ブラック・ジャック

ブラック・ジャック

天才的な手術の腕を持ちながら、医師免許を持たず、法外な治療費を請求する悪名高い外科医ブラック・ジャック。毎回、ほかの手塚治虫漫画のキャラクターが登場する読み切り連作シリーズ。医学漫画の先駆けともなった手塚治虫後期の代表作。

概要

不発弾の事故で、皮膚の3分の1がただれ、14カ所が離断、内臓も4カ所で破裂という状態で生存が絶望視された少年間黒男は、名医本間丈太郎の手術により命を取り留める。彼は、事故を引き起こした者たちへの復讐を胸に秘め、医者を目指す。やがて間黒男は、天才的な腕を持ちながら医師免許を持たず、法外な治療費を請求する悪名高い外科医ブラック・ジャックとして知られるようになる。

登場人物・キャラクター

本名間黒男。8歳の時、不発弾の事故で、皮膚の3分の1がただれ、14カ所が離断、内臓も4カ所で破裂という状態で命が絶望視された少年。本間丈太郎の手術により命を取り留めたことから、医師を目指すことになる。... 関連ページ:ブラック・ジャック

双子の片方が、もう一人の体の中に包まれたまま生まれてしまうという奇形嚢腫の患者から摘出された、もう一人の人間となるはずであったバラバラな肉体の器官を、ブラック・ジャックが合成繊維で作った部分と合わせて... 関連ページ:ピノコ

頭蓋骨、顔、手足、内臓がめちゃくちゃとなり命が絶望視された少年のブラック・ジャックを救った医者。本間血腫と呼ばれる心臓の奇病の治療に失敗したことから引退を余儀なくされる。ブラック・ジャックを手術した際... 関連ページ:本間 丈太郎

ポン骨大学の医師。かつてブラック・ジャックを教えていたことがある。ブラック・ジャックが弁状気胸で苦しんだことがトラウマとなり、同じ症状の手術で手がけいれんするようになっていたときに救いの手をさしのべた... 関連ページ:山田野

「死に神の化身」とよばれ、金次第で患者の安楽死を請け負う。もと軍医で、手足を失い胸や腹をつぶされても死ねずにくるしむ兵隊を安楽死させたことから、回復の見込みがなく苦しむ患者を穏やかに死なせる医者となる... 関連ページ:ドクター・キリコ

タカシ

ブラック・ジャックが事故に遭った当時のクラスメートで、東洋人と黒人の混血児。皮膚をブラック・ジャックの顔の手術のために提供する。ブラック・ジャックの顔の左側の皮膚の色がほかと違うのはこのためである。自然保護運動に加わり、アフリカのアルジェで原子力基地建設の反対運動をしているときに暗殺される。

『ブラック・ジャック』に登場する犬。ピノコに泣きつかれたブラック・ジャックが、事故に遭ったこの犬を手術して治した。ラルゴは、音楽用語で「ものすごくスロー」という意味でブラック・ジャックが命名した。地震... 関連ページ:ラルゴ

可仁博士

横倍病院に勤務。ピノコをが誕生するきっかけとなった手術をブラック・ジャックに依頼する。患者であるピノコの双子の姉の素性をひた隠しにするが、ピノコが白血病となって、双子の姉の血液が必要になった際には、姉を説得してブラック・ジャックのもとへ連れてくる。

もと自衛隊の特別作業班として不発弾処理に当たる。早く土地を売りたいという役人にワイロをもらい不発弾が残るまま作業をやめてしまい、ブラック・ジャック親子が事故に遭う原因となった。その後、会社の社長となっ... 関連ページ:井立原

如月 恵

船医として船に乗りあちこちの港をまわっている。ブラック・ジャックのかつての同僚の医局員。本来は女性であり、如月めぐみという名前であったが、子宮がんのため子宮と卵巣を摘出。その後は男性として如月恵(きさらぎけい)と名乗るようになった。ブラック・ジャックが愛を告白した女性。

桑田 このみ

手術では冷酷と見られるほど冷静に切りまくることから、ブラック・ジャックならぬブラック・クィーンの異名をとる。結婚後、姓は鈴木となる。

ゲラ

ブラック・ジャックと中学の同級生。サラ金で借金を作った両親はゲラを置いて夜逃げしたため一人暮らしをしている。不幸な境遇にもかかわらず前向きな思考で学校に明るい笑い声を響かせる。復讐にしか関心がなかったブラック・ジャックに笑いを取り戻した人物。

手塚

ブラック・ジャックの医局員時代の同僚。手に負えない患者が来るとブラック・ジャックに手助けを頼む。手塚治虫本人がモデル。

琵琶丸

盲目の無免許のハリ師。病気のにおいをかぎつけてふらりと患者のもとへ現れ、ハリを1カ所に1本打つだけで治してしまう。治療費は一切受け取らない。

アニメ

ブラックジャック21

無免許だが天才的な腕を持つ外科医のブラック・ジャックは、父親の再婚相手の手術を終えた1ヶ月後、突然自宅を爆破される。重症を負うも九死に一生を得たブラック・ジャックは、付いてくるピノコのと共に世界各地を... 関連ページ:ブラックジャック21

書誌情報

ブラック・ジャック 全1巻 秋田書店〈〉 完結

第1巻

(2004年1月発行、 978-4253104708)

ブラック・ジャック 全22巻 講談社〈手塚治虫漫画全集〉 完結

第1巻

(2004年9月発行、 978-4063674019)

第2巻

(2004年9月発行、 978-4063674026)

第3巻

(2004年9月発行、 978-4063674033)

第4巻

(2004年9月発行、 978-4063674040)

第5巻

(2004年9月19日発行、 978-4063674057)

第6巻

(2004年10月21日発行、 978-4063674064)

第7巻

(2004年10月21日発行、 978-4063674071)

第8巻

(2004年10月21日発行、 978-4063674088)

第9巻

(2004年10月21日発行、 978-4063674095)

第10巻

(2004年10月21日発行、 978-4063674101)

第11巻

(2004年11月発行、 978-4063674118)

第12巻

(2004年11月発行、 978-4063674125)

第13巻

(2004年11月発行、 978-4063674132)

第14巻

(2004年12月発行、 978-4063674149)

第15巻

(2004年12月発行、 978-4063674156)

第16巻

(2004年12月発行、 978-4063674163)

第17巻

(2005年1月発行、 978-4063674170)

第18巻

(2005年1月発行、 978-4063674187)

第19巻

(2005年1月発行、 978-4063674194)

第20巻

(2005年2月発行、 978-4063674200)

第21巻

(2005年2月発行、 978-4063674217)

第22巻

(2005年2月発行、 978-4063674224)

ブラック・ジャック 全12巻 講談社〈手塚治虫文庫全集〉 完結

第1巻

(2010年6月発行、 978-4063737585)

第2巻

(2010年6月発行、 978-4063737592)

第3巻

(2010年6月発行、 978-4063737608)

第4巻

(2010年7月発行、 978-4063737615)

第5巻

(2010年7月発行、 978-4063737622)

第6巻

(2010年7月発行、 978-4063737639)

第7巻

(2010年8月発行、 978-4063737646)

第8巻

(2010年8月発行、 978-4063737653)

第9巻

(2010年9月発行、 978-4063737660)

第10巻

(2010年9月10日発行、 978-4063737677)

第11巻

(2010年10月8日発行、 978-4063737684)

第12巻

(2010年10月8日発行、 978-4063737691)

SHARE
EC
Amazon
logo