アラフォー男の異世界通販生活

アラフォー男の異世界通販生活

朝倉一二三の小説『アラフォー男の異世界通販生活』のコミカライズ作品。いきなり異世界に転生させられたアラフォー男性のケンイチ・ハマダが、元の世界にあるインターネットの大手通販サイトを利用しながら、異世界でのスローライフを目指して活動する姿を描いたファンタジーコメディ。「月刊Gファンタジー」2019年5月号から掲載の作品。

正式名称
アラフォー男の異世界通販生活
ふりがな
あらふぉーおとこのいせかいつうはんせいかつ
原作者
朝倉 一二三(ツギクルブックス)
漫画
ジャンル
ファンタジー
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

ある日、地元のド田舎で仕事しながらスローライフを楽しんでいたケンイチ・ハマダは、見知らぬ森の中にいた。状況を確認しつつ森を歩いていると、見たことのない鎧(よろい)を着た死体を発見する。これまでの情報を整理して異世界に転移したと結論づけたケンイチは、自分のステータスを確認すると、元の世界で使っていた大手通販サイト「シャングリ・ラ」が利用できることを知る。試しに死体の近くにあった剣を買い取りに出したところ所持金がチャージされ、ケンイチは売却金を使って食料を購入。すると買った食料が上空から落ちてきたため、シャングリ・ラを利用すれば異世界でも生活できることを確信する。その後、お金を稼ぐために近くの都市、ダリアに到着したケンイチは、商売ギルドに登録して商売をする許可をもらい、シャングリ・ラから品物を仕入れて準備を進める。そして屋台も自らで作り終え、ケンイチは市場で露店をオープンさせる。

第2巻

大手通販サイト「シャングリ・ラ」で仕入れた品物をダリアの露店で販売したり、ダリアで有数の大店「マロウ商会」との取引などで資金を稼いだケンイチ・ハマダは、ダリア近くの森の中に自分の家を建てて、自給自足の暮らしを始める。そんなスローライフを満喫していたケンイチだったが、ある日、マロウ商会の長であるマロウの長女、プリムラが、シャガ率いる野盗に捕らわれてしまったことを知る。プリムラとは親しい仲だったため、ケンイチはプリムラ救出を願い出る。ミャレーアナマノースポールといった協力者と共に、マロウ商会やシャングリ・ラで準備を整え、ケンイチはシャガ討伐へと向かう。

関連作品

小説

本作『アラフォー男の異世界通販生活』は、朝倉一二三の小説『アラフォー男の異世界通販生活』を原作としている。原作小説版は、朝倉一二三が「小説家になろう」に投稿していたもので、ツギクルブックスから刊行された。イラストはやまかわが担当している。

登場人物・キャラクター

ケンイチ・ハマダ

異世界でスローライフを満喫している男性。年齢は38歳。周囲からは「旦那」とも呼ばれている。アイテムBOXを所持しており、インターネット上にある大手通販サイト「シャングリ・ラ」に異世界からアクセスできる能力がある。異世界に転移する前は、日本のド田舎でフリーのイラストレーターとして活動しながら、家庭菜園などでスローライフを楽しんでいたこともあり、栽培やDIY、重機などに詳しい。まじめな性格で人当たりもよく、地道な作業でも苦にならずに続けられる忍耐力がある。異世界でもスローライフを楽しむために、シャングリ・ラから生活物資や商売道具を仕入れている。

アザレア

ダリアにある宿屋で働く少女。年齢は18歳。ちゃっかり者で抜け目がない性格をしている。甘いものに目がなく、ケンイチ・ハマダに読み書きを教えたお礼に甘い飴をもらっている。ケンイチのことを気に入っており、アザレア自身をケンイチの愛人にして欲しいとお願いする。

プリムラ

ダリアで有数の大店「マロウ商会」の長を務めるマロウの長女。温和な性格ながら、正しいと思ったら反対されても押し通す意志の強さがある。商品買い付けのキャラバン隊に同行したり、一人でダリアの外に出てケンイチ・ハマダの家まで行くなど行動力もある。マロウ商会がケンイチと取り引きを続けていく中で、ケンイチの人柄に惹かれて好意を寄せる。積極的にアプローチを繰り返すが、年の差を理由にケンイチからは恋愛対象と見られていない。

マロウ

ダリアで有数の大店「マロウ商会」を経営する男性。プリムラの父親。根っからの商人で、いい商品があれば矢が降り注ぐ戦場や魔物が跋扈(ばっこ)する森でも平気で向かう。アイテムBOXを持っており、活用してマロウ商店を大きく成長させた。ケンイチが取り扱う商品を仕入れてマロウ商店で売るだけでなく、ケンイチからのアイディアを商品化もしている。のちにケンイチのアイディアから生まれた足蹴り式自転車「ドライジーネ」を発明した功績により、領主のアスクレピオス伯爵から家名を名乗ることを認められる。

ミャレー

ダリアで活動する猫人の女性。自由奔放な性格で、語尾に「にゃ」を付けてしゃべる。ケンイチ・ハマダが前日に食べたレトルトカレーの香辛料の匂いにつられてケンイチに話しかける。ケンイチから香辛料を使った料理を食べさせてもらったり、神様の使いと崇める森猫をケンイチが治療していることを知って、ケンイチに信頼を寄せる。

アナマ

ダリアの市場で露店を開いている女性。ケンイチ・ハマダがとなりに露店を開いたことでケンイチと知り合う。穏やかな性格ながら、ケンイチがミャレーたち猫人に香辛料を使った料理を食べさせる時に参加するなど、抜け目ない一面もある。ケンイチがシャガ討伐に出発する際は、戦闘はできないために後方支援として参加した。10年ぐらい前に息子が流行り病で亡くなっており、息子と同年代のアネモネを気にかけている。

ノースポール

ケンイチ・ハマダの露店にやって来る常連客の男性。騎士爵を持ち、貴族とも交流がある。正義感が強くて清廉潔白な性格をしている。剣の腕はかなりのもので、ケンイチから譲り受けた鋼材で作った大剣、ウルフファングを使ってシャガ討伐で多大な戦果を挙げる。

アネモネ

シャガに捕らわれていた少女。年齢は12歳。ケンイチ・ハマダたちに救助されたが、口減らしで売られてきたために出身地のウルップ村に戻れず、ケンイチと共にダリアに戻る。アナマからいっしょに暮らそうと誘われたが、ケンイチとの生活を選択する。

シャガ

50人ほどからなる野盗団のリーダーを務める男性。残忍な性格で、目的のためなら手段を選ばない極悪人。森の中にある古城跡を根城にして、近隣の街や村から略奪を繰り返している。また、女性を誘拐して貴族に売り払うなどの非道な人身売買も行なっている。冒険者ギルドから高額の賞金がかけられている。

その他キーワード

シャングリ・ラ

インターネット上の大手通販サイト。生鮮食品や衣料品、本、玩具、車、重機などありとあらゆるものが購入できる。ただし、法律で禁止されているものは取り扱っていない。ケンイチ・ハマダは異世界に転移する前から利用しており、転移後も空中に表示されたステータスウィンドウを開けばアクセス可能。異世界のものを買い取ってもらったり、硬貨を使って残高をチャージすれば、ふだんどおりに買い物ができる。買ったものはその場にすぐ出現する。

アイテムBOX (あいてむぼっくす)

生き物以外ならほとんどのものを収納できる空間。空中に表示されたステータスウィンドウとものを重ねると、異次元に収納される。出す時もステータスウィンドウから「取り出す」を選べばその場に出現する。そのため、手ぶらで多くのものを運ぶことができる。アイテムBOXを持っている人は珍しく、収納できる数や、入る大きさの限界といった性能も人によって違いがある。他人のアイテムBOXの中身は見ることはできない。ケンイチ・ハマダ、マロウが所持している。

クレジット

原作

朝倉 一二三(ツギクルブックス)

キャラクターデザイン

やまかわ

SHARE
EC
Amazon
logo