マリオ・キリコ

マリオ・キリコ

ローマへの道(漫画)の主人公。

登場作品
ローマへの道(漫画)
正式名称
マリオ・キリコ
関連商品
Amazon 楽天

概要

ドミ・ド・リールバレエ団のバレリーノ。20歳。イタリアローマ生まれだが、4歳で伯母シモーヌの家庭に引き取られ、ベルギーのブラッセルで育つ。5歳からバレエの道に入り、ブラッセルのバレエ学校ではずっと主役だった。ベルギーでの兵役を終え、ドミ・ド・リールバレエ団に入団。

しかしドミ・ド・リールバレエ団の中では伸び悩み、ドミ・ド・リールには自分の心の秘密を知らなくてはならないと言われてしまう。黒髪ばかりの伯母一家の中で、唯一の金髪。家がスタジオに近いという理由で、レヴィとルームシェアをしている。同期入団のラファエラ・ロッティとは、同郷であることを知ったのをきっかけに恋人となる。

シモーヌから、実父アントニオと実母アンナは死んだと聞かされていたが、後にアンナが生きていたこと、そして母が父を殺したということを聞かされる。それ以来精神不安になり、ラエラに暴力をふるいがちになってしまう。

関連キーワード

ドミ・ド・リールバレエ団

『ローマへの道』に登場するバレエ団。パリに所在を置くバレエ団で、団長はモダン・バレエ界の旗手ドミ・ド・リール。ほかのバレエ団のようなスターシステムがないため、抜擢されれば新人でも主役級の役を踊ることができる。

登場作品

ローマへの道

花形スターになるという野心を抱きドミ・ド・リールバレエ団に入団した青年マリオ・キリコが、自らのルーツである実母と実母が起こした事件に向き合うことで、芸術家として成長する様を描いた人間ドラマ。 関連ページ:ローマへの道

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
ラファエラ・ロッティ
レヴィ
アンナ・ジェセロ
アントニオ・ジュセロ
集団・組織
logo