ポンパドール夫人

ポンパドール夫人

シュヴァリエ ~Le Chevalier D'Eon~(漫画)の登場人物。読みは「ぽんぱどーるふじん」。

登場作品
シュヴァリエ ~Le Chevalier D'Eon~(漫画)
正式名称
ポンパドール夫人
ふりがな
ぽんぱどーるふじん
関連商品
Amazon 楽天

概要

ルイ15世の愛妾。ソフィアの母親。国政に力を振るう有能な人物。頭がよく、問題処理能力に優れている。ソフィアの身に革命の詩が浮き出る症状を知り、サン・ジェルマン伯爵に助けを求めてしまう。同名の実在人物ポンパドール夫人がモデルとなっている。

登場作品

シュヴァリエ ~Le Chevalier D'Eon~

18世紀のフランス、ルイ15世の治世。「詩人」と呼ばれる謎の能力を持った勢力により、人々が次々に殺されるという事件が起きていた。魔物と化し乙女の血を収集する「詩人」の前に、シュバリエ・スフィンクスと名... 関連ページ:シュヴァリエ ~Le Chevalier D'Eon~

SHARE
EC
Amazon
logo