バンクーバー朝日軍

バンクーバー朝日軍

2003年、バンクーバー朝日軍がカナダの野球殿堂入りをした。バンクーバー朝日軍とは、第一次世界大戦と第二次世界大戦の間(1914年から1941年)に活躍した、日系カナダ移民二世を中心とした野球チーム。差別と貧困に喘いでいた日系人たちに希望と誇りをもたらし、カナダ最強といわれるようになったサムライ野球チームのセミドキュメンタリー野球マンガ。

正式名称
バンクーバー朝日軍
原作者
デッド・Y・フルモト
作者
ジャンル
野球
レーベル
ビッグコミックス(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要

1914年、カナダのバンクバーで日系カナダ移民による野球チームが結成された。監督に指名された宮本松次郎は、一度は断るものの、外国での日本人への差別から、子供たちに自信と誇りを身につけさせたいという想いで監督就任を承認。チームは成長していき、日系人チームとの対戦を皮切りにカナダ、アメリカのチームと対戦し、フェアプレーに徹して勝ち抜いていく。

そして、インターナショナル・リーグに参入。その後20年以上の常勝球団となって、カナダ・アメリカに住む日本人、日系人に希望と誇りを与えていく。

登場人物・キャラクター

馬車松と呼ばれるほどの行動力に目をつけられ、バンク―バー朝日の監督として指名される。一度は断るも、白人に勝てるチームを作ろうと監督となった。厳しい人種差別に苦しむ日本人に、野球を通して誇りと尊厳を保つ... 関連ページ:宮本 松次郎

バンクーバー朝日の創設メンバー。運動能力はなかったため、選手としての活躍はなかったが、バンクーバー朝日の記録を取っていた。後に新聞記者となる。 関連ページ:ケイン

藤本旅館の息子。バンクーバー朝日のエースピッチャー。 関連ページ:テディ藤本

家族のために、カナダ移民となった。病弱の妹がいる。日本で野球をやっていたが、二度とやらないと決めていた。しかし、日本での活躍を知るケインの進言もあって、宮本監督がスカウトに行く。 関連ページ:ハリー矢崎

バンクーバー朝日のセカンドで、強打者。兄が戦争に行と聞いて、調子を崩していた。 関連ページ:トム的山

ハリーの働く缶詰工場のオーナーの娘。愛犬のマックスがハリーのお弁当を食べてしまったことをきっかけにハリーと出会い、次第に惹かれていく。 関連ページ:アリス・ガーランド

ハリーの働く缶詰工場の経営者。また、セント・ジェームズ・ハイスクールの理事長も務めており、対戦相手を探していたバンクーバー朝日と同校野球部の試合を認めた。ハリーに惹かれていく娘、アリスの将来を心配し、... 関連ページ:ジョージ・ガーランド

セント・ジェームズ・ハイスクールの野球部キャプテンで、エースピッチャー。ブリティッシュ・コロンビア州のハイスクールリーグでMVPに選ばれる投手。落差のあるドロップが得意。 関連ページ:ジョナサン・リード

佐々木靴店の息子。バンクーバー朝日のセンターで俊足。 関連ページ:マイク佐々木

セント・ジェームズ・ハイスクールの野球部のチーム・マネージャー。 関連ページ:サイモン・スペンサー

金になりそうなことは何でもする男。バンクーバー朝日の活躍を見て、インターナショナルリーグのチームと対戦させるように動く。球場の入場料、そして飲み物やアイスの販売などで儲けていく。 関連ページ:トニー・ガンビーノ

クレジット

原作

デッド・Y・フルモト

SHARE
EC
Amazon
logo