マルグリッド・ヘッセン

ランプトンは語る(漫画)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ランプトンは語る(漫画)
正式名称
マルグリッド・ヘッセン

総合スレッド

マルグリッド・ヘッセン(ランプトンは語る)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

西ドイツの女性作家。ドン・マーシャルの『ランプトン』という短編に、自分が祖母から聞いていたバンパネラとよく似た少年が登場することに驚き、マーシャルに連絡を取った。シリーズ3作目『グレンスミスの日記』で、彼女がバンパネラのことを知った経緯が描かれている。

登場人物・キャラクター

オービンに集められた証言者のひとりである男性。大学生の時の旅行中、偶然クエントン館に立ち寄り、エドガーが描かれた「ランプトンの肖像」を見た後、その絵にそっくりな少年エドガーとアランに出会った。その出会...

登場作品

1966年のイギリス、若き日にバンパネラの少年エドガーとアランに出会った老人ジョン・オービン卿は、同じようにエドガーとアランに出会った人々を集め、彼らにエドガーをモデルにして描かれた絵を見せた。彼らは...