前略・ミルクハウス

前略・ミルクハウス

東京にある一軒の洋館を舞台に、純朴素朴な松本芹香とそこに住む一癖もふた癖もある人々が繰り広げる賑やかな生活を描く。第31回小学館漫画賞少女部門を受賞。

概要

大学に通うため北海道から上京した松本芹香は部屋を探している途中、素敵な洋館の前で和服姿の美しい人、菊川涼音に出会う。いい部屋がみつからず途方にくれていた芹香に涼音が、下宿館ミルクハウスを始めるから、御飯を作ってくれれば下宿代はタダでいいと誘いをかける。その誘いに飛びつく松本芹香だったが、ミルクハウスのもう一人の住人、涼音のいとこの安原藤から、涼音が男性だと衝撃の事実を伝えられる。

男性と同居する事に抵抗を感じて悩むが、街中で出会った橋本水城とお酒を飲んでよっぱらい、勢いで水城ともどもミルクハウスに下宿することになる。他にも下宿人の吉川親子が増えて、総勢6人のミルクハウスでのあわただしくも賑やかな生活がはじまる。

登場人物・キャラクター

主人公

10月14日生まれの18歳。男性と付き合った事がない純朴な北海道出身の美術大生。大学生活のために上京した際出会った菊川涼音が所有する洋館、ミルクハウスに下宿することになる。料理上手で食事を作る代わりに... 関連ページ:松本 芹香

主人公が下宿する洋館ミルクハウスの所有者。2月14日生まれ。松本芹香の一つ年上。長い黒髪を持ち一見女性に見えるが、れっきとした男性。芹香と同じ美術大学の4年生でたまに授業のモデルもしているが大学へはほ... 関連ページ:菊川 涼音

洋館ミルクハウスの所有者、菊川涼音のいとこ。高校3年生、17歳、身長178cm。高校の先生を好きになり告白するが玉砕。その後松本芹香のことを当初は疎ましく思っていたが、次第に好意を抱くようになる。しか... 関連ページ:安原 藤

吉川教授

主人公松本芹香が通う美術大学の教授。松本芹香が暮らす洋館ミルクハウスに息子吉川勇と一緒に下宿することになる。眼鏡をかけた、物静かな紳士。いいたい事があっても、口に出せず飲み込んでしまい、その結果妻とも不仲になる。

吉川 勇

9歳。小学4年生。吉川教授の息子。スカートめくりをしたり、胸をさわったりといたずら好き。しかし仲の良くない両親の前では猫をかぶっていい子を演じていた。両親が離婚して母親に引き取られたが、ひとりでは何もできない父親と一緒に暮らしたくてミルクハウスにやってくる。

橋本 水城

歌手。28歳。買い物に出かけた松本芹香が持っていたお酒のビンを割ってしまい、松本芹香にひっついてミルクハウスまで来る。菊川涼音と意気投合し、一晩飲みあかしミルクハウスの住人となる。男の人をすぐ好きになり、振られるとお酒をのみ泣きまくる。

安原藤の先輩。女の子に親切にするのが趣味で、あちこちに女性の知り合いがいる女たらし。しかし、女性の住所録で埋め尽くされた手帳を破り捨てるくらい、松本芹香に本気で好きになる。芹香に告白して付き合いだすが... 関連ページ:田代 貴之

安原藤のクラスメイトで彼に好意を寄せる。安原藤が学校の先生に告白して振られ、その後松本芹香に思いを寄せるようになったと知っても、藤に一途な思いを持ち続けた。卵をちゃんと割る事もできなくらい家庭科オンチ... 関連ページ:やよい

松本 卓美

松本芹香の一つ年下の弟。10月4日生まれ。親と大学に行く行かないでもめて、姉のいる東京まで家出してくる行動派。人見知りせず、野生児で、将棋もうまく、酒もいける口ですぐにミルクハウスの住人とうちとける。明るく軽い性格だが、姉のことは大事に思っている。

木本 尚美

菊川涼音の高校の一つしたの後輩。11月19日生まれ。高校時代菊川涼音の事が好きだったが、菊川涼音は他の女性が好きで振られる。そんな時にちょっと不良っぽい女の子たちに誘われて気晴らしで遊び始めてしまう。気がついたらもう戻れないところまで来てしまい、借金のために夜の街で働くことになる。

菊川 香葉子

安原藤の母親で、安原藤の父親とは死別。菊川涼音の母親の妹。現在は菊川涼音の父親と再婚して海外で暮らしている。夫がドイツで、半年で三回も浮気をしたことで喧嘩になり日本に戻ってくる。

大晦日に歩道橋の上から飛び降りようとしていたところを安原藤に邪魔される。その後も万引きしようとしていたところを邪魔されたり、男に絡まれているところを助けられたりするうちに藤のことが気になりだす。両親、... 関連ページ:竹原 結衣

高校2年生。雨の日に傘を差し出してくれた松本芹香に一目惚れする。しかし名前がわからず、勘違いして菊川涼音にラブレターを出してしまう。家族構成は両親に、姉2人、妹2人。女に囲まれ、姉も妹も強く、芳野道治... 関連ページ:芳野 道治

松本芹香の北海道に住んでいた時の近所の幼なじみのお兄さん。6~7年ぶりに東京で松本芹香と出会う。舞台女優の唐沢笙子という女優とつきあっていてプロポーズもしている。しかし、田舎に戻って教師になり家を継ご... 関連ページ:須賀 雄作

槇原 さやか

男と別れて突然ミルクハウスに押しかけてきた、菊川涼音が15歳の頃、毎晩遊び歩いていた時期を知る女性。菊川涼音が始めての男性で、今でも菊川涼音の事が好き。菊川涼音の事が好きかどうか、はっきりしない松本芹香にイライラして、喧嘩をふっかける。

場所

ミルクハウス

『前略・ミルクハウス』の登場人物たちが暮らす下宿館。菊川涼音が所有者。2階建てで屋根裏部屋もある洋館。赤い屋根に、白い窓、緑の芝部にバラなどが咲いている庭がある。菊川涼音と安原藤が二人で住んでいた所に、松本芹香、橋本水城、吉川教授、吉川勇の4人が下宿人として暮らし始める。

書誌情報

前略・ミルクハウス 全6巻 朝日ソノラマ〈ソノラマコミック文庫〉 完結

第1巻

(2000年5月発行、 978-4257720621)

第2巻

(2000年6月発行、 978-4257720652)

第3巻

(2000年7月発行、 978-4257720683)

第4巻

(2000年8月発行、 978-4257720720)

第5巻

(2000年9月発行、 978-4257720751)

第6巻

(2000年10月発行、 978-4257720782)

SHARE
EC
Amazon
logo