フランツ・テオドール・ビンケルフェルト

軍靴のバルツァー(漫画)の登場人物。ライナー・アウグスト・ビンケルフェルトとはライバル関係。ライナー・アウグスト・ビンケルフェルトとは親族関係にある。

  • フランツ・テオドール・ビンケルフェルト
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
軍靴のバルツァー(漫画)
正式名称
フランツ・テオドール・ビンケルフェルト

総合スレッド

フランツ・テオドール・ビンケルフェルト(軍靴のバルツァー)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

バーゼルラント邦国を統治するバーゼルラント王室の第一王子で摂政をつとめている。保守的かつ懐古趣味な人物で一切の変革を嫌い、中世ヨーロッパの王侯の服を身に纏い、弟の第二王子ライナー・アウグスト・ビンケルフェルトからは「中世仮装趣味の夢想家(コスプレオタク)」と言われている。

軍制改革のために王室の財産を消費する弟のライナー・アウグスト・ビンケルフェルトとは対立しているが、結果としてその保守性がヴァイセン王国製品の流入により生活が圧迫されている国民からの支持を集める原因となっている。その出生には重大な秘密が隠されており、それを知る大叔母・エルツライヒ帝国の女帝マリア・ルドヴィカ・フォン・アドラフェストンの傀儡と化している。

登場人物・キャラクター

バーゼルラント邦国を統治するバーゼルラント王室の第二王子。自ら設立に携わった王立士官学校の訓練長を努めているが、旧弊な考えの元で暴力的な指導を行っていた。軍事顧問として訪れたベルント・バルツァーの指摘...

登場作品

19世紀後半、「銃口から政権が、砲口から国家が生まれる時代」である帝国主義全盛期のヨーロッパに存在する軍事国家、ヴァイセン王国。陸軍で軍功を上げたベルント・バルツァーは、同盟国であるバーゼルラント邦国...