ファイアーエムブレム 聖戦の系譜

伝説の聖戦によって平和がもたらされたユグドラル大陸だが、国々の紛争により再び戦乱の世となってしまう。それを治めるためシグルドたちが立ち上がる。彼らの戦いを描いたヒロイックファンタジー。同名ゲームソフトのコミカライズ作品。大沢美月名義の作品で、今はペンネームをうさ銀太郎に統一している。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜
作者
ジャンル
ヒロイックファンタジー

総合スレッド

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(漫画)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

新着関連スレッド

エスリン(ファイアーエムブレム 聖戦の系譜)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.01 15:33
キュアン(ファイアーエムブレム 聖戦の系譜)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.01 15:33

新着関連スレッドもっとみる

概要

イードの友好都市ダーナが東の蛮族イザークに「住人が虐殺された」との知らせを受け、主人公シグルドの父バイロンは、息子に留守を任せて隣国とともに討伐へ向かう。その矢先、ヴェルダン王国王子ガンドルフがユングヴィ城を制圧したと知り、友好国ユングヴィを救うべくシグルドは少数の部下と迎撃に出る。

その中で、銀の髪に紫水晶の瞳を持つ少女ディアドラと出会い、壮大なドラマが始まる。

登場人物・キャラクター

主人公
グランベル王国の公子で、カリスマ性もある有数の剣の使い手。ヴェルダン王国がユングヴィ城を攻めたことをきっかけに、それを治めんとして討伐に出陣。以後、諸国の紛争を治めるべく遠征へと向かう。精霊の森に住む...
レンスター王国の王子で、シグルドの義弟。シグルドの妹であるエスリンを妃として娶る。シグルドとはバーハラの士官学校で初めて出会い、親友が苦境の時はいついかなるときでも助けにゆくと誓い合った仲でもある。槍...
シグルドの実妹で、キュアンに嫁ぐ。兄の出陣の知らせを聞いて戦場に飛び出すほど、向こう見ずでじゃじゃ馬な部分がある。回復の魔法ライブを使うことができる魔法使い。
ドズル王国の公子。ヴェルダン城侵攻の際に出会い戦ったアイラに惹かれ、思いを寄せるようになる。アゼルのことを気に入っており、いつも世話を焼いている。斧の使い手。
ヴェルトマー王国の公子。ユングヴィの姫であるエーディンに好意を抱いており、ヴェルダンの侵攻から守るためシグルドの軍に加勢。炎の魔法ファイアーを得意とする魔法使い。アルヴィスの弟である。
ノディオン城の王。シグルド、キュアンと共に友情を誓い合った仲。民が苦しむ、領土欲だけのために行う戦争が大嫌い。いつでも民のことを第一に思う心優しい王。
グランベル王国の近衛軍指揮官。アゼルの実兄でもあり、父親代わりでもある。炎の魔法ファラフレイムを得意とする魔法使いで頭もきれる。
イザークの王女であり、剣の使い手。男まさりな性格をしているが、素直で健気な乙女の部分もある。レックスに好意を抱いている。
ユングヴィの公女。ヴェルダンの侵攻により囚われの身となってしまうが、ジャムカ皇子の助けにより解放。弓神であるウルの血を継ぐ者で、回復の魔法リライブを使うことができる魔法使いでもある。
マーファの城下から北西にある精霊の森に住む巫女で、銀色の髪に紫水晶の瞳を持つ美人。外界の人間と交わってはならないという一族の宿命を課せられている。暗黒魔法を封じることのできる魔法使い。
ヴェルダンの王子で、兄や父のやり方に賛成できず、捕らえていたエーディンを解放。以後、エーディンとは恋仲となる。弓の名手であり、弓闘士隊を率いる隊長でもある。
シレジアの王子だが、戦争により民を傷付けることがいやで国を飛び出し、吟遊詩人として放浪。風の魔法エールウィンドーを使うことができる。
シレジアの天馬騎士隊を率いる女戦士。見ず知らずの子供が傷付けられ、それを自らの危険を顧みず助けようとするほど優しい心を持っている。レヴィン王子に思いを寄せている。

場所

かつては暗黒神を崇めるロプト帝国が支配していたが、十二の聖なる武器を持つ戦士たちの戦いにより、グランベル王国を中心に聖戦士の血を継ぐ者たちにより統治されることになる。