ヒロちゃん

ヒロちゃん

BLACK BRAIN(漫画)の登場人物。

登場作品
BLACK BRAIN(漫画)
正式名称
ヒロちゃん
ふりがな
ひろちゃん
関連商品
Amazon 楽天

概要

アマチュアバンドのベース担当。ヒテロへと進化する脳内物質脳内エステプププミンを多く持つ先ヒテロ性体質保持者 。工作員2号によって飛翔欲求本能を大脳に染植されて投身自殺を図るが、強い生命力で一命を取り留める。再び屋上から飛び降りた際、肋骨が翼状に変型し、鳥人へと変容を開始した。

性欲と食欲が直結しており、公園で性行為を行っていたカップルに欲情して、無意識のうちにカップルを咀嚼してしまう。恋人のユーコを食い殺し、正気に戻ったヒロちゃんは、自分をこんな目に合わせた工作員2号を追って、東京へ赴く。工作員2号との戦いで脳内エステプププミン中和剤を過剰に摂取させられる。

その副作用で体が再構築され、より鳥人の完成形へと変容していく。石田リカを誘拐して性行為を行おうとするが、鳥人へと変容していたため生殖器が適合しなかった。脳内エステプププミン中和剤の過剰摂取で鳥人に変容したことを利用して、攫ってきた女子高生を鳥人化して、自身の番にした。宮前カオル受波脳の攻撃を受けるが、身体イメージが変容しすぎていて致命傷を当てられなかった。

宮前カオル工作員2号が協力体制を取りヒロちゃんに挑む事になる。工作員2号ヒロちゃんに咀嚼されて、消化吸収されるタイミングで宮前カオル受波脳幻体を工作員2号に向けて放ち、工作員2号を介してヒロちゃんの身体イメージへの侵入に成功。

これによりヒロちゃんは翼をねじ切られ、人間の30倍の消化力を持つ胃液を体内に拡散されて溶解を始める。受波脳によって新旧の体に共通の記憶塊を裏返されて、○○(造語)されて、絶命した。

登場作品

BLACK BRAIN

AD3777年自由意思を持った最後のヒトが死んで以来、自由意思を持たぬヒト達はヒテロの万能資源として生き続けることが可能となっていた。ヒト達の骨、肉、臓器はあらゆる場面で活用され、AD3902年ついに... 関連ページ:BLACK BRAIN

SHARE
EC
Amazon
logo