やがて九太は、熊徹から武術を習い、力と優しさを兼ね備えた立派な少年へと成長。

しかしそれは同時に、九太としてバケモノの世界で生きるか、として人間の世界に暮らすかの選択を迫られることでもあった。一方熊徹は、バケモノ界の長老である次期宗師の座をめぐり、ライバルである猪王山と雌雄を決する戦いに挑むことになる。

登場人物・キャラクター

主人公
物語の開始時は9歳の少年。両親の離婚後、母親と暮らしていた。母親が死亡したことにより親戚に引き取られそうになるが、これを嫌って家出。渋谷の街をさ迷い歩くうち、異世界・渋天街へと迷い込む。孤立無援で戦う...
中年男性を思わせるバケモノ。異世界・渋天街の住人で、熊と人間を足したような姿をしている。粗暴で気まぐれという、はた迷惑な人物。次期・宗師になる条件として弟子を取ることを命ぜられ、たまたま出会った蓮を弟...
中年男性を思わせるバケモノ。イノシシと人間を合わせたような姿をしている。異世界・渋天街で、次期・宗師の筆頭に挙げられている大物。優れた剣技の持ち主の上、体力も熊徹と組み合って一歩も引かない。多数の弟子...
少年のようなバケモノ。猪王山の長男で、次郎丸の兄である。異世界・渋天街に住む真面目な少年。強く人望のある父・猪王山に心酔しており、稽古に励む日々を送る。熊徹と猪王山との決闘でも、迷わず父・猪王山を応援...
少年のようなバケモノ。猪王山の次男で、一郎彦の弟である。兄・一郎彦とは違い、父・猪王山と同様にイノシシと人間を合わせたような姿。頭部には、子供のイノシシと同様に縞模様が走っており、耳が付いている位置も...
中年男性を思わせるバケモノ。豚と人間を合わせたような姿をしており、大きな耳と鼻を持つ。修行の身を自称する僧侶で、物静かで穏やかな性格。異世界・渋天街に住んでおり、蓮がチンピラのようなバケモノに捕まって...
中年男性を思わせるバケモノ。百秋坊と同じく熊徹の知り合い。口が悪い現実主義者で、蓮との関係に苦戦する熊徹に対し、蓮を人間の世界へ帰すことを勧める。人の噂に詳しく、熊徹の心情を見抜くなど、頭は良いが、熊...
長い眉と髭を持つ、老人を思わせるバケモノ。ウサギと人間を合わせたような姿をしている。異世界・渋天街を束ねており、周囲からの尊敬も篤い。神への転生を控えた身であり、そのため、後継者候補として熊徹と猪王山...

集団・組織

『バケモノの子』に登場する種族。人間のような二足歩行の身体に、毛や牙が生えているなど獣の特徴を持つ。熊徹と猪王山がより獣に近い姿に変身したほか、物語の冒頭では馬から人間型に変化する者が登場しているが、...

場所

『バケモノの子』に登場する架空の世界。約1000のバケモノが住んでいる。東京の渋谷に入り口があり、定められた道筋を通って初めてたどり着くことが可能。人間の世界で居場所を失った蓮が偶然に迷い込み、熊徹と...