マサルの母

マサルの母

じゃりン子チエ(漫画)の登場人物。読みは「まさるのはは」。小林 マサルとは親族関係にある。

登場作品
じゃりン子チエ(漫画)
正式名称
マサルの母
ふりがな
まさるのはは
関連商品
Amazon 楽天

概要

小林マサルの母親。息子をエリートに育てるためならなんでもする、典型的な教育ママ。見栄っ張りでたびたび騒動の発端となる。テツによくちょっかいを出され、その都度ヒステリーを起こしている。

関連人物・キャラクター

小林 マサル

チエのクラスメイト。イヤミな優等生で、チエやヒラメをよくからかうが、実はヘタレで逆にすぐ泣かされてしまう。チエへの悪口を何十冊もの「悪口ノート」に書きためている。教育ママである母親には頭が上がらない。... 関連ページ:小林 マサル

登場作品

じゃりン子チエ

チエちゃんこと竹本チエは、ろくに働きもせずケンカとバクチに明け暮れる父・テツと、そんなテツに愛想を尽かして家を出てってしまった母・ヨシ江に代わり、ホルモン屋「チエちゃん」を切り盛りしている小学5年生の... 関連ページ:じゃりン子チエ

SHARE
EC
Amazon
logo