バルキルシュ

乙嫁語り(漫画)の登場人物。カルルク・エイホン、ベルクワトとは親族関係にある。

  • バルキルシュ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
乙嫁語り(漫画)
正式名称
バルキルシュ

総合スレッド

バルキルシュ(乙嫁語り)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

カルルク・エイホンの祖母で、高齢ながらも、エイホン家の中で最も威厳がある女傑。もとはハルガル族の出身のため、ベルクワトとは遠い親戚である。弓の扱いに長けており、ハルガル族との抗争の際には自ら弓を持ち、敗走するベルクワトにとどめを刺した。また、山羊に乗せれば右に出るものはおらず、馬が上れないような険しい岩山を軽々と登ることが出来る。

登場人物・キャラクター

短髪の少年でエイホン家の末っ子。若干12歳にして、8歳年上のアミル・ハルガルを嫁にもらう。年齢相応に幼さが残る顔とは裏腹に柔和で落ち着いた性格をしている。時には、敵の襲撃に怯えるアミルに優しい言葉をか...
アミル・ハルガルの父であり、ハルガル族の族長。アミルの姉妹を有力地主であるヌマジに嫁がせ、結婚には遅い年齢となったアミルを山向こうのエイホン家へと嫁がせる。しかし、ヌマジに嫁がせた娘が亡くなり、ヌマジ...

関連キーワード

『乙嫁語り』に登場する一家。カスピ海周辺のとある街に住む。元々は遊牧民であったが、何代か前に街に定住するようになった。ハルガル族からアミル・ハルガルを嫁にもらうが、ハルガル族が一方的に結婚を取り消そう...

登場作品

時は19世紀後半。中央アジアのカスピ海周辺のとある町で、一組の歳の差夫婦が誕生した。若干12歳の夫カルルク・エイホンと、20歳の妻、アミル・ハルガル。この土地、この時代の人々からすれば、20歳での結婚...