マリア・ルドヴィカ・フォン・アドラフェストン

マリア・ルドヴィカ・フォン・アドラフェストン

軍靴のバルツァー(漫画)の登場人物。

登場作品
軍靴のバルツァー(漫画)
正式名称
マリア・ルドヴィカ・フォン・アドラフェストン
関連商品
Amazon 楽天

概要

眼鏡をかけた黒髪の老年の女性。エルツライヒ帝国の女帝。バーゼルラント邦国の第一王子・フランツ・テオドール・ビンケルフェルト、第二王子・ライナー・アウグスト・ビンケルフェルトの大叔母。表面は笑みを湛えた柔和な女性だが、身内の人間すら「外交の駒」として利用する冷酷な人物。

ルドルフ・フォン・リープクネヒトをバーゼルラント邦国 に派遣し、彼を通じてフランツ・テオドール・ビンケルフェルトを操っている。

関連人物・キャラクター

ライナー・アウグスト・ビンケルフェルト

バーゼルラント邦国を統治するバーゼルラント王室の第二王子。自ら設立に携わった王立士官学校の訓練長を努めているが、旧弊な考えの元で暴力的な指導を行っていた。軍事顧問として訪れたベルント・バルツァーの指摘... 関連ページ:ライナー・アウグスト・ビンケルフェルト

登場作品

軍靴のバルツァー

19世紀後半、「銃口から政権が、砲口から国家が生まれる時代」である帝国主義全盛期のヨーロッパに存在する軍事国家、ヴァイセン王国。陸軍で軍功を上げたベルント・バルツァーは、同盟国であるバーゼルラント邦国... 関連ページ:軍靴のバルツァー

SHARE
EC
Amazon
logo